TOP > コラム > その他to English page
メニュー

電話番号:0120-544-610

アーカイブ: ニュース

2019/03/07

【特集第154号】11月は「人材開発促進月間」です ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第154号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●11月は「人材開発促進月間」です
●「人材確保等支援助成金」の活用を検討してみませんか?
●「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
●「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」
制度の導入を無料でサポートします(専門家派遣のご案内)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月は「人材開発促進月間」です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省では、職業能力の開発・向上や技能の振興を目指し、11月を「人材開
発促進月間」(※)と定めています。この期間中は、国と都道府県などで、全国の
卓越した技能を持つ方を表彰する催し「卓越した技能者(現代の名工)」の表彰な
どを行ったほか、事業主の皆さまのニーズに合わせた各種人材育成支援施策の積極
的な周知・広報を行っています。
また、人材育成に取り組む皆さまを支援するため、企業や従業員の生産性向上に
つながる、さまざまな支援策を用意しています。従業員のキャリアアップを図る際
に、ぜひご活用ください。

※昭和45年、アジアで初めて「技能五輪国際大会」が、日本で開催されました。こ
れを記念して、開会式が行われた11月10日を「技能の日」に、そして、11月を「人
材開発促進月間」(昨年度までは「職業能力開発促進月間」)と定めています。

【人材開発促進月間の主な催し】
国と都道府県が実施する月間中の催しはホームページをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02037.html

【人材育成支援策のご紹介】
人材育成に取り組む事業主を対象に、リーフレット「『人材育成支援策』のご案
内」をご用意しています。ぜひご覧いただき、自社のニーズにあった支援策の活
用をご検討ください。リーフレットは、下記のホームページからダウンロードを
するか、お近くの労働局・ハローワークでお受け取りください。

■「人材開発支援策」のご案内(人材育成支援策リーフレット)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/top.pdf

【人材育成支援策の詳細はこちら】
■人材育成の基盤を整備したい
・キャリアコンサルティング
キャリアコンサルティング(労働者の職業生活設計や能力開発などに関する
相談に応じ、助言・指導を行うこと)を活用することで、社員の就労意欲・
能力開発の意欲向上や若手社員の定着促進などに結びつくことが期待できま
す。なお、キャリアコンサルティングを行う専門家であるキャリアコンサル
タントは、平成28年4月から国家資格になっています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/career_consulting/index.html

・ジョブ・カード制度
ジョブ・カードは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」と「職業能力
証明」の機能を担うツールであり、個人のキャリアアップや、多様な人材の
円滑な活用などのため、採用活動や職業能力開発などの各場面で活用されま
す。
https://jobcard.mhlw.go.jp/

■従業員を育成したい
・従業員育成費用の助成を受けたい人材開発支援助成金
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

・従業員の訓練をできる場の提供や人材の派遣
[訓練の場を提供]生産性向上人材育成支援センター
http://www.jeed.or.jp/js/jigyonushi/index.html

[訓練の場を提供]認定職業訓練
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/training_employer/nintei/index.html

[講師を派遣]ものづくりマイスター制度
ものづくりに関して優れた技能、経験を持つ方を「ものづくりマイスター」
として認定・登録しています。登録されたマイスターは、技能検定の実技課
題などを活用して、中小企業や工業高校などで若年技能者への実践的な実技
指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行っています。
https://www.monozukuri-meister.javada.or.jp/mm/mm/contents/home/

■従業員の自発的な学び直しを支援したい
(自己負担により学び直しを希望する従業員に支援制度を紹介したい)
・教育訓練給付制度(一般教育訓練給付・専門実践教育訓練給付)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「人材確保等支援助成金」の活用を検討してみませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材確保等支援助成金は、雇用管理改善、生産性向上などの取組みによって従業
員の職場定着の促進等を図る事業主に助成金を支給します。
この助成金には、さまざまなコースがあるので、事業所の課題やニーズに応じて、
ぜひ活用をご検討ください。

【「人材確保等支援助成金」が提供するコース】
・雇用管理制度助成コース
・介護福祉機器助成コース
・介護・保育労働者雇用管理制度助成コース
・中小企業団体助成コース
・人事評価改善等助成コース
・設備改善等支援コース
・雇用管理制度助成コース(建設分野)
・若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野)
・作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)

※助成額や支給要件は、コース毎に異なります。詳しくは、お近くの都道府県労
働局やハローワークにお問い合わせください。

【各コースの内容や要件などの詳細はこちら】
事業主の方のための雇用関係助成金
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

【お問い合わせ先】
雇用関係各種給付金申請等受付窓口一覧
(都道府県労働局職業安定部職業対策課など)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/madoguchi.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
労働者や事業主や人事労務担当者などを対象に、今年の8月から全国で開催し、
ご好評いただいている「労働契約等解説セミナー2018」ですが、引き続き、参加者
を募集しています。【事前申込制・参加無料】

このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。
セミナーはどなたでも参加できるので、ご関心をお持ちの方は、ぜひお申し込み
ください。

■開催地域・回数、定員
開催地域:全国(開催地は、ホームページをご覧ください)
開催回数:141回(既存開催数)+78回程度(追加開催数)
定員:  60人~300人程度(各回先着順)

※その他、中小・小規模企業向け、労働者向けセミナーへの講師派遣も受け付け
ています!(詳しい内容は、下記ホームページからご確認ください。)

【お申込みなどの詳細はこちら】
(株)東京リーガルマインド
http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」制
度の導入を無料でサポートします(専門家派遣のご案内)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省では、「無期転換ルール」への対応や「多様な正社員」制度の導入を
検討している企業に対して、社内制度化を検討するために必要な助言や支援を行う
社会保険労務士などの無期転換コンサルタントを派遣し、企業を無料でサポートし
ています。

「無期転換ルール」とは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、
有期契約労働者からの申込みによって、無期労働契約に転換するというルールです。
このルールを規定した改正労働契約法が施行してから、今年の4月で5年が経ち、
多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生しています。「無期転換ルール」へ
の対応を円滑に行うためには、無期転換後の労働条件などの制度設計を行い、それ
に従って就業規則の整備などによる社内制度化を図る必要があります。
また、無期転換した労働者の有効活用を図るためには、「多様な正社員」制度を
併せて検討することも効果的です。
事業主の皆さま、ぜひこの機会に、「無期転換ルール」に関する社内制度を整備
してみませんか。ご応募をお待ちしています。

【無期転換コンサルタントによる主な支援内容】
・社内制度化に向けた課題把握のサポート
・制度導入に向けた就業規則の整備などについての助言・援助

【応募締切】
平成31年1月31日(木) ※定員に達し次第、募集を締め切る場合があります。

【募集定員】
100社程度

【申込方法など詳細はこちら】
無期転換ルールに関する取組に対する啓発支援事業
https://www.mukitenkan.jp/consulting

【お問い合わせ先】
厚生労働省「無期転換ルールに関する取り組みに対する啓発支援事業」事務局
PwCコンサルティング合同会社(委託先)
電話:03(6869)5037 ※受付時間 平日10:00~17:00
E-mail:consulting-jimukyoku@mukitenkan.jp

2019/02/25

【定例第98-2号】11月はテレワーク月間です~テレワーク導入を促進するためのセミナーやイベントを開催~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/第98-2号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りしていま
す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
8.11月は「人材開発促進月間」です
9.「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
  ~12月13日に東京で開催~
10.「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」の活用を検討してみ
  ませんか?
11.「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~好評につき追加開催が決定!~

【厚生労働省からのお知らせ】
◆ 11月は「労働保険適用促進強化期間」です
  ~労働保険未加入の事業主の皆さま、早急に加入の手続を~
◆ 「平成30年度能力開発基本調査」にご協力をお願いします
◆ ジョブ・カード講習は平成30年度で終了します
◆ 広報誌『厚生労働』11月号発売中!
◆ 現在の雇用失業情勢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス8】11月は「人材開発促進月間」です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、職業能力の開発・向上や技能の振興を目指し、11月を「人材開
発促進月間」に、そして、11月10日を「技能の日」(※)と定めています。
 
 この期間中は、国と都道府県などで、全国の卓越した技能を持つ技能者を表彰す
る「卓越した技能者(現代の名工)」の表彰などの催しを行うほか、事業主の皆さ
まのニーズに合わせた各種人材育成支援施策の積極的な周知・広報を行います。
 また、人材育成に取り組む皆さまを支援するため、企業や従業員の生産性の向上
につながる、さまざまな支援策を用意しています。従業員のキャリアアップを図る
際に、ぜひご活用ください。

※昭和45年、アジアで初めて「技能五輪国際大会」が、日本で開催されました。こ
 れを記念して、開会式が行われた11月10日を「技能の日」に、そして、11月を
 「人材開発促進月間」(昨年度までは「職業能力開発促進月間」)と定めていま
 す。

【人材開発促進月間の主な催し】
 国と都道府県が実施する月間中の催しはホームページをご覧ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02037.html

【人材育成支援策のご紹介】
 人材育成に取り組む事業主を対象に、リーフレット「『人材育成支援策』のご案
 内」をご用意しています。ぜひご覧いただき、自社のニーズにあった支援策の活
 用をご検討ください。リーフレットは、下記のホームページからダウンロードを
 するか、お近くの労働局・ハローワークでお受け取りください。
 
 ■「人材開発支援策」のご案内(人材育成支援策リーフレット)
 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/top.pdf
 
【人材育成支援策の詳細はこちら】
 ■人材育成の基盤を整備したい
  ・キャリアコンサルティング
   キャリアコンサルティング(労働者の職業生活設計や能力開発などに関する
   相談に応じ、助言・指導を行うこと)を活用することで、社員の就労意欲・
   能力開発の意欲向上や若手社員の定着促進などに結びつくことが期待できま
   す。なお、キャリアコンサルティングを行う専門家であるキャリアコンサル
   タントは、平成28年4月から国家資格になっています。
   http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/career_consulting/index.html

  ・ジョブ・カード制度
   ジョブ・カードは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」と「職業能力
   証明」の機能を担うツールであり、個人のキャリアアップや、多様な人材の
   円滑な活用などのため、採用活動や職業能力開発などの各場面で活用されま
   す。
   https://jobcard.mhlw.go.jp/

 ■従業員を育成したい
  ・従業員育成費用の助成を受けたい人材開発支援助成金
   http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html 

  ・従業員の訓練をできる場の提供や人材の派遣
   [訓練の場を提供]生産性向上人材育成支援センター
    http://www.jeed.or.jp/js/jigyonushi/index.html

   [訓練の場を提供]認定職業訓練
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/training_employer/nintei/index.html

   [講師を派遣]ものづくりマイスター制度
    ものづくりに関して優れた技能、経験を持つ方を「ものづくりマイスター」
    として認定・登録しています。登録されたマイスターは、技能検定の実技
    課題などを活用して、中小企業や工業高校などで若年技能者への実践的な
    実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行っています。
    https://www.monozukuri-meister.javada.or.jp/mm/mm/contents/home/

 ■従業員の自発的な学び直しを支援したい
  (自己負担により学び直しを希望する従業員に支援制度を紹介したい)
  ・教育訓練給付制度(一般教育訓練給付・専門実践教育訓練給付)
   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス9】「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」の参加者募集中!
        (参加無料)~12月13日に東京で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、人生100年時代の継続雇用・
定年延長を考える「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」を、12月13日(木)
に東京で開催します。【事前申込制・参加無料】

 「人生100年時代構想会議」が今年6月に取りまとめた「人づくり革命基本構想」
では、人生100年時代を見据え、65歳以上の継続雇用年齢の引上げに向けた環境整
備を進めていくこととされ、高年齢者雇用のあり方が注目されています。
 このシンポジウムでは、継続雇用・定年延長を主なテーマとし、学識経験者の講
演、当機構の調査報告、企業事例発表、パネルディスカッションを通じて継続雇用
・定年延長について皆さまとともに考えます。多くのご参加をお待ちしています。

【開催概要】
 ・日時:12月13日(木)13:00~16:00
 ・会場:日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋2-2-1 COREDO室町1 5階)
     ※東京メトロ「三越前」駅直結
 ・申込:当機構東京支部のホームページをご確認ください。
     ※ホームページ内の「都内施設の注目情報」をご確認ください。
     http://www.jeed.or.jp/location/shibu/tokyo/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス10】「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」の活用
        を検討してみませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年の4月1日、「人事評価改善等助成金」は、「人材確保等支援助成金(人事
評価改善等助成コース)」に統合しました。
 
 この助成金は、生産性向上のための人事評価制度と賃金制度を同時に整備するこ
とを通じて、生産性の向上や賃金アップ、離職率の低下に取り組む事業主に対して
助成する制度です。人材不足の解消を目指す事業主の皆さま、助成金の活用につい
てご検討ください。

【助成額】
 ■制度整備助成:50万円
  ・人事評価制度等整備計画(制度の整備と賃金アップなど)の作成・提出
   →認定
  ・人事評価制度等の整備・実施(認定を受けた計画に沿った、新たな人事評価
   制度等に基づいて賃金アップの実施)
 
 ■目標達成助成:80万円
  ・賃金の増加、離職率の低下、生産性の向上 ほか
 
  ※上記のほかにもいくつかの要件があります。詳しくは、お近くの都道府県労
   働局やハローワークにお問い合わせください。

【要件などの詳細はこちら】
 厚生労働省ホームページ「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199313.html

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局職業安定部雇用対策課
 ※事業所を管轄する労働局にご連絡ください
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/madoguchi.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス11】「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~好評につき追加開催が決定!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、今年の8月から全国で開催して
きた「労働契約等解説セミナー2018」ですが、大変ご好評いただいたため、追加開
催を決定しました。現在、参加者を募集しています。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。
 セミナーはどなたでも参加できるので、ご関心をお持ちの方は、ぜひお申し込み
ください。

■開催地域・回数、定員
 開催地域:全国(開催地は、ホームページをご覧ください)
 開催回数:141回(既存開催数)+78回程度(追加開催数)
 定員:  60~300人程度(各回先着順)

