TOP > ニュースto English page
メニュー

電話番号:0120-544-610

ニュース

2018年1月24日  カテゴリ:勤務時間・休暇・休日

【特集第145号】「人が集まり定着する「魅力ある職場づくり」セミナー」を開催 ほか(厚労省人事労務マガジン)

【2018年1月24日発行】 ============================================...続きを読む
2018年1月17日  カテゴリ:労働条件の設定・変更

【特集第144号】はじまります、無期転換ルール!(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2018年1月10日  カテゴリ:採用

【定例第88号】平成31年3月の新規大卒者等への求人の受付が始まります ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年12月25日  カテゴリ:労働条件の設定・変更

【特集第143号】【重要】無期転換ルールの特例に関する申請をする場合はお早めに! ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年12月6日  カテゴリ:勤務時間・休暇・休日

【月刊第87-1号】労働基準法関連の電子申請の手続を簡素化!利用しやすくなりました ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年12月6日  カテゴリ:その他

【月刊第87-2号】平成29年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募を実施しています ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年11月21日  カテゴリ:勤務時間・休暇・休日

【特集第142号】全国47都道府県で無料の「労働契約等解説セミナー」を開催します ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年11月1日  カテゴリ:その他

【月刊第86-1号】締切せまる!職場意識改善助成金 ~テレワーク推進など仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に取り組む中小企業の事業主に助成金を支給~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年11月1日  カテゴリ:その他

【月刊第86-2号】「中小企業のための女性活躍推進事業」を実施しています ~女性の活躍推進に取り組む企業を支援。11月・12月に全国10都市で説明会を開催~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む
2017年10月23日  カテゴリ:その他

【特集第141号】「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」を開催中 ~セクハラ、いわゆるマタハラなどの防止対策や相談対応について解説します~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

============================================================...続きを読む

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。

ご予約・お問合わせ

ご相談のご予約・お問合わせなど、お気軽にお問い合わせください。


個人情報の取扱いについて
ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および、セミナー参加等の確認のためのみに利用します。また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。