 ※その他、中小・小規模企業向け、労働者向けのセミナーへの講師派遣も受け付
  けています!詳しい内容は、下記ホームページからご確認ください。

【お申込みなど詳細はこちら】
 (株)東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 平日9:00~18:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【厚生労働省からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▽▼ 11月は「労働保険適用促進強化期間」です
    ~労働保険未加入の事業主の皆さま、早急に加入の手続を~ ▲△

 「労働保険」は、労働者が仕事中または通勤中にけがなどをした場合に必要な保
険給付を行う「労災保険(労働者災害補償保険)」と、労働者が失業などをした場
合に必要な給付を行う「雇用保険」の総称です。この労働保険は、労働者を一人で
も雇っていれば、事業主は加入手続を行い、労働保険料を納付しなければなりませ
ん。

 「労働保険適用促進強化期間」中は、労働者を雇っているにもかかわらず、労働
保険の加入手続を行っていない事業主に対して、労働保険への加入手続を促すため
に、この制度の周知を新聞やインターネットを通じて行います。また、関係団体や
各行政機関との連携強化などによって、労働保険への加入促進活動を集中的に行い
ます。
 労働保険は、政府が運営する強制保険のため、加入手続を怠っていると保険料が
さかのぼって徴収されるほか、追徴金が課されることがあります。まだ労働保険の
加入手続を行っていない事業主の方は、会社の所在地を管轄する都道府県労働局や
労働基準監督署または公共職業安定所(ハローワーク)へご連絡の上、早急に加入
のお手続きをお願いします。

【加入手続に関する詳細はこちら】
 都道府県労働局、労働基準監督署、公共職業安定所(ハローワーク) 所在地一覧
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html

 また、中小事業主には、労働保険の各種手続や労働保険料の納付に関する事務処
理を委託することができる「労働保険事務組合制度」もあります。こちらもぜひご
利用ください。

【労働保険の事務処理委託に関する詳細はこちら】
 労働保険事務組合制度
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken01/kumiai-seido.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▽▼ 「平成30年度能力開発基本調査」にご協力をお願いします ▲△

 この調査は、日本の企業・事業所や従業員の能力開発の実態を明らかにし、人材
開発行政に役立てることを目的に、10月上旬から実施しています。調査結果は、平
成31年3月頃に公表されるほか、「第10次職業能力開発基本計画」や白書などに活
用されます。

 調査対象として選ばれた企業や事業所、従業員の方には、それぞれの調査開始日
以降、順次調査票を配付しますので、ご協力をお願いします。

【調査日程】
 1.企業調査:10月1日~12月12日まで
 2.事業所調査:10月1日~12月12日まで
 3.個人調査:10月1日~12月26日まで

 ※ 調査対象は、無作為抽出によって選定しています。

 なお、オンラインでの回答は、下記のページからできます。
  https://sjc.post-survey.com/nouryoku30/
  ※回答時間:約10~15分

【調査に関する詳細はこちら】
 「平成30年度能力開発基本調査」の実施について
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/chousa/h30/index_00002.html
 
【お問い合わせ先】
 能力開発基本調査事務局(委託先 一般社団法人新情報センター)
 電話: 0120(100)900(フリーダイヤル) ※受付時間 平日9:00~~18:00
 E-mail: nouryoku29@sjc.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▽▼ ジョブ・カード講習は平成30年度で終了します ▲△

 ジョブ・カード制度では、ジョブ・カードの作成支援を行うことができるのは、
「職業能力開発促進法第30条の3」に基づくキャリアコンサルタントまたはジョブ
・カード作成アドバイザー(※)です。

 「ジョブ・カード作成アドバイザー」を養成するための「ジョブ・カード講習」
は、平成30年度で終了となりますので、今後「ジョブ・カード作成アドバイザー」
としてジョブ・カードの作成支援を行う予定のある方は、ジョブ・カード講習ホー
ムページをご確認の上、平成30年度中にジョブ・カード講習を受講いただくようお
願いします。

※学生に対する支援の場合は教員も作成支援が可能

【平成30年度中にジョブ・カード講習を受講した場合の有効期間】
 ■初回登録の方、有効期限切れの方
  新規講習受講 →有効期間:平成34年度末まで
 ■すでに登録されている方(有効期限内の方)
  更新講習受講 →有効期間:平成35年度末まで

【集合型講習、オンライン講習の申込みなどはこちら】
 ジョブ・カード講習ホームページ
 https://www.job-card.jp/

【ジョブ・カード講習終了のお知らせ】
 https://www.job-card.jp/pdf/leaflet.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▽▼ 広報誌『厚生労働』11月号発売中! ▲△

 毎月1日発行の広報誌「厚生労働」は、厚生労働省の施策などを分かりやすく解
説・紹介しています。11月号の特集は、「みんなで防ごう!望まない受動喫煙」と
「ねんきんネット活用術」の2つのテーマを取り上げています。

■特集1
 「みんなで防ごう!望まない受動喫煙」
  今年の7月18日に受動喫煙対策の強化を盛り込んだ「健康増進法の一部を改正
 する法律(改正健康増進法)」が可決・成立しました。
  たばこを吸わない人・吸う人もそれぞれが尊重し合う社会の実現に向けて、法
 改正によって、各施設での喫煙・禁煙のルールがどう変わるのか、どう対策すれ
 ばよいかを紹介しています。

■特集2
 「ねんきんネット活用術」
  人生100年時代と呼ばれるなか、老後の資産形成が重要視されています。
  安心して老後を迎えるためには、いつまで働き続ければよいのか、また、いつ
 から年金を受給するのかなどを把握した上で、ライフスタイル別に検討を行い、
 計画を立てていくことが重要です。そのため、今号では、インターネットを通じ
 てご自身の年金情報を確認できる「ねんきんネット」の便利な使い方や機能を紹
 介しています。皆さま、ぜひ「ねんきんネット」をご活用ください。

 ・「ねんきんネット」
  https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

  また、「未来を拓く働き方」では、介護と仕事を両立するための職場づくりに
 力を入れている「株式会社白川プロ」の取り組みを紹介しています。
  このほか、「技能五輪国際大会」の招致や「過労死等防止啓発月間」のイベン
 ト案内、各種統計調査のお知らせなど、人事労務ご担当者さまにご覧いただきた
 い情報を掲載しています。

【詳細はこちら】
 広報誌「厚生労働」
 http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/about.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ▽▼ 現在の雇用失業情勢 ▲△

 10月30日に公表された、9月の完全失業率は、2.3%と前月より0.1ポイントの低
下、有効求人倍率は1.64倍と前月より0.01ポイントの上昇となりました。
 現在の雇用情勢は、着実に改善が進む中、求人が求職を大幅に上回って推移して
いる状況にあります。

【労働力調査(総務省)】
 http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201809.pdf
 (PDF:375KB)
 
【一般職業紹介状況】
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00008.html

2019/02/21

【定例第98-1号】11月はテレワーク月間です~テレワーク導入を促進するためのセミナーやイベントを開催~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/第98-1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1. 11月はテレワーク月間です
  ~テレワーク導入を促進するためのセミナーやイベントを開催~
2.「平成30年版 労働経済の分析」(労働経済白書)を公表!
  ~テーマは「働き方の多様化に応じた人材育成の在り方について」~
3. 「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集中!(参加無
  料)~全国各地で開催~
4.女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催しています(参加無料)
  ~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んでみま
  せんか?~
5.「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国47都道府県で順次開催~
6.育児プランナーや介護プランナーが無料でサポートします!
  ~従業員の仕事と育児・仕事と介護の両立を支援し、人材定着に繋げましょう~
7.「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の参加者募集中!(参加無
  料)~大阪、熊本、函館、大津、長野、高松で開催~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス1】11月はテレワーク月間です
        ~テレワーク導入を促進するためのセミナーやイベントを開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレワークを推進する、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の4省と、
産業界、学識者の産学官で構成される「テレワーク推進フォーラム」では、11月を
「テレワーク月間」とし、テレワークの活用によって働き方の多様性を広げる運動
を展開しています。

 厚生労働省では、今年で4年目となるテレワーク月間中に、テレワークの導入を
促進するための企業向けセミナーや、働く方にテレワークのメリットを感じてもら
える体験型のイベントなどを複数の都市で開催します。これらのセミナーやイベン
トでは、今年2月に策定したテレワークにおける適切な労務管理のためのガイドラ
インについても解説します。
 また、11月29日(木)には、テレワーク月間を締めくくる「『働く、が変わる』
テレワークイベント」を開催します。このイベントでは、テレワークを活用するこ
とでワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果を上げた企業や個人の表彰(※)
などを行います。
 ※受賞企業・受賞者はこちら
  https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183964_00002.html

 なお、テレワーク月間専用サイトでは、テレワークに関する活動(①テレワーク
を試みる/実践する、②テレワークを学ぶ/議論する、③テレワークを応援する/協
力する)を実施している個人や企業を、年間を通じて募集しています。専用サイト
から登録すると、参加証としてテレワーク月間のロゴマークが配布され、ホームペ
ージや名刺に掲載するなど自由に利用できます。

【厚生労働省が行う「テレワーク月間」の主な取組】
1 テレワーク推進企業などへの厚生労働大臣表彰(東京)
 テレワークを活用することで、ワーク・ライフ・バランスの実現において顕著な
 成果を上げた企業や個人を表彰します。(表彰式は、以下の4『働く、が変わる』
 テレワークイベントの中で行います。)

2 「テレワーク・セミナー」(名古屋)
 テレワークを導入する際に必要な労務管理、ICT(情報通信技術)、テレワー
 ク導入企業の事例などを説明します。また、セミナーの終了後に個別相談会も開
 催します。
 
 ■開催概要
  ・日時:11月13日(火) 13:00~15:45
  ・会場:名古屋国際センター 別棟ホール
     (愛知県名古屋市中村区那古野一丁目47-1 名古屋国際センタービル)
 ・定員:120人
  ・費用:無料(事前申込制)
  ・詳細:厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞 (テレワークセミナーのご案内)
      https://kagayakutelework.jp/seminar/2018/nagoya02.html

3 「テレワークに関する体験型イベント」(福岡)
 テレワークの利用に興味のある方を対象に、実際にパソコンを使ってテレワーク
 を体験していただきます。また、社会保険労務士などの専門家が、テレワーク時
 の就業開始・終了といった労働時間の報告のルールや、働く人からみたテレワー
 クのメリットを分かりやすく解説します。

 ■開催概要
  ・日時:11月28日(水)
     (午前の部)9:30~12:00、(午後の部)14:30~17:00
  ・会場:富士ゼロックスDOCUMENT HUB Square Fukuoka
     (福岡県福岡市博多区博多駅前1-6-16 西鉄博多駅前ビル)
  ・定員:30人
  ・費用:無料(事前申込制)
  ・詳細:テレワークに関する体験型イベント
      http://teleworkevent.jp/

4 「『働く、が変わる』テレワークイベント」(東京)
 テレワーク月間の締めくくりとして行う、テレワーク推進4省共同主催のイベン
 トです。ここでは、厚生労働大臣賞と総務大臣賞の表彰式のほか、受賞企業によ
 る取組紹介やパネルディスカッションなどを行います。

 ■開催概要
  ・日時:11月29日(木)13:30~17:00
  ・会場:御茶ノ水ソラシティ2Fホール(東京都千代田区神田駿河台4-6)
  ・定員:300人
  ・費用:無料(事前申込制)
  ・詳細:厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞
      https://kagayakutelework.jp/symposium/

【テレワーク月間に関する詳細はこちら】
 テレワーク月間 テレワーク普及推進運動
 http://teleworkgekkan.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス2】「平成30年版 労働経済の分析」(労働経済白書)を公表!~テ
        ーマは「働き方の多様化に応じた人材育成の在り方について」~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「労働経済白書」は、雇用、賃金、労働時間、勤労者家計などの現状や課題につ
いて、統計データを活用して分析する報告書で、9月28日に70回目の公表を行いま
した。

 少子高齢化による労働供給制約を抱える日本が持続的な経済成長を実現していく
ためには、多様な人材が個々の事情に応じた柔軟な働き方を選択できるように「働
き方改革」を推進し、一人ひとりの労働生産性を高めていくことが必要不可欠です。
そのためには、資本への投資に加えて、人への投資を促進していくことが重要です。
 平成30年版の「労働経済白書」では、こうした認識のもと、働き方の多様化に対
応した能力開発や雇用管理のあり方についてさまざまな視点から多面的に分析を行
いました。
 企業の労務管理に有益なデータもありますので、ぜひご活用ください。

【白書の主なポイント】
 ・企業が積極的に能力開発に取り組むことが、翌年の売上高や労働生産性の向上、
  従業員の仕事に対するモチベーションの上昇などのプラスの影響を与える。
 ・多様な人材の十分な能力発揮に向けて、能力開発機会の充実や従業員間の不合
  理な待遇格差の解消など「きめ細かな雇用管理」を推進していくことが重要で
  ある。
 ・人生100年時代が見据えられる中、誰もが主体的なキャリア形成を行うことが
  できる環境整備が重要である。自己啓発の実施促進に向けては、金銭的な援助
  だけでなく、教育訓練機関などの情報提供やキャリアコンサルティングを実施
  することが、有効な取組となり得る。

【白書に関する詳細はこちら】
 厚生労働省ホームページ
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01633.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス3】「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集
        中!(参加無料)~全国各地で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメ
ント(いわゆるマタハラ)などの防止対策について、現場の管理職を対象としたセ
ミナーを、全国各地で開催しています。【事前申込制・参加無料】

 セミナーは、前半に講義、後半にグループワークを行う内容で、職場のハラスメ
ントに対して、より理解を深められる構成となっています。皆さまの参加をお待ち
しています。

【セミナー内容】
 ■講義
  セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメントとはどのよ
  うなものか、それらのハラスメントを起こさない職場作りのポイントや、部下
  などから相談を受けた場合の対応方法などについて解説します。また、パワー
  ハラスメントについても紹介します。

 ■グループワーク
  講義内容を踏まえ、セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラ
  スメント事例によるグループワークを行うことで、ハラスメントとは何か、予
  防のポイント、相談対応について理解を深めていただきます。

【11~12月の開催日程】
 ・栃木  11月20日(火)栃木県青年会館
 ・東京  11月22日(木)日本教育会館
 ・岡山  11月7日(水)岡山国際交流センター
 ・広島  12月13日(木)RCC文化センター
 ・山口  12月12日(水)YIC貸し会議室
 ・徳島  11月27日(火)あわぎんホール
 ・香川  11月28日(水)高松センタービル
 ・愛媛  11月8日(木)ひめぎんホール
 ・高知  11月29日(木)高知城ホール
 ・福岡  12月4日(火)福岡朝日ビル
 ・佐賀  12月5日(水)ホテルグランデはがくれ
 ・長崎  12月6日(木)長崎タクシー会館
 ・熊本  11月15日(木)TKP熊本カンファレンスセンター
 ・大分  12月11日(火)全労済ソレイユ(大分県労働福祉会館)
 ・宮崎  11月13日(火)高千穂ホール
 ・鹿児島 11月14日(水)天文館ビジョンホール
 ・沖縄  12月18日(火)沖縄青年会館
 
  ※各会場とも14:00~16:30の開催(受付開始13:30)

【申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/201806kanri.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス4】女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催しています。
    (参加無料)~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活
        躍推進に取り組んでみませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、全国各地で開催している説明会やシンポジウムなどを通じて、
女性の活躍を推進する取組を支援しています。中小企業の事業主や人事労務担当者
の皆さま、人材確保や業績向上のために、女性社員の活躍を後押ししてみませんか。

 説明会やシンポジウムでは、従業員数300人以下の中小企業の事業主や人事労務
担当者を対象に、女性活躍推進法の概要、企業の課題分析や行動計画策定、「える
ぼし」認定取得などのポイントについて分かりやすく説明します。今後の日程や詳
細については、「中小企業のための女性活躍推進サポートサイト」をご確認くださ
い。【事前申込制・参加無料】

 また、女性活躍推進分野での企業支援の専門家である「女性活躍推進アドバイザ
ー」が、無料で御社の女性活躍の状況(採用・就業継続・管理職割合など)の把握
や、課題分析、達成すべき目標の設定などについて、メールや訪問を通じて、個別
にきめ細かにアドバイスします。

【11~12月開催の説明会・シンポジウムの日程】
 ・秋田  11月14日(水)秋田県中央男女共同参画センター(秋田市中通)
 ・福島  12月14日(金)郡山商工会議所(郡山市清水台)
 ・千葉  12月6日(木)ペリエ千葉 ペリエホール(千葉市中央区)
 ・東京  11月27日(火)コングレスクエア日本橋(中央区日本橋)
 ・神奈川 12月4日(火)TKPガーデンシティ横浜(横浜市神奈川区)
 ・大阪  12月12日(水)TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前(大阪市
 ・島根  11月22日(木)島根県立産業交流会館(松江市学園南)
 
  ※各会場とも14:00~16:00の開催

【お申込みや「女性活躍推進アドバイザー」の詳細はこちら】
 中小企業のための女性活躍推進サポートサイト
 http://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/

【お問い合わせ先】
 一般財団法人女性労働協会(委託先)
 女性活躍推進センター 東京事務局
 電話: 03(3456)4412 ※受付時間 平日9:00~17:30
 E-mail: suishin@jaaww.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス5】「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~全国47都道府県で順次開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、企業などがパワーハラスメント(以下、パワハラ)予防・解決
の取組を進める上で役立つ「パワハラ対策支援セミナー 2018」を、全国47都道府
県で7月から順次開催しています。
 
 このセミナーでは、パワハラ対策の必要性は分かるが、どう取り組めばいいのか
分からないといった事業主や企業のご担当者さまのために、厚生労働省が作成した
『パワーハラスメント対策導入マニュアル』を活用して、具体的なノウハウをお伝
えします。【事前申込制・参加無料】
 
【セミナー内容】
 ■講演
  『パワーハラスメント対策導入マニュアル』の活用方法、実際に対策に取り組
  んでいる企業の事例紹介に加え、パワハラ関係の裁判例なども解説します。

 ■グループワーク
  パワハラ対策の体制構築のためのワークシートに基づいて作業を行った上で、
  グループ討議を実施し、パワハラ対策の具体的な取組方法を理解していただき
  ます。

【11~12月の開催日程】
 ・宮城  11月26日(月) 東京エレクトロンホール宮城
 ・石川  11月29日(木) 石川県文教会館
 ・福井  11月28日(水) 福井市地域交流プラザ
 ・滋賀  11月19日(月) 滋賀県立県民交流センターピアザ淡海
 ・高知  11月13日(火) 高知県立県民文化ホール
 ・徳島  11月12日(月) とくぎんトモニプラザ
 ・福岡  12月5日(水) 福岡県自治会館
 ・大分  12月12日(水) 大分県中小企業会館
 ・宮崎  12月13日(木) 宮日会館
 ・沖縄  12月6日(木) 沖縄県青年会館
 
【申込方法や開催日程など詳細はこちら】
 パワハラ対策支援セミナー 2018
 https://pawahara-seminar.jiwe.or.jp/events/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス6】育児プランナーや介護プランナーが無料でサポートします!
        ~従業員の仕事と育児・仕事と介護の両立を支援し、人材定着に
        繋げましょう~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、従業員の育児休業取得、介護離職についてお悩みの事業主や人
事労務担当者に対し、社会保険労務士などの資格を持つ育児プランナーや介護プラ
ンナーを無料で派遣しています。各企業の実情に沿ったアドバイスをもとに、育児
・介護休業などの取得から職場復帰、休業前や復帰後の働き方に関する職場環境整
備を進め、人材定着に繋げましょう!

 また、現在、全国各地の自治体や団体と連携して、「仕事と育児・仕事と介護の
両立支援セミナー」を開催しています。セミナー後には、無料の相談会も開催しま
すので、こちらもぜひご活用ください。【事前申込制・参加無料】

【各プランナー派遣の申込方法やセミナー参加に関する詳細はこちら】
 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業
 http://ikuji-kaigo.com/

■訪問支援の流れは動画でご覧になれます。
 ・育児プランナーによる支援 http://ikuji-kaigo.com/lp/ikuji
 ・介護プランナーによる支援 http://ikuji-kaigo.com/lp/kaigo
 ・職場における、仕事と介護の両立支援に関する動画
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問い合わせ先】
 株式会社パソナ(委託先)
 育児・介護支援プロジェクト事務局
 電話: 03(5542)1740 ※受付時間 平日9:00~17:30
 E-mail: iku-pla@pasona.co.jp
 ホームページ: http://ikuji-kaigo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス7】「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の参加者募集
       中!(参加無料)~大阪、熊本、函館、大津、長野、高松で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、男性の育児休業や育児目的休暇の取得促進のため、労務管理や
働き方の見直しのポイントを解説するセミナーの参加者を募集しています【事前申
込制・参加無料】。

 このセミナーでは、人事労務担当者が社内研修に使用できる資料を使い、育休取
得のポイントや企業の取組事例を解説します。後半のグループワークの時間では、
他社の実例を聞くことで、自社の取組のヒントを得ることができます。
 11月下旬から12月にかけて、大阪、熊本、函館、大津、長野、高松の6か所で開
催しますが、1月以降も全国各地で開催しますので、皆さまのご参加をお待ちして
います。

【11月下旬~12月の開催日程】
 ■大阪
  ・日時:11月20日(火) 14:00~16:00
  ・会場:エルおおさか7階709
  ・定員:100人程度

 ■熊本
  ・日時:11月27日(火) 14:00~16:00
  ・会場:熊本県総合福祉センター5階研修ホール
  ・定員:100人程度

 ■函館
  ・日時:11月29日(木) 14:00~16:00
  ・会場:ホテル・サンシティー4階大ホール
  ・定員:80人程度

 ■大津
  ・日時:11月30日(金) 14:30~16:30
  ・会場:ピアザ淡海大会議室
  ・定員:150人程度
   ※滋賀県と共催
    前半:京都産業大学現代社会学部教授の藤野敦子氏による基調講演
    後半:セミナー「イクメン・イクボスの育成」※グループワークなし

 ■長野
  ・日時:12月4日(火) 14:00~16:00
  ・会場:長野バスターミナル会館4F芙蓉・寿
  ・定員:80人程度

 ■高松
  ・日時:12月6日(木) 14:00~16:00
  ・会場:高松センタービル5階501号室
  ・定員:100人程度
※高松市と共催/後援:香川県

 
【申込方法などの詳細はこちら】
 イクメンプロジェクト
 https://ikumen-project.mhlw.go.jp/event/#seminar

2019/02/08

【特集第153-1号】11月は「過労死等防止啓発月間」です~「過労死等防止対策推進シンポジウム」を全国47都道府県で順次開催(参加無料)。また、「過重労働解消キャンペーン」を実施します~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第153-1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●11月は「過労死等防止啓発月間」です
~「過労死等防止対策推進シンポジウム」を全国47都道府県で順次開催(参加無
 料)。また、「過重労働解消キャンペーン」を実施します~
●事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関する
 セミナーに参加しませんか?~11月14日と15日に福岡で開催(参加無料)~
●サテライトオフィスの利用を希望する企業を募集中!(利用無料)
 ~埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪の6都市に開設~
●女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催します(参加無料)
 ~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んでみませ
 んか?~
●パワーハラスメント対策に取り組む中小企業を対象にコンサルティングや企業内
 研修を実施しています!(利用無料)
●「職務分析・職務評価セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
 ~盛況につき東京での追加開催決定!~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          11月は「過労死等防止啓発月間」です
~「過労死等防止対策推進シンポジウム」を全国47都道府県で順次開催(参加無料)。
       また、「過重労働解消キャンペーン」を実施します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 過労死等防止対策推進法では、過労死について国民一人ひとりがご自身に関わる
問題として捉え、関心と理解を深めていただくため、毎年11月を「過労死等防止啓
発月間」と定めています。

 厚生労働省では、「過労死ゼロ」の社会を実現するための取組の一つとして、過
労死などを防止するためのシンポジウムを、11月~12月にかけて全国47都道府県で
順次開催します。【参加無料】
 また、過重労働解消のためのセミナーや都道府県労働局長によるベストプラクテ
ィス企業への職場訪問などを行う「過重労働解消キャンペーン」を実施するなど、
啓発月間中は、さまざまな取組を行います。

【参加申込など詳細はこちら】
 過労死等防止対策推進シンポジウム
 https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/

【お問い合わせ先】
 株式会社プロセスユニーク(委託先)
 電話 0120-053-006(専用フリーダイヤル) ※受付時間 平日9:00~17:30

【キャンペーンなどの詳細はこちら】
 過重労働解消キャンペーン
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関するセ
  ミナーに参加しませんか?~11月14日と15日に福岡で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、事業主や人事労務担当者を対象に、「中小企業のための育休復
帰支援セミナー ~従業員の育休を応援し、人材の確保を~」と、「介護離職ゼロに
向けて ~仕事と介護の両立支援セミナー~」を、全国で開催しています。11月は、
14日(水)に「育休復帰支援セミナー」を、15日(木)には「仕事と介護の両立支
援セミナー」を、福岡のACU博多で開催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナーでは、円滑な育児休業・介護休業などの取得や職場復帰した後の支援方
法について、事例を交えて紹介します。セミナー後には、希望者を対象に無料の個
別相談会を実施します。
 従業員の育休取得や仕事と介護の両立支援についてお考えの事業主や人事労務担
当の皆さま、ぜひご参加ください!

【申込方法など詳細はこちら】
 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業
 http://ikuji-kaigo.com/

【訪問支援のご案内(無料)】
 育児・介護プランナーが、「育休復帰支援プラン」「介護支援プラン」の作成・
 活用方法をアドバイスする訪問支援は、随時予約を受け付けています。

■訪問支援の流れは動画でご覧になれます。
 ・育児プランナーによる支援
  http://ikuji-kaigo.com/lp/ikuji
 ・介護プランナーによる支援
  http://ikuji-kaigo.com/lp/kaigo 
 ・職場における、仕事と介護の両立支援に関する動画
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問い合わせ先】
 株式会社パソナ(委託先)
 育児・介護支援プロジェクト事務局
 電話03(5542)1740 ※受付時間 平日9:00~17:30
 E-mail iku-pla@pasona.co.jp
 ホームページ http://ikuji-kaigo.com/

※福岡以外にも、全国各地の自治体や団体と共催でセミナーを開催していますので、
ご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   サテライトオフィスの利用を希望する企業を募集中!(利用無料)
    ~埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪の6都市に開設~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、無料でご利用できるテレワーク用の「サテライトオフィス」を、
埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪の6都市に、合計8か所設置しています。
現在、各サテライトオフィスの利用を希望する企業や、テレワーク実施希望者を募
集しています。

 テレワークとは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を利
用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。テレワークを行う場所
としてサテライトオフィスを活用することで、通勤時間の短縮や身体的・精神的負
担の軽減、子育て・介護などに充てる時間を増やすことができます。
 サテライトオフィスをご利用するには企業からの利用登録が必要ですので、ご興
味・ご関心のある方は、下記までお問い合わせください。

【各サテライトオフィスの設置場所】
 1.サテライトオフィス草加松原
   住所:埼玉県草加市栄町3-4-3 東武松原ビル2 3階
     (獨協大学前駅 徒歩2分)
    
 2.サテライトオフィスふじみ野ナーレ
   住所:埼玉県富士見市ふじみ野東1-1-1 ふじみ野ナーレ4階
     (ふじみ野駅 直結)
 
 3.テレワーク・オフィス千葉サテライト
   住所:千葉県千葉市中央区新田町6-6 荒井ビル2階A室
     (千葉駅 徒歩8分、京成千葉・千葉中央駅 徒歩5分)
 
 4.サテライトオフィス多摩センター
   住所:東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター7階
     (多摩センター駅 徒歩5分)
  
 5.サテライトオフィス横浜
   住所:神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル6階
     (横浜駅 徒歩10分)
 
 6. テレワーク・オフィス川崎サテライト
   住所:神奈川県川崎市川崎区東田町6-2 ミヤダイビル2階
     (川崎駅 徒歩8分、京急川崎駅 徒歩7分)
 
 7.テレワーク・オフィス岡崎サテライト
   住所:愛知県岡崎市羽根西1-7-9 YKビル4階
     (岡崎駅 徒歩1分)
 
 8.テレワーク・オフィス高槻サテライト
   住所:大阪府高槻市高槻町13-15 SY.BLD4階
     (高槻駅・高槻市駅 徒歩4分)
  
  ※営業時間は全て平日8:30~17:30

【お問い合わせ先】
 ■1、2、5
  東武ビジネスソリューション株式会社(委託先)
  担当 竹林・三宅
  電話 03(3624)3820 
  E-mail satellite@tsol.co.jp
  ホームページ http://www.tobu-satellite.jp/

 ■3、6~8
  ランゲート株式会社(委託先)
  担当 中村
  電話 075(741)7862
  ホームページ http://www.langate.co.jp/1719/index.html

 ■4
  株式会社キャリア・マム(委託先)
  担当 古田・鶴谷
  電話 042(400)6975
  ホームページ http://mhlw.c-mam.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催します(参加無料)
~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んでみません
                 か?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、女性の活躍に関する説明会やシンポジウムなどを全国各地で開
催し、女性の活躍を推進する取組を支援しています。

 説明会やシンポジウムでは、従業員数300人以下の中小企業の事業主や人事労務
担当者を対象に、女性活躍推進法の概要、企業の課題分析や行動計画策定、「える
ぼし」認定取得などのポイントについて分かりやすく説明します。【事前申込制・
参加無料】

 また、女性活躍推進分野での企業支援の専門家である「女性活躍推進アドバイザ
ー」が、無料で御社の女性活躍の状況(採用・就業継続・管理職割合など)の把握
や、課題分析、達成すべき目標の設定などについて、メールや訪問を通じて、個別
にきめ細かにアドバイスします。
 中小企業の事業主や人事労務担当者の皆さま、人材確保や業績向上のために、女
性社員の活躍を後押ししてみませんか。

【10月~11月開催の説明会・シンポジウムの日程】
 ・北海道 11月7日(水) 札幌エルプラザ(札幌市北区)
 ・秋田  11月14日(水)秋田県中央男女共同参画センター(秋田市中通)
 ・東京  11月27日(火)コングレスクエア日本橋(中央区日本橋)
 ・大阪  10月25日(木)TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前
             (大阪市北区)
 ・島根  11月22日(木)島根県立産業交流会館(松江市学園南)
 ・福岡  11月 6日(火) JR博多シティ会議室(福岡市博多区)
 
  ※各会場とも14:00~16:00の開催

【お申込みや「女性活躍推進アドバイザー」の詳細はこちら】
 中小企業のための女性活躍推進サポートサイト
 http://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/

【お問い合わせ先】
 一般財団法人女性労働協会(委託先)
 女性活躍推進センター 東京事務局
 電話 03(3456)4412 ※受付時間 9:00~17:30(月~金)
 E-mail suishin@jaaww.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パワーハラスメント対策に取り組む中小企業を対象にコンサルティングや企業内研
           修を実施しています!(利用無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、パワーハラスメント(以下、パワハラ)対策に取り組む企業や
パワハラ対策をこれから始めたいと考えている企業の皆さまを対象にした支援事業
を、今年度から実施しています。【利用無料】

 内容は、パワハラ対策の専門家を企業に派遣して、パワハラ対策に関する具体的
な手法や個別事案への対応のアドバイス、企業内研修などを行います。実施対象企
業は100社ですので、ご興味をお持ちの方はお早めにお申し込みください。
 
【支援内容】
 専門家が3回程度訪問し、ヒアリング、提案、取組サポート、フォローアップな
 どの支援を数回に分けて行います。
 ※提案は、社員構成、企業ごとのパワハラ対策の状況、個別事案の発生状況など
  を踏まえて行います。
 
【申込方法など詳細はこちら】
 平成30年度 パワハラ対策専門家派遣事業
 http://partner.lec-jp.com/ti/power-harassment/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「職務分析・職務評価セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
           ~盛況につき東京での追加開催決定!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 多くの参加者からご好評いただいている「職務分析・職務評価セミナー」ですが、
10月開催分は満席近くのお申し込みをいただいたため、11月12日(月)に東京での
追加開催をします。【事前申込制・参加無料】

 働き方改革関連法が成立し、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な
待遇差が禁止されます。いわゆる同一労働同一賃金(同一企業内における正規雇用
労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の禁止)を検討する際の一助とし
て、職務分析・職務評価を通して、正社員とパートタイム労働者の間の基本給に関
する均等・均衡待遇について考えてみませんか。

 セミナーでは、【導入編】【実践編】を同日開催し、「職務分析・職務評価」の
手法から、「職務評価」を活用した実践的な人事・賃金制度改定の検討手法まで、
演習や事例紹介を通して分かりやすく説明します。
 また、【導入編】の冒頭には、2020年4月1日より施行される「パートタイム・
有期雇用労働法」の概要についても説明します。
 経営層や人事労務ご担当者をはじめとする皆さまのご参加をお待ちしています。

【開催日程】
 ・東京 11月12日(月) PwCコンサルティング合同会社大手町オフィス
 ※導入編、実践編どちらか一方に参加することも可能です。

【セミナーの申込方法など詳細はこちら】
 職務分析・職務評価導入支援サイト
 https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/support/#seminar

【職務評価コンサルタント派遣のご案内(無料)】
 自社のパートタイム労働者について職務分析・職務評価の導入を検討する企業に
 は、外部専門家(職務評価コンサルタント)を派遣する事業も行っています。詳
 しくは下記のホームページをご覧ください。
 https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/support/#consulting

【お問い合わせ先】
 PwCコンサルティング合同会社 職務分析・職務評価事務局(委託先)
 E-mail kanri@part-estimation.jp

2019/01/25

【定例第97-2号】「最低賃金をチェックしましょう」~10月1日から順次発効~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/第97-2号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
8.「管理職向け職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国各地で開催~
9.「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国47都道府県で順次開催~
10.「イクメン推進シンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
  ~「イクメン企業アワード2018」・「イクボスアワード2018」の受賞企業・受
  賞者を表彰します~
11.「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の参加者募集中!(参加無
  料)~10月は盛岡と札幌で開催~
12. 「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」
  制度の導入を無料でサポートします ~専門家派遣・セミナー開催のご案内~
13. 「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国47都道府県で順次開催~
14.東京で、10月15日に「働き方・休み方改革シンポジウム」を、10月22日に「特
  別な休暇制度の導入活用セミナー」を、開催します~改正された労働基準法等
  の説明も行います~(参加無料)
15.「職場情報総合サイト」(9/28一般公開)のサイト愛称を募集しています

【厚生労働省からのお知らせ】
◆ キャリアコンサルタント検索システム「キャリコンサーチ」のご案内
  ~あなたの会社でもキャリアコンサルティングを導入してみませんか~
◆ 関西「働き方改革EXPO」を開催
  ~11月7日から11月9日の3日間、インテックス大阪で実施~ 
◆ 社会保険の手続は電子申請が便利です!
◆ 労働条件でお悩みの方!「労働条件相談ほっとライン」へお電話ください
◆ 広報誌「厚生労働」10月号発売中!
◆ 現在の雇用失業情勢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス8】「管理職向け職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集
        中!(参加無料)~全国各地で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメ
ント(いわゆるマタハラ)などの防止対策について、現場の管理職向けのセミナー
を、全国各地で開催しています。【事前申込制・参加無料】

 セミナーでは、前半に講義、後半にグループワークを行って、職場のハラスメン
トに対して、より理解を深められる内容です。皆さまの参加をお待ちしています。

【セミナー内容】
 ■講義
  セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメントとはどのよ
うなものか、それらのハラスメントを起こさない職場作りのポイントや、部下
  などから相談を受けた場合の対応方法などについて解説します。また、パワー
  ハラスメントについても紹介します。

 ■グループワーク
  講義内容を踏まえ、セクシュアルハラスメント・妊娠・出産などに関するハラ
  スメント事例によるグループワークを行うことで、セクシュアルハラスメント、
  妊娠・出産などに関するハラスメントとは何か、予防のポイント、相談対応に
  ついて理解を深めていただきます。

【10月~11月の開催日程】
 ・北海道 10月10日(水) 北海道建設会館
 ・栃木  11月20日(火) 栃木県青年会館
 ・埼玉  10月11日(木) JA共済埼玉ビル
 ・千葉  10月26日(金) 千葉商工会議所
 ・東京  11月22日(木) 日本教育会館
 ・富山  10月4日(木)  富山県教育文化会館
 ・石川  10月3日(水)  金沢商工会議所
 ・福井  10月2日(火)  福井県繊協ビル
 ・静岡  10月23日(火) 静岡県産業経済会館
 ・岐阜  11月1日(木)  ワークプラザ岐阜
 ・愛知  10月24日(水) 名古屋国際会議場
 ・三重  10月25日(木) 三重県教育文化会館
 ・滋賀  10月31日(水) ピアザ淡海
 ・京都  10月30日(火) 京都府中小企業会館
 ・大阪  10月16日(火) エルおおさか(大阪府立労働センター)
 ・兵庫  11月6日(火)  神戸商工貿易センター
 ・奈良  10月17日(水) やまと会議室
 ・和歌山 10月18日(木) 和歌山商工会議所
 ・鳥取  10月24日(水) とりぎん文化会館
 ・島根  10月23日(火) 松江テルサ
 ・岡山  11月7日(水)  岡山国際交流センター
 ・徳島  11月27日(火) あわぎんホール
 ・香川  11月28日(水) 高松センタービル
 
  ※各会場の開催時間 14:00~16:30(受付開始13:30)

【12月以降の開催予定、申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/201806kanri.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス9】「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~全国47都道府県で順次開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、今年度も企業などがパワーハラスメント(以下、パワハラ)予
防・解決の取組を進める上で役立つ「パワハラ対策支援セミナー 2018」を、全国47
都道府県で7月から順次開催しています。
 このセミナーでは、パワハラ対策の必要性は分かるが、どう取り組めばいいのか
分からないといった事業主や企業のご担当者さまのために、厚生労働省が作成した
『パワーハラスメント対策導入マニュアル』を活用して、具体的なノウハウをお伝
えします。【事前申込制・参加無料】
 
【セミナー内容】
 ■講演
  『パワーハラスメント対策導入マニュアル』の活用方法、実際に対策に取り組
  んでいる企業の事例紹介に加え、パワハラ関係の裁判例なども解説します。
 
 ■グループワーク
  パワハラ対策の体制構築のためのワークシートに基づいて作業を行った上で、
  グループ討議を実施し、パワハラ対策の具体的な取組方法を理解していただき
  ます。

【開催日程】
 ・北海道  10月29日(月) 北海道中小企業会館
 ・群馬県  10月26日(金) ベイシア文化ホール
 ・茨城県  11月15日(木) 茨城県立県民文化センター
 ・千葉県  11月5日(月) 千葉商工会議所
 ・新潟県  10月25日(木) 新潟ユニゾンプラザ
 ・三重県  11月1日(木) 三重県教育文化会館
 ・高知県  11月13日(火) 高知県立県民文化ホール
 ・岡山県  10月22日(月) 岡山国際交流センター
 ・広島県  10月23日(火) RCC文化センター
 ・徳島県  11月12日(月) とくぎんトモニプラザ
 
【申込方法や開催日程など詳細はこちら】
 パワハラ対策支援セミナー 2018
https://pawahara-seminar.jiwe.or.jp/events/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス10】「イクメン推進シンポジウム」の参加者を募集!(参加無料)
        ~「イクメン企業アワード2018」・「イクボスアワード2018」の
        受賞企業・受賞者を表彰します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、このたび、「イクメン企業アワード2018」の受賞企業と「イクボ
スアワード2018」の受賞者を決定しました。これらのアワードは、育児を積極的に
行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロ
ジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労
働環境の整備を目的に、模範となる企業や個人を表彰するものです。

 アワードの表彰式は、10月18日(木)に開催する「イクメン推進シンポジウム」
の中で行います。シンポジウムでは、受賞企業などの取組紹介、有識者と受賞企業
の方を交えたパネルディスカッションなどを行います。人事労務ご担当者や経営者
をはじめ、男性の仕事と育児の両立に関心のある方々のご参加をお待ちしています。
【事前申込制・参加無料】

【開催概要】
 ・日時:2018年10月18日(木) 14:00~16:40(開場12:30)
 ・場所:ベルサール半蔵門イベントホール(東京都千代田区麹町1-6-4)
  
 ※シンポジウム開会前の13:00から、育児を楽しむ父親を表彰する「イクメンオ
  ブザイヤー」を開催します(主催:イクメンオブザイヤー実行委員会)

【参加申し込みなど詳細はこちら】
 「イクメンプロジェクト」公式サイト
  https://ikumen-project.mhlw.go.jp/symposium2018/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス11】「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の
        参加者募集中!(参加無料) ~10月は盛岡と札幌で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、男性の育児休業や育児目的休暇の取得促進のため、育休取得の
メリットや企業の取組事例などを紹介するセミナーの参加者を募集しています。
【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、企業の人事労務担当者が社内研修に使用できる資料を使い育
休取得のポイントを分かりやすく解説します。グループワークの時間では他社の実
態や実例を聞くことで、自社の取組のヒントを得ることができます。
 10月は、盛岡と札幌で開催します。また、11月以降も全国各地で開催しますので、
皆さまのご参加をお待ちしています。

【開催日程】
 ■盛岡
  ・日時 2018年10月25日(木) 13:30~16:45
  ・会場 エスポワールいわて 2階 大中ホール
  ・定員 100人程度
  ※岩手県と共催
   「いわて企業の魅力アップ支援セミナー」の冒頭に実施します。
   その後、地域の企業による事例発表があります。

 ■札幌会場
  ・日時 2018年10月30日(火) 14:00~16:00
  ・会場 札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2H
  ・定員 100人程度
  ※札幌市と共催

【申込方法などの詳細はこちら】
 イクメンプロジェクト
 https://ikumen-project.mhlw.go.jp/event/#seminar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス12】「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての
        「多様な正社員」制度の導入を無料でサポートします ~専門家
        派遣・セミナー開催のご案内~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、「無期転換ルール」への対応や「多様な正社員」制度の導入を
検討している企業に対して、社内制度化を検討するために必要な助言や支援を行う
社会保険労務士などの無期転換コンサルタントを派遣し、企業を無料でサポートし
ます。また、この制度の先進事例の紹介や導入のノウハウなどを解説する無料セミ
ナーを、10月25日に東京で開催します。

 「無期転換ルール」とは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、
有期契約労働者からの申込みによって、無期労働契約に転換するというルールです。
このルールを規定した改正労働契約法が平成25年に施行してから、今年の4月で5
年が経ち、多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生しています。「無期転換
ルール」への対応を円滑に行うためには、無期転換後の労働条件などの制度設計を
行い、それに従って就業規則の整備などによる社内制度化を図る必要があります。
 また、無期転換した労働者の有効活用を図るためには、「多様な正社員」制度を
併せて検討することも効果的です。
 事業主の皆さま、ぜひこの機会に、「無期転換ルール」に関する社内制度を整備
してみませんか。ご応募をお待ちしています。

■専門家の派遣
【無期転換コンサルタントによる主な支援内容】
 ・社内制度化に向けた課題把握のサポート
 ・制度導入に向けた就業規則の整備などについての助言・援助
【応募締切】
 10月31日(水) ※定員に達し次第、募集を締め切る場合があります。
【申込方法など詳細はこちら】
 無期転換ルールに関する取組に対する啓発支援事業
 https://www.mukitenkan.jp/consulting

■セミナーの開催
【セミナー内容】
 先進事例などを通じて、「無期転換ルール」や「多様な正社員制度」に関する知
 っておくべき知識・ポイントを解説します。
【開催日程】
 ・日時:10月25日(木)14:00~16:00
 ・場所:PwCコンサルティング合同会社 大手センタービル2階
    (東京都千代田区大手町1-1-3)
 ・対象者:「無期転換ルール」や「多様な正社員制度」に関心のある方
      (どなたでもご参加いただけます。)
【申込方法など詳細はこちら】
 無期転換ルールに関する取組に対する啓発支援事業
 https://www.mukitenkan.jp/seminar

【お問い合わせ先】
 厚生労働省「無期転換ルールに関する取り組みに対する啓発支援事業」事務局
 PwCコンサルティング合同会社(委託先)
 電話:03(6869)5037 ※受付時間 平日10:00~17:00
 E-mail:consulting-jimukyoku@mukitenkan.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス13】「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~全国47都道府県で順次開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、「安心して働く」
ための労使をつなぐルールである「労働契約」に関するセミナーの参加者を募集し
ています。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。
 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持
ちの方は、ぜひご参加ください。

【開催概要】
 開催地域:全国47都道府県
 開催回数:141回
 定員  :100人~250人程度(各回先着順)
 対象者 :労働契約等に関心のある方(どなたでもご参加いただけます。)

 ※その他、中小小規模企業向け、労働者向けのセミナーへの講師派遣も受付けて
  います!(詳しい内容は、下記ホームページよりご確認ください。)

【お申込みなど詳細はこちら】
 (株)東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス14】東京で、10月15日に「働き方・休み方改革シンポジウム」を、10
        月22日に「特別な休暇制度の導入活用セミナー」を、開催します
        ~改正された労働基準法等の説明も行います~(参加無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、10月から全国7会場にて、「働き方・休み方改革シンポジウム」
と「特別な休暇制度の導入活用セミナー」を開催します。企業の人事労務担当者や
働き方・休み方改革にご関心をお持ちの方など、皆様のご参加をお待ちしておりま
す。

 「働き方・休み方改革シンポジウム」では、学識経験者による基調講演、企業の
取組事例の紹介、登壇者によるパネルディスカッションを通じて、働き方・休み方
改革のポイントをご紹介するとともに、改正された労働基準法、労働安全衛生法及
び労働時間等設定改善法のポイントについてもご説明します。

【東京会場】
 日時:平成30年10月15日(月)13:30~16:30
 会場:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
 定員:500名
【大阪会場】
 日時:平成30年10月22日(月)13:30~16:30
 会場:ハービスホール小ホール(大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA)
 定員:300名
 ※11月以降、札幌、仙台、名古屋、広島、福岡にて順次開催を予定しています。
 ※チラシ:https://www.mhlw.go.jp/content/000360515.pdf

 また、「特別な休暇制度の導入活用セミナー」では、病気休暇やボランティア休暇
などの特別な休暇制度導入のヒントをご紹介するとともに、改正された労働基準法、
労働安全衛生法及び労働時間等設定改善法のポイントについてもご説明します。

【東京会場】
 日時:平成30年10月22日(月)14:00~16:30
 会場:AP品川 10階大会議室(東京都港区高輪3-25-23 京急第3ビル)
 定員:100名
【札幌会場】
 日時:平成30年10月25日(木)14:00~16:30
 会場:札幌コンベンションセンター 2階206会議室
(北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
 定員:100名
 ※11月以降、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡にて順次開催を予定しています。
 ※チラシ:https://www.mhlw.go.jp/content/000360517.pdf 

【申込方法など詳細についてはこちら】
 働き方・休み方改善ポータルサイト:https://work-holiday.mhlw.go.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス15】「職場情報総合サイト」(9/28一般公開)のサイト愛称を募集し
        ています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、ウェブサイト「職場情報総合サイト」を2018年9月28日に一般
公開しました。
 このサイトでは、「若者雇用促進総合サイト」-「女性の活躍推進企業データベ
ース」-「両立支援のひろば」の3サイトに掲載されている各企業の職場情報を収集
し、転載しています。また、各企業の各種認定・表彰の取得等の情報も掲載してい
ます。
 このように、職場情報をワンストップで閲覧できるようにし、横断的に検索・比
較できるようにすることで、企業と働き手のよりよいマッチングの実現が期待でき
ます。
 この「職場情報総合サイト」をより多くの方々に利用していただくために、2018
年9月3日から10月31日まで、分かりやすく親しみやすいサイト愛称を募集していま
す。今回の募集で選定した愛称は、今後の「職場情報総合サイト」の周知・広報の
ために使用します。どしどしご応募ください。

【職場情報総合サイト】
 https://shokuba.mhlw.go.jp/
 
 ※「職場情報総合サイト」のサイト愛称募集についてはこちらをご確認下さい。
 https://shokuba.mhlw.go.jp/form/aishouboshu.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【厚生労働省からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼ キャリアコンサルタント検索システム「キャリコンサーチ」のご案内
  ~あなたの会社でもキャリアコンサルティングを導入してみませんか~ ▲△

 国家資格「キャリアコンサルタント」は、キャリアコンサルティング(労働者の
職業選択、職業生活設計、職業能力開発に関する相談に応じ、助言・指導)を行う
専門家です。企業がキャリアコンサルティングを導入することで、社員の人材育成
(職業能力向上)や若手社員の定着促進などに結びつくことが期待できます。

 「キャリコンサーチ」は、「キャリアコンサルタント」と「キャリアコンサルタ
ントを探したい企業担当者や個人等」のマッチングを支援するキャリアコンサルタ
ント検索システムです。このシステムには、全国で約2,000人(平成30年8月末現
在)を超えるキャリアコンサルタントが情報公開しており、地域や依頼業務などを
選択するだけで、簡単に検索することができます。
 企業内での社員の自律的なキャリア形成支援やダイバーシティ推進などを目的と
したキャリアコンサルティング導入、また、キャリアに関する研修講師などの依頼
にご活用ください。
 また、人材開発支援助成金のジョブ・カードを活用したコースでキャリアコンサ
ルタントを探す際にも、ぜひご活用ください。

■キャリコンサーチ(国家資格キャリアコンサルタントWebサイト内)
 http://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/search.html

 ※なお、キャリアコンサルタントは名称独占資格であり、「キャリアコンサルタ
  ント」と名乗るためには登録が必要です。

【キャリアコンサルタントの登録申請手続きなど詳細はこちら】
 国家資格キャリアコンサルタントWebサイト
 http://careerconsultant.mhlw.go.jp/p/entry.html
 (運営:特定非営利活動法人 キャリアコンサルティング協議会)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▽▼ 関西「働き方改革EXPO」を開催
    ~11月7日から11月9日の3日間、インテックス大阪で実施~ ▲△

 働き方改革に取り組む企業などを対象とする、第3回「働き方改革EXPO」が11月
7日(水)からインテックス大阪で開催されます。「大阪働き方改革推進支援・賃
金相談センター」(厚生労働省・大阪労働局委託)もブース出店を行い、働き方改
革に関する無料相談を行います。皆さまのご来場をお待ちしています。

【詳細・招待券のお申込みはこちら!】
 働き方改革EXPO
 https://www.ws-expo.jp/ja-jp.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▽▼ 社会保険の手続は電子申請が便利です! ▲△

 厚生労働省では、事業者が各種行政手続に要するコストを削減する方法として、
電子申請の利用を推進しています。このたび、日本年金機構では、電子申請を分か
りやすく解説するデモンストレーション動画を作成しました。動画は、下記ウェブ
サイトからご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=QkFTsAu5Hv4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ▽▼ 労働条件でお悩みの方!
        「労働条件相談ほっとライン」へお電話ください ▲△
 
 「労働条件相談ほっとライン」は、違法な時間外労働や過重労働による健康障害・
賃金不払残業などの労働基準関係法令に関する問題について、 専門知識を持つ相談
員が、法令・裁判例などの説明や各関係機関の紹介などを行う電話相談です。

 相談は、労働者・使用者に関わらず誰でも無料で、全国どこからでも利用できま
す。また、匿名での相談も可能ですので、労働条件でお悩みの方は「労働条件相談
ほっとライン」へご相談ください。

【相談窓口】
 0120-811-610(はい!ろうどう)
 ※フリーダイヤル(携帯電話・PHSからも利用できます。)
 ※受付時間: 平日17:00~22:00、土日9:00~21:00

【労働条件などに関する詳細はこちら】
 若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組(相談体制・情報発信等)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000088143.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ▽▼ 広報誌「厚生労働」10月号発売中! ▲△

 毎月1日発行の広報誌「厚生労働」は、厚生労働省の施策などを分かりやすく解
説・紹介しています。10月号の特集は「『働く』を変える 働き方改革推進法が
成立しました」を掲載しています。

■特集
 「『働く』を変える 働き方改革推進法が成立しました」

  今年6月29日に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律
 (働き方改革推進法)」が成立しました。同法の成立により、国民一人ひとりの
 働き方はどのように変わっていくか、企業にはどのような対応が求められている
 かを紹介しています。

  また、「未来を拓く働き方」では、長時間労働削減を積極的に行いベストプラ
 クティス企業にも認定された「株式会社ユーメディア」の取り組みを紹介してい
 ます。
  このほか、「職場のハラスメント対策セミナー」や「女性の活躍推進」、「イ
 クメン推進シンポジウム」、「キッズウィーク」や各種統計調査のお知らせなど、
 人事労務ご担当者さまにご覧いただきたい情報を掲載しています。

【詳細はこちら】
 広報誌「厚生労働」
 http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/about.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ▽▼ 現在の雇用失業情勢 ▲△

 9月28日に公表された、8月の完全失業率は、2.4%と前月より0.1ポイントの低
下、有効求人倍率は1.63倍と前月と同水準となりました。
 現在の雇用情勢は、着実に改善が進む中、求人が求職を大幅に上回って推してい
る状況にあります。

【労働力調査(総務省)】
 https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201808.pdf
 (PDF:375KB)
 
【一般職業紹介状況】
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00007.html

2019/01/19

【定例第97-1号】「最低賃金をチェックしましょう」~10月1日から順次発効~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/第97-1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1.「最低賃金をチェックしましょう」~10月1日から順次発効~
2.最低賃金の引上げに向けて「業務改善助成金」をご活用ください
3.「勤務間インターバル制度導入&IT業界の長時間労働対策セミナー」を開催しま
  す!~11月から全国6都市で開催~
4.「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
  ~10月11日に大阪、11月13 日に名古屋で開催します~
5.労働者向けテレワークに関する体験型イベントの参加者を募集します(参加無
  料)~全国5都市で開催~
6.厚生労働省で「職場iDeCo・つみたてNISA」を導入します!
7.「多様で安心できる働き方シンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
  ~人材確保に効く非正規雇用のキャリアアップ 働き方改革時代の複線型雇用
  管理に取り組んでみませんか?~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス1】「最低賃金をチェックしましょう」~10月1日から順次発効~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 都道府県ごとに決定される地域別最低賃金額が10月1日から順次発効します。最
低賃金は、年齢やパート、学生のアルバイトなどといった雇用形態やその呼称にか
かわらず、すべての労働者に適用されます。
 最低賃金に関するお問い合わせは、各都道府県労働局の労働基準部賃金課室や最
寄りの労働基準監督署までご連絡ください。

【各都道府県の改定額と発効日はこちら】
 地域別最低賃金の全国一覧
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局一覧
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

【最低賃金に関する詳細はこちら】
 最低賃金に関する特設サイト
 https://pc.saiteichingin.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス2】最低賃金の引上げに向けて「業務改善助成金」をご活用ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、最低賃金の引上げに向けた中小企業事業主の生産性向上のため
の支援の一環として、業務改善助成金の支給を行っています。

 業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で
最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引き上げを図るための制度です。生産性向上
のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内の最
低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助
成します。

【手続きや助成事例など詳細はこちら】
 業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス3】「勤務間インターバル制度導入&IT業界の長時間労働対策セミナ
        ー」を開催します!~11月から全国6都市で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、従業員の健康確保やワーク・ライフ・バランスの推進、IT業界
の新しい働き方の実現のため、「勤務間インターバル制度導入&IT業界の長時間労
働対策セミナー」を、11月から12月の間、大阪、愛知、東京、宮城、広島、香川の
6都市で順次開催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナー第1部では、企業の人事労務管理担当者を対象に、勤務間インターバル
制度とは何か、制度導入のメリット、導入上の課題、助成金制度などについて解説
します。また、第2部では、IT業界の働き方改革の現状を取り上げます。また、働
き方改革にこれから取り組む企業や、より一層の効果を求める企業に向け、先進的
な企業の取組事例などを紹介します。
 従業員の健康や過重労働対策について考える機会として、ぜひご利用ください。

【セミナー内容】
■第1部「勤務間インターバル制度導入セミナー」
 ・働き方改革の概要、国の長時間労働対策について
 ・勤務間インターバル制度の意義や効果
 ・制度導入における実務上のポイント
 ・導入事例紹介、助成金制度について
■第2部「IT業界の長時間労働対策セミナー」
 ・基調講演(『働き方改革ハンドブック』の紹介)
 ・コンサルティングのフレームワークのご紹介
 ・企業における先進的な取組事例紹介
 ・企業、有識者の対談

【開催概要】
 開催地 :大阪、愛知、東京、宮城、広島、香川
 開催期間:11月~12月
 対象  :事業主や企業の人事労務管理担当者 など
 定員  :100~240人程度(各回先着順)
 
【開催日程】
 大阪  11月9日(金)   愛知  11月14日(水)
 東京  11月21日(水)   宮城  12月6日(木)
 広島  12月13日(木)   香川  12月14日(金)

【申込方法など詳細はこちら】
 一般社団法人情報サービス産業協会(委託先)
 http://www.jisa.or.jp/tabid/2412/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス4】「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
    ~10月11日に大阪、11月13 日に名古屋で開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレワークは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活
用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
 テレワークを活用すると、いろいろな生活スタイルに応じた働き方が可能となり、
企業の生産性の向上にもつながります。しかし、テレワークには、労務管理やセキ
ュリティーの確保が難しいといった課題もあります。そのため、厚生労働省では、
労務管理上の留意点、テレワーク導入事例の紹介、導入企業の体験談など、テレワ
ークに必要な情報に関するセミナーを、10月11日(木)に大阪、11月13 日(火)
に名古屋で開催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナー終了後には、個別ブースを設けて、労務管理面や情報通信技術面で企業
が抱える個別の具体的な課題などについて、セミナー講師が直接アドバイスする
「個別相談会」を実施します。テレワークの導入を検討している、または導入後に
課題を抱えている事業経営者、人事・労務管理などのご担当さまは、ぜひご参加く
ださい。

【セミナー内容】
 ・テレワーク導入事例の紹介
 ・テレワーク導入企業の体験談紹介
 ・テレワーク実施時の労務管理上の留意点 など

【開催概要】
 ■大阪会場
  ・日時:10月11日(木)13:00~15:45 ※開場12:30
  ・会場:エル・おおさか(大阪府立労働センター) 708会議室
      (大阪府大阪市中央区北浜東3-14)
  ・定員:80人
 
 ■名古屋会場
  ・日時:11月13日(火)13:00~15:45 ※開場12:30
  ・会場:名古屋国際センター 別棟ホール
      (愛知県名古屋市中村区那古野一丁目47-1 名古屋国際センタービル)
  ・定員:120人
 
【申込方法など詳細はこちら】
 厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞(テレワークセミナーのご案内)
 https://kagayakutelework.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス5】労働者向けテレワークに関する体験型イベントの参加者を募集し
        ます(参加無料)~全国5都市で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレワークは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活用し
て、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。テレワークに興味のある労
働者を対象としたイベントを、10月から11月にかけて、大阪、岡山、静岡、仙台、
福岡の5都市で順次開催します。【事前申込制・参加無料】

 イベント当日、参加者はパソコンを実際に使ってテレワークを体験していただき
ます。また、社会保険労務士などの専門家が、テレワーク時の就業開始や終了とい
った労働時間の報告ルールや働く人からみたテレワークのメリットを分かりやすく
解説します。

【開催日程】
 ・大阪 10月23日(火)
  会場:富士ゼロックスDocument CORE Osaka ショウルーム
 ・岡山 10月26日(金)
  会場:富士ゼロックス岡山株式会社 本社4階会議室
 ・静岡 10月31日(水)
  会場:富士ゼロックス静岡 静岡支店 ショウルーム内セミナールーム
 ・仙台 11月8日(木)
  会場:富士ゼロックス宮城 カメイ五橋ビル 2階大会議室
 ・福岡 11月28日(水)
  会場:富士ゼロックスDOCUMENT HUB Square Fukuoka
 
  ※各会場とも午前の部9:30~12:00、午後の部14:30~17:00
  (大阪会場のみ午後の部14:15~16:45)

【申込み方法など詳細はこちら】
 テレワークに関する体験型イベント
 http://teleworkevent.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス6】厚生労働省で「職場iDeCo・つみたてNISA」を導入します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、本省職員(以下「職員」という)向けに「職場iDeCo・つみたて
NISA(以下「本制度」という)」を導入することになりました。

 本制度は、職員が職場で「iDeCo」や「つみたてNISA」の制度概要、申込み手続き、
投資教育の機会などに関する情報提供を受けられる制度です。金融庁が今年1月に
「職場つみたてNISA」を導入したことも参考に、「iDeCo」を所管する厚生労働省と
して本制度を率先して導入することにしました。
 なお、各府省庁・地方公共団体、民間企業が本制度を導入する際の参考となるよう、
「制度概要」、「運営要領」、「運営管理機関の募集に係る協力依頼」も併せて策定
していますので、ぜひご覧ください。

【「職場iDeCo・つみたてNISA」の詳細はこちら】
 厚生労働省で「職場iDeCo・つみたてNISA」を導入します
 (厚生労働省プレスリリース)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00941.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス7】「多様で安心できる働き方シンポジウム」の参加者募集中!(参
        加無料)~人材確保に効く非正規雇用のキャリアアップ 働き方
        改革時代の複線型雇用管理に取り組んでみませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 職務・勤務地・勤務時間などを限定した「多様な正社員」制度の導入は、ワーク
・ライフ・バランスの推進と優秀な人材の確保・育成や定着に役立ちます。また、
パートタイム労働者や有期雇用労働者など非正規雇用労働者を正社員に転換して、
活躍の場を広げる上でも有効な対策の一つです。

 このシンポジウムでは、「多様な働き方」に関する基調講演や「多様な正社員」
制度を導入した企業の取組事例の紹介やパネルディスカッションを行います。また、
パートタイム・有期雇用労働法の概要について厚生労働省から簡単な説明を行いま
す。「多様な働き方」にご興味をお持ちの経営者、人事労務担当者などの皆さまは
ぜひご参加ください。【事前申込制・参加無料】

【開催日程】
東京  10月5日(金) 三菱総合研究所(東京都千代田区)
北海道 10月12日(金) 札幌コンベンションセンター(札幌市白石区)
大阪  10月31日(水) オーバルホール・毎日インテシオ(大阪市北区)
宮城  11月9日(金) 仙都会館(仙台市青葉区)
福岡  11月16日(金) リファレンス駅東ビル(福岡市博多区)
埼玉  11月30日(金) 埼玉県産業文化センターソニックシティ
(さいたま市大宮区)
新潟  12月7日(金) 新潟ユニゾンプラザ(新潟市中央区)
愛知  12月14日(金) 愛知県産業労働センターウィンクあいち
(名古屋市中村区)
大阪  1月18日(金) オーバルホール・毎日インテシオ(大阪市北区)
神奈川 1月24日(木) 神奈川県産業振興センター(横浜市中区)
広島  2月7日(木) RCC文化センター(広島市中区)
東京  2月15日(金) 三菱総合研究所(東京都千代田区)

※各会場とも開催時間は14:00~16:30(13:30開場)

【詳細・お申込みはこちら】
多様な人材活用で輝く企業応援サイト
https://tayou-jinkatsu.mhlw.go.jp/sympo2018/

2019/01/07

【特集第152-2号】「今年も変わります!最低賃金」~10月1日から順次発効~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第152-2号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
 ~10月12日に広島で開催~
●「『人手不足対応×女性の復職応援』求人・求職条件の緩和によるマッチング力
向上セミナー」の参加者を募集中!(参加無料)
~人材サービス事業者を対象に、11月から東京、大阪、名古屋で順次開催~
●「職務分析・職務評価」コンサルティングを希望する企業を募集中!
~「職務評価コンサルタント」を全国どこでも無料派遣~
●「職務分析・職務評価セミナー」の参加者募集中(参加無料)
~好評につき東京、大阪で追加開催決定!~
●「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
~全国47都道府県で順次開催~
●「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」
制度の導入を無料でサポートします ~専門家派遣・セミナー開催のご案内~
●労働条件でお悩みの方!「労働条件相談ほっとライン」へお電話ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
~10月12日に広島で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、人生100年時代の継続雇用・
定年延長を考える「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」を、10月12日(金)
に広島で開催します。【事前申込制・参加無料】
 
 今年5月に開催された「人生100年時代構想会議」では、意欲ある高齢者が65歳を
過ぎても働ける環境整備を進めていく方針が示され、定年などについて注目されて
います。このシンポジウムでは、継続雇用・定年延長を主なテーマとし、学識経験
者の講演、当機構の調査報告、企業事例発表、パネルディスカッションを通じて継
続雇用・定年延長について皆さまとともに考えます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

【開催概要】
 ・日時:10月12日(金)13:00~16:00
 ・会場:ホテルグランヴィア広島 4階「悠久」(広島県広島市南区松原町1-5)
     ※JR広島駅新幹線口直結
 ・定員:75人(先着)
 ・申込:当機構広島支部のホームページからお申し込みください。
 http://www.jeed.or.jp/location/shibu/hiroshima/elderlyseminar_H30.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「『人手不足対応×女性の復職応援』求人・求職条件の緩和によるマッチング力向
上セミナー」の参加者を募集中!(参加無料)
  ~人材サービス事業者を対象に、11月から東京、大阪、名古屋で順次開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、求人誌・派遣・紹介など人材サービス産業の事業者(求人企業
や復職を希望する女性と接している方)を対象に、「『人手不足対応×女性の復職
応援』求人・求職条件の緩和によるマッチング力向上セミナー」を、11月から東京、
名古屋、大阪で順次開催します。【事前申込制・参加無料】

 人材不足に悩む企業が多い一方で、時間などの制約によりなかなか復職できずに
いる女性がいます。このセミナーでは、人材を求める企業と復職を希望する女性の
マッチングを成功させるためのポイントや事例を、魅力的な講師陣が解説します。
参加者には、営業ですぐに役立つ「求人企業開拓パンフレット」などを無料配布し
ます。ふるってご参加ください。

【開催日程】
 ■東京 11月1日(木)14:00~16:00 機械振興会館(東京都港区芝公園3-5-8)
  ・登壇予定:佐藤博樹氏(中央大学大学院教授)
 ■大阪 11月5日(月)14:00~16:00 ハービスOSAKA(大阪市北区梅田2-5-25)
  ・登壇予定:平田未緒氏(働きかた研究所 代表取締役)
 ■名古屋 12月10日(月)14:00~16:00 マザックアートプラザ
  (名古屋市東区葵1-19-30)
  ・登壇予定:川上敬太郎氏(しゅふJOB総研所長・ヒトラボ編集長)

 ※上記のほか、福岡などでセミナー開催予定

【申込方法など詳細はこちら】
 女性の復職応援サイトhttp://www.murc.jp/sp/1801/fukushoku-ouen/index.html

【お問い合わせ先】
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(委託先)
 政策研究事業本部 経済政策部(担当:平田、丸山)
 Email:fukushoku-ouen@murc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「職務分析・職務評価」コンサルティングを希望する企業を募集中!
    ~「職務評価コンサルタント」を全国どこでも無料派遣~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、パートタイム労働者の待遇が、働きや貢献に見合ったものとな
るよう「職務分析・職務評価」の普及を進めています。「職務分析」とは、職務に
関する情報を収集・整理し、職務内容を明確にすることです。また、「職務評価」
は、社内の職務内容を比較して、その大きさを相対的に測定する手法です。

 働き方改革関連法が成立し、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な
待遇差が禁止されます。いわゆる同一労働同一賃金(同一企業内における正規雇用
労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の禁止)を検討する際の一つの有
効な手段として、専門知識を持った職務評価コンサルタントの活用による職務分析
・職務評価の導入があります。事業主の皆さま、「職務分析・職務評価」を通じて、
正社員とパートタイム労働者の間の基本給に関する均等・均衡待遇の状況を確認し
てみませんか。

【支援内容】
 ・パートタイム労働者の職務(仕事)の棚卸し
 ・職務評価の実施
 ・均等・均衡待遇の状況チェック
 ・パートタイム労働者の等級制度・賃金制度の設計(見直し)方針の作成
 
 ※1社あたり6回程度の支援を実施
 ※訪問日時は企業のご都合に合わせます

【申込方法など詳細はこちら】
 職務分析・職務評価導入支援サイト
 https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/support/#consulting

【お問い合わせ先】
 PwCコンサルティング合同会社 職務分析・職務評価事務局(委託先)
 E-mail:kanri@part-estimation.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「職務分析・職務評価セミナー」の参加者募集中(参加無料)
        ~好評につき東京、大阪で追加開催決定!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 多くの参加者からご好評いただいている「職務分析・職務評価セミナー」を、10
月22日(月)に東京で、10月24日(水)に大阪でそれぞれ追加開催します。【事前
申込制・参加無料】
 
 セミナーでは、【導入編】と【実践編】を同日開催し、「職務分析・職務評価」
の手法から、「職務評価」を活用した実践的な人事・賃金制度改定の検討手法まで、
演習や事例紹介を通して分かりやすく説明します。また、【導入編】の冒頭では、
2020年4月1日から施行される「パートタイム・有期雇用労働法」の概要について
も説明します。経営層や人事労務ご担当者をはじめ、関心をお持ちの皆さまのご参
加をお待ちしています。

【開催日程】
 ・東京 10月22日(月) PwCコンサルティング合同会社大手町オフィス
 ・大阪 10月24日(水) TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター
 ※導入編、実践編どちらか一方に参加することも可能です。

【セミナーの申込方法など詳細はこちら】
 職務分析・職務評価導入支援サイト
 https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/support/#seminar

【お問い合わせ先】
 PwCコンサルティング合同会社 職務分析・職務評価事務局(委託先)
 E-mail:kanri@part-estimation.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
           ~全国47都道府県で順次開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、「安心して働く」
ための労使をつなぐルールである「労働契約」に関するセミナーの参加者を募集し
ています。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無期
転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事項を
分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転換ルー
ルに関する個別相談会を開催します。
 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持ち
の方は、ぜひご参加ください。

■開催地域・回数、定員
 開催地域:全国47都道府県
 開催回数:141回
 定員  :100人~250人程度(各回先着順)

 ※その他、中小小規模企業向け、労働者向けのセミナーへの講師派遣も受付けてい
  ます!(詳しい内容は、下記ホームページよりご確認ください。)

【お申込みなど詳細はこちら】
 (株)東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」制
度の導入を無料でサポートします
        ~専門家派遣・セミナー開催のご案内~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、「無期転換ルール」への対応や「多様な正社員」制度の導入を
検討している企業に対して、社内制度化を検討するために必要な助言や支援を行う
社会保険労務士などの無期転換コンサルタントを派遣し、企業を無料でサポートし
ます。また、この制度の先進事例の紹介や導入のノウハウなどを解説する無料セミ
ナーを開催します。

 「無期転換ルール」とは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、
有期契約労働者からの申込みによって、無期労働契約に転換するというルールです。
 このルールを規定した改正労働契約法が平成25年に施行してから、今年の4月で
5年が経ち、多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生しています。「無期転
換ルール」への対応を円滑に行うためには、無期転換後の労働条件などの制度設計
を行い、それに従って就業規則の整備などによる社内制度化を図る必要があります。
また、無期転換した労働者の有効活用を図るためには、「多様な正社員」制度を併
せて検討することも効果的です。
 ぜひこの機会に、「無期転換ルール」に関する社内制度を整備してみませんか。
ご応募をお待ちしています。

■専門家の派遣
【無期転換コンサルタントによる主な支援内容】
  ・社内制度化に向けた課題把握のサポート
  ・制度導入に向けた就業規則の整備などについての助言・援助
【応募締切】
  10月31日(水) ※定員に達し次第、募集を締め切る場合があります。
【申込方法など詳細はこちら】
  https://www.mukitenkan.jp/consulting

■セミナーの開催
【セミナー内容】
 先進事例などを通じて、「無期転換ルール」や「多様な正社員制度」に関する知
 っておくべき知識・ポイントを解説します。
【対象者】
「無期転換ルール」や「多様な正社員制度」に関心のある方(どなたでもご参加
 いただけます。)
【開催日時・場所】
・日程:10月25日(木)14:00~16:00
・場所:PwCコンサルティング合同会社 大手センタービル2階
(東京都千代田区大手町1-1-3)
【申込方法など詳細はこちら】
 https://www.mukitenkan.jp/seminar

【お問い合わせ先】
 厚生労働省「無期転換ルールに関する取り組みに対する啓発支援事業」事務局
 PwCコンサルティング合同会社(委託先)
 電話:03(6869)5037 ※受付時間 平日10:00~17:00
 E-mail:consulting-jimukyoku@mukitenkan.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  労働条件でお悩みの方!「労働条件相談ほっとライン」へお電話ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「労働条件相談ほっとライン」は、違法な時間外労働・過重労働による健康障害
・賃金不払残業などの労働基準関係法令に関する問題について、 専門知識を持つ
相談員が、法令・裁判例などの説明や各関係機関の紹介などを行う電話相談です。

 相談は、労働者・使用者に関わらず誰でも無料で、全国どこからでも利用できま
す。また、匿名での相談も可能ですので、労働条件でお悩みの方は「労働条件相談
ほっとライン」へご相談ください。

【相談窓口】
 0120-811-610(はい!ろうどう)
 ※フリーダイヤル(携帯電話・PHSからも利用できます。)
 ※受付時間: 平日17:00~22:00、土日9:00~21:00

【労働条件などに関する詳細はこちら】
 若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組(相談体制・情報発信等)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000088143.html

2018/12/27

【特集第152-1号】「今年も変わります!最低賃金」~10月1日から順次発効~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第152-1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●「今年も変わります!最低賃金」~10月1日から順次発効~
●最低賃金の引上げに向けて「業務改善助成金」をご活用ください
●事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関する
セミナーに参加しませんか?~10月17日と18日に広島で開催(参加無料)~
●「労使関係セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
 ~10月は、秋田、広島、愛媛、東京で開催~
●10月3日に「高年齢者雇用開発フォーラム」を開催します
●事業主・人事労務担当の皆さま
「職場情報総合サイト」独自情報入力機能の提供を開始します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          「今年も変わります!最低賃金」
            ~10月1日から順次発効~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 都道府県ごとに決定される地域別最低賃金額が10月1日から順次発効します。最
低賃金は、年齢やパート、学生のアルバイトなどといった雇用形態やその呼称にか
かわらず、すべての労働者に適用されます。
 最低賃金に関するお問い合わせは、各都道府県労働局の労働基準部賃金課室や最
寄りの労働基準監督署までご連絡ください。

【各都道府県の改定額と発効日はこちら】
 地域別最低賃金の全国一覧
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局一覧
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

【最低賃金に関する詳細はこちら】
 最低賃金に関する特設サイト
 https://pc.saiteichingin.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    最低賃金の引上げに向けて「業務改善助成金」をご活用ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、最低賃金の引上げに向けた中小企業事業主の生産性向上のため
の支援の一環として、業務改善助成金の支給を行っています。

 業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で
最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。生産性向上の
ための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内の最低
賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成
します。

【手続きや助成事例など詳細はこちら】
 業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関するセ
  ミナーに参加しませんか?~10月17日と18日に広島で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、事業主や人事労務担当者を対象に、「中小企業のための育休復
帰支援セミナー ~従業員の育休を応援し、人材の確保を~」と、「介護離職ゼロに
向けて ~仕事と介護の両立支援セミナー~」を、全国で開催しています。【事前申
込制・参加無料】

 セミナーでは、円滑な育児休業・介護休業などの取得や職場復帰した後の支援方
法について、事例を交えて紹介します。また、セミナー後には希望者を対象に無料
の個別相談会を実施します。
 10月は、17日(水)「仕事と介護の両立支援セミナー」と18日(木)「育休復帰
支援セミナー」を、広島のTKPガーデンシティPREMIUM広島駅前で開催します。従業
員の産休・育休取得や仕事と介護の両立支援についてお考えの事業主や人事労務担
当の皆さま、ぜひご参加ください!

【申込方法など詳細はこちら】
 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業
 http://ikuji-kaigo.com/

■育児・介護プランナーが「育休復帰支援プラン」「介護支援プラン」の作成・活
 用方法をアドバイスする訪問支援は、随時予約を受け付けています。【無料】

■訪問支援の流れは動画でご覧になれます。
 ・育児プランナーによる支援はこちら
  http://ikuji-kaigo.com/lp/ikuji

 ・介護プランナーによる支援はこちら
  http://ikuji-kaigo.com/lp/kaigo 
  
 ・職場における、仕事と介護の両立支援に関する動画はこちら
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問い合わせ先】
 株式会社パソナ(委託先)
 育児・介護支援プロジェクト事務局
 電話 03(5542)1740 ※受付時間 平日9:00~17:30
 メールアドレス iku-pla@pasona.co.jp
 ホームページ http://ikuji-kaigo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「労使関係セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
         ~10月は、秋田、広島、愛媛、東京で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央労働委員会では、企業の人事労務担当者や労働組合の役職員などを対象に、
「労使関係セミナー」を開催しています。現在、10月15日(月)に秋田と広島で開
催するセミナーの受講者を募集中です。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーは、労働紛争に関する制度と、紛争の解決をサポートする機関であ
る「労働委員会」について、労使関係者の認識を深めることを目的としています。
プログラムは、第1部に基調講演、第2部ではパネルディスカッションを行います。
多くの皆さまのご参加をお待ちしています。また、労使関係セミナーについては、
今後も全国各地で順次開催していきます。

【10月の開催日程】
 10月15日(月) 中国地区(広島市)
 10月16日(火) 四国地区(松山市)
 10月19日(金) 東北地区(秋田市)
 10月30日(火) 関東地区(東京都新宿区)

【申込方法など詳細はこちら】
 参加ご希望の方は、中央労働委員会ホームページに掲載している「開催案内・
 受講申込書」に、必要事項を記入の上FAXでお申し込み下さい。
 http://www.mhlw.go.jp/churoi/roushi/index.html

【お問い合わせ】
 ■関東地区:中央労働委員会事務局 調整第一課 大和久
  電話 03(5403)2125 FAX 03(5403)2262 
 ■四国、東北地区:中央労働委員会事務局 調整第一課 田村
  電話 03(5403)2124 FAX 03(5403)2262
 ■中国地区(広島):広島県労働委員会事務局
  電話 082 (513) 5162 FAX 082 (228) 2075

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     10月3日に「高年齢者雇用開発フォーラム」を開催します 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、高年齢者雇用の重要性の啓発と、高年齢者がその能力を十分に
発揮し、いきいきと働ける魅力的な職場づくりの推進を目的として、「高年齢者雇
用開発フォーラム」を毎年開催しています。今年は、10月3日(水)に東京都千代
田区で開催します。【事前申込制・参加無料】

 当日は、高年齢者向けに職場環境を改善した企業の表彰を行うほか、日本私立学
校振興・共済事業団の理事長である清家 篤 氏が記念講演を行います。また、表彰
企業3社の事例発表やトークセッション、雇用相談コーナーなども予定しています。
 皆さまのご参加をお待ちしています。

【事例発表企業(高年齢者雇用開発コンテスト 厚生労働大臣表彰企業)】
 ■最優秀賞(1社):株式会社 ホテルゆのくに(ゆのくに天祥)
          (石川県加賀市 旅館経営[宿泊業])

 ■優秀賞(1社):株式会社 すかいらーくホールディングス
         (東京都武蔵野市 食堂料理飲食、喫茶等のサービス業[飲食店])

 ■特別賞(1社):有限会社 ウェルフェア三重
         (三重県伊勢市 介護付有料老人ホーム[老人福祉・介護事業])

【開催概要】
 ・日時:10月3日(水)11:00~16:10 
 ・会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4階)
 ・定員:400人(先着)
 ・申込:メールで申込みを受け付けています。

【詳細についてはこちら】
 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ホームページ
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/forum.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           事業主・人事労務担当の皆さま
      「職場情報総合サイト」独自情報入力機能の提供を開始します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、ウェブサイト「職場情報総合サイト」の一般公開を2018年9月28
日に予定しています。
 このサイトでは、「若者雇用促進総合サイト」-「女性の活躍推進企業データベ
ース」-「両立支援のひろば」の3サイトに掲載されている職場情報を収集・転載
します。また、国の各種認定・表彰制度の取得情報も掲載します。
 各種情報を一括りにすることで、利用者が横断的に検索・比較できるようになる
ため、企業と働き手のよりよいマッチングの実現が期待できます。

 また、このサイトでは、2018年6月4日から独自情報入力機能の提供を開始しま
した。独自情報入力機能とは、既存サイトに提供していただいている情報に加えて、
独自情報項目を「職場情報総合サイト」へご入力いただく機能です。
 入力は任意で、いずれかの情報のみ入力することも可能です。なお、「若者雇用
促進総合サイト」、「女性の活躍推進企業データベース」、「両立支援のひろば」
のいずれのサイトにも「法人番号」が入力されていない場合、このサイトへの転載
ができないため、未入力の場合はご入力をお願いします。
 より詳しい情報を求職者などに提供することで、入社後のミスマッチの解消など
が期待できます。事業主・人事労務担当の皆さま、ぜひご活用ください。

【職場情報総合サイト】
 https://shokuba.mhlw.go.jp/

 ※独自情報の入力方法はこちらをご確認下さい。
  https://shokuba.mhlw.go.jp/published/pdf/dokuji_leaflet_01.pdf

【お問い合わせ先】
 株式会社富士通マーケティング(委託先)
 連絡先:servicedesk@m.shokuba.mhlw.go.jp

2018/12/20

【定例第96-2号】「働き方改革関連法等読み解きセミナー」の参加者募集中!(参加無料) ~中小企業を支援している経営指導員、中小企業診断士などを対象に全国13都市で開催~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
  ■ 厚労省人事労務マガジン/第96-2号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
8.「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国各地で開催~
9.女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催しています。(参加無料)
  ~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んでみま
  せんか?~
10.「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~全国47都道府県で順次開催しています~
11.「高年齢者雇用開発フォーラム」を10月3日に開催します
【厚生労働省からのお知らせ】
◆ 9月は全国労働衛生週間準備期間です
  ~今年のスローガンは「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方
  改革」~
◆ 「企業における福利厚生施策の実態に関する調査」の結果が公表されました
◆ 広報誌『厚生労働』9月号発売中!
◆ 現在の雇用失業情勢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス8】「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」の参加者募集
        中!(参加無料)~全国各地で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメ
ント(いわゆるマタハラ)などの防止対策について、現場の管理職向けのセミナー
を、全国各地で開催しています。【事前申込制・参加無料】

 セミナーでは、前半に講義、後半にグループワークを行って、職場のハラスメン
トに対して、より理解を深められる内容です。皆さまの参加をお待ちしています。

【セミナー内容】
 ■講義
   セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメントとはどの
   ようなものか、それらのハラスメントを起こさない職場作りのポイントや、
   部下などから相談を受けた場合の対応方法などについて解説します。また、
   パワーハラスメントについても紹介します。

 ■グループワーク
   講義内容を踏まえ、セクシュアルハラスメント・妊娠・出産などに関するハ
   ラスメント事例によるグループワークを行うことで、セクシュアルハラスメ
   ント、妊娠・出産などに関するハラスメントとは何か、予防のポイント、相
   談対応について理解を深めていただきます。

【9月~10月の開催日程】
 ・北海道 10月10日(水) 北海道建設会館
 ・青森  9月26日(水) 青森県観光物産館アスパム
 ・岩手  9月27日(木) マリオス盛岡地域交流センター
 ・秋田  9月28日(金) 秋田県JAビル会議室
 ・茨城  9月19日(水) 茨城県労働福祉会館
 ・群馬  9月12日(水) ベイシア文化ホール
 ・埼玉  10月11日(木) JA共済埼玉ビル
 ・千葉  10月26日(金) 千葉商工会議所
 ・新潟  9月11日(火) 駅前オフィス貸会議室
 ・富山  10月4日(木)  富山県教育文化会館
 ・石川  10月3日(水)  金沢商工会議所
 ・福井  10月2日(火)  福井県繊協ビル
 ・山梨  9月20日(木) コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
 ・長野  9月13日(木) 長野バスターミナル会館
 ・静岡  10月23日(火) 静岡県産業経済会館
 ・愛知  10月24日(水) 名古屋国際会議場
 ・三重  10月25日(木) 三重県教育文化会館
 ・滋賀  10月31日(水) ピアザ淡海
 ・京都  10月30日(火) 京都府中小企業会館
 ・大阪  10月16日(火) エルおおさか(大阪府立労働センター)
 ・奈良  10月17日(水) やまと会議室
 ・和歌山 10月18日(木) 和歌山商工会議所
 ・鳥取  10月24日(水) とりぎん文化会館
 ・島根  10月23日(火) 松江テルサ
 
   ※各会場の開催時間 14:00~16:30(受付開始13:30)

【11月以降の開催予定、申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/201806kanri.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス9】女性の活躍推進に関する説明会・シンポジウムを開催しています。
       (参加無料)~中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活
        躍推進に取り組んでみませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、全国各地で開催している説明会やシンポジウムなどを通じて、
女性の活躍を推進する取組を支援しています。中小企業の事業主や人事労務担当者
の皆さま、人材確保や業績向上のために、女性社員の活躍を後押ししてみませんか。

 説明会やシンポジウムでは、従業員数300人以下の中小企業の事業主や人事労務
担当者向けに、女性活躍推進法の概要、企業の課題分析や行動計画策定、「えるぼ
し」認定取得などのポイントなどについて分かりやすく説明します。今後の日程や
詳細については、「中小企業のための女性活躍サポートサイト」をご確認ください。
【事前申込制・参加無料】

 また、女性活躍推進分野での企業支援の専門家である「女性活躍推進アドバイザ
ー」が、無料で御社の女性活躍の状況(採用・就業継続・管理職割合など)の把握
や、課題分析、達成すべき目標の設定などについて、メールや訪問を通じて、個別
にきめ細かにアドバイスします。

【9月~10月の開催日程】
 ・北海道 9月21日(金)札幌エルプラザ(札幌市中央区)
 ・宮城  10月9日(火)TKP仙台東口ビジネスセンター(仙台市宮城野区)
 ・栃木  10月2日(火)栃木県総合文化センター(宇都宮市本町)
 ・福井  9月12日(水)福井市地域交流プラザ(福井市手寄)
 ・東京  9月14日(金)コングレスクエア日本橋(中央区日本橋)
 ・東京  10月11日(木)三多摩労働会館(立川市曙町)
 ・三重  10月16日(火)三重県総合文化センター(津市一身田上津部田)
 ・大阪  10月25日(木)TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前
             (大阪市北区)
 ・広島  9月27日(木)RCC文化センター(広島市中区)
 ・福岡  9月6日(木)JR博多シティ会議室(福岡市博多区)
 
   ※各会場とも14:00~16:00の開催

【お申込みや「女性活躍推進アドバイザー」など詳細はこちら】
 中小企業のための女性活躍推進サポートサイト
 http://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/index.html

【お問い合わせ先】
 一般財団法人女性労働協会(委託先)
 女性活躍推進センター 東京事務局
 電話 03(3456)4412 ※受付時間 9:00~17:30(月~金)
 メールアドレス suishin@jaaww.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス10】「パワハラ対策支援セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~全国47都道府県で順次開催しています~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、今年度も企業などがパワーハラスメント(以下、パワハラ)予
防・解決の取組を進める上で役立つ「パワハラ対策支援セミナー 2018」を、全国
47都道府県で7月から順次開催しています。
 
 このセミナーでは、パワハラ対策の必要性は分かるが、どう取り組めばいいのか
分からないといった事業主や企業のご担当者さまのために、厚生労働省が作成した
『パワーハラスメント対策導入マニュアル』を活用して、具体的なノウハウをお伝
えします。【事前申込制・参加無料】
 
【セミナー内容】
 ■講演
  『パワーハラスメント対策導入マニュアル』の活用方法、実際に対策に取り組
  んでいる企業の事例紹介に加え、パワハラ関係の裁判例なども解説します。

 ■グループワーク
  パワハラ対策の体制構築のためのワークシートに基づいて作業を行った上で、
  グループ討議を実施し、パワハラ対策の具体的な取組方法を理解していただき
  ます。

【今後の開催日程】
 ・北海道  10月29日(月) 北海道中小企業会館
 ・群馬   10月26日(金) ベイシア文化ホール
 ・新潟   10月25日(木) 新潟ユニゾンプラザ
 ・愛知   10月31日(水) 名古屋国際センター
 ・奈良   10月3日(水)  エルトピア奈良
 ・島根   9月20日(木)  松江商工会議所
 ・鳥取   9月21日(金) 鳥取県立生涯学習センター
 ・岡山  10月22日(月) 岡山国際交流センター
 ・広島   10月23日(火) RCC文化センター
 ・佐賀   9月19日(水) 一般財団法人佐賀県教育会館
 ・長崎   9月18日(火) 長崎市市民生活プラザホール
 
【申込方法や開催日程など詳細はこちら】
 パワハラ対策支援セミナー 2018
 https://pawahara-seminar.jiwe.or.jp/events/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス11】「高年齢者雇用開発フォーラム」を10月3日に開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、高年齢者雇用についての重要性の啓発と、高年齢者がその能力
を十分に発揮し、いきいきと働ける魅力的な職場づくりの推進を目的として、独立
行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構との共催で「高年齢者雇用開発フォーラ
ム」を毎年開催しています。今年は、10月3日(水)に東京都千代田区で開催しま
す。【事前申込制・参加無料】

 当日は、高年齢者向けに職場環境を改善した企業の表彰を行うほか、日本私立学
校振興・共済事業団の理事長である清家篤氏が記念講演を行います。また、表彰企
業の事例発表やトークセッション、雇用相談コーナーなども予定しています。皆さ
まのご参加をお待ちしています。

【開催概要】
 ・日時:10月3日(水)11:00~16:10
 ・会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4階)
 ・定員:400人(先着)
 ・申込:メールで申込みを受け付けています。

【詳細についてはこちら】
 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ホームページ
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/forum.html
         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【厚生労働省からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼ 9月は全国労働衛生週間準備期間です~今年のスローガンは
    「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革」~ ▲△

 厚生労働省では、10月1日から7日までの「全国労働衛生週間」に先立ち、9月
を「準備期間」と定め、さまざまな啓発活動などを行っています。

 全国労働衛生週間は、働く方の健康維持や職場環境の改善などの労働衛生に関す
る国民の意識を高め、職場での自主的な労働衛生活動を促すことを目的としていて、
今年で69回目を迎えます。
 労働衛生分野では、治療と仕事の両立のほか、メンタルヘルス不調や過重労働、
化学物質を原因とする健康被害などが重要な課題となっています。皆さまには、こ
の機会に職場の労働衛生活動について総点検するなど、これらの課題に取り組んで
いただくようお願いします。

 また、9月は、「職場の健康診断実施強化月間」です。働く方一人ひとりが健康
に働き続けるためには、事業者が働く方の健康状態をしっかりと把握し、適切な健
康管理を行うことが必要です。そのため、職場での確実な健康診断の実施をお願い
します。
 加えて、平成31年4月から順次実施される働き方改革関連法に関する準備も必要
です。あわせて取り組みましょう。

【詳細はこちら】
 平成30年度全国労働衛生週間実施要綱
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170527_00001.html
 
「働き方改革」の実現に向けて
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▽▼ 「企業における福利厚生施策の実態に関する調査」
                     の結果が公表されました ▲△

 労働者の福利厚生については、非正規雇用労働者の増加など就業構造が変化する
中、各企業がさまざまな取組を行っています。そこで、企業の福利厚生制度や施策
の現状、従業員のニーズなどを探るため、このたび独立行政法人労働政策・研修機
構を通じてアンケート調査を実施しました。その調査結果が公表されましたので、
お知らせします。
 福利厚生について検討中の事業主・人事労務担当の皆さま、この調査結果をぜひ
ご活用ください。

【詳細はこちら】
 独立行政法人労働政策・研修機構 プレスリリース
 http://www.jil.go.jp/press/documents/20180724.pdf

 月刊ビジネス・レーバー・トレンド8・9月合併号
 http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2018/08_09/index.html

【お問い合わせ先】
 (独)労働政策研究・研修機構 調査部
  電話  03(5903)6283

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▽▼ 広報誌『厚生労働』9月号発売中! ▲△

 毎月1日発行の広報誌『厚生労働』は、厚生労働省の施策などを分かりやすく解
説・紹介しています。9月号の特集は「抗生物質・抗菌薬の正しい使い方」と「加
入しよう!中小企業退職金共済制度」の2つの特集テーマとトピックス「食品衛生
法改正 守ろう!食の安全」を掲載しています。

■特集1
 「一人ひとりの心がけが大切 抗生物質・抗菌薬の正しい使い方」

 現在、抗生物質・抗菌薬の不適切な使用が原因で、自らの性質を変化させ、薬が
効かなくなっている病原体が増えています。このままでは全世界で多くの人が薬剤
耐性(AMR)を得た病原体により命を落としてしまう可能性があります。
 そうした事態を防ぐために、私たち一人ひとりができることを紹介しています。

■特集2
 「中小企業だけど、退職金がもらえる 加入しよう!中小企業退職金共済制度」

 毎年10月は「中小企業退職金共済制度(中退共)」の加入促進強化月間です。中
退共は、単独で退職金制度を設けることが難しい中小企業・小規模企業を対象とし
た国の退職金制度です。まだ、加入していない事業主の皆さんに向けて、制度や加
入方法などを紹介しています。

■トピックス
 「食品衛生法改正 守ろう!食の安全」

 今年6月に日本の食を取り巻く環境の変化や国際化などに対応し、食品の安全を
確保するために食品衛生法が改正されました。
 健康被害の防止や食中毒などのリスクの低減等、食品の安全を維持するための新
しい仕組みなどを紹介しています。

 また、「未来を拓く働き方」では、高齢者雇用を積極的に行っている「七欧通信
興業株式会社」の取り組みを紹介しています。このほか、「中小事業主掛金納付制
度の愛称・ロゴの決定」や各種統計調査のお知らせなど、人事労務ご担当者さまに
ご覧いただきたい情報を掲載しています。

【詳細はこちら】
 広報誌『厚生労働』
 http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/about.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ▽▼ 現在の雇用失業情勢 ▲△

 8月31日に公表された7月の完全失業率は、2.5%と前月に比べ0.1ポイントの上
昇、有効求人倍率は1.63倍と前月に比べ0.01ポイント上昇となりました。
 現在の雇用情勢は、着実に改善が進む中、求人が求職を大幅に上回って推移して
いる状況にあります。

【労働力調査(総務省)】
 https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201807.pdf
 (PDF:380KB)

【一般職業紹介状況】
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00006.html

2018/12/13

【定例第96-1号】「働き方改革関連法等読み解きセミナー」の参加者募集中!(参加無料) ~中小企業を支援している経営指導員、中小企業診断士などを対象に全国13都市で開催~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/第96-1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
 今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1.「働き方改革関連法等読み解きセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
 ~中小企業を支援している経営指導員、中小企業診断士などを対象に全国13都
  市で開催~
2.時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)のご案内
  ~助成金を活用して、所定外労働時間の削減などに取り組んでみませんか?
 (締切:10月1日)~
3.「勤務間インターバル制度導入セミナー」を全国47都道府県で開催!
  ~従業員の健康確保とワーク・ライフ・バランスの推進のために、「勤務間イ
  ンターバル制度」を導入しませんか?~
4.中小事業主掛金納付制度の愛称が「iDeCo+」(イデコプラス)に決定しまし
  た!
5. iDeCoの加入者がもうすぐ100万人を突破します!
  ~突破を記念するロゴマークを作成しました~
6.「地域の特性を活かしたワーク・ライフ・バランス推進セミナー」の参加者募
  集中!(参加無料)~9月に東京と大阪で開催~
7.「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の参加者募集中!(参加無
  料)~9月は広島と宮城で開催~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス1】「働き方改革関連法等読み解きセミナー」の参加者募集中!
        (参加無料)~中小企業を支援している経営指導員、中小企業診
        断士などを対象に全国13都市で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、中小企業を支援している経営指導員、中小企業診断士、税理士、
働き方改革に取り組もうと考えている経営者、企業の人事労務担当者などを対象と
した「働き方改革関連法等読み解きセミナー」を、今月から来年1月にかけて、全
国13都市で開催します。

 セミナーでは、「働き方改革関連法」の改正内容や、労務管理のあり方、助成金
の活用などの各種支援策について、大学教授や弁護士などが分かりやすく解説しま
す。【事前申込制・参加無料】

 一億総活躍社会の実現に向けて、「働き方改革を推進するための関係法律の整備
に関する法律」が今年7月に公布されました。少子高齢化や人手不足が進む中、中
小企業経営者の中には、働き方改革を行うに当たり、何から始めれば良いのか分か
らないというお悩みや、人手不足で事業の継続が困難になりかねない、労働関係法
令をそもそも知らないなどといった不安や問題を抱えている方がいらっしゃるかと
思います。
 このセミナーを受講すると、経営課題の解決に向けた助言を行う際の、労務管理
面からのアドバイスや企業の実情に応じた助成金などの支援策を伝えることができ
るようになります。皆さまの参加をお待ちしています。

【平成30年度の開催日程】
 ・北海道  9月20日 (木)札幌駅前ビジネススペース
 ・宮 城  10月25日(木)仙都会館
 ・新 潟  10月10日(水)NICOプラザ(にいがた産業創造機構)
 ・埼 玉  12月7日(金)JA共済埼玉ビル
 ・東 京   10月10日(水)TKP新橋カンファレンスセンター
 ・神奈川  10月16日(火)万国橋会議センター
 ・愛 知   11月22日(木)ウィンクあいち
 ・大 阪  11月21日(水)エル・おおさか南館
 ・兵 庫  1月16日(水)神戸市産業振興センター
 ・広 島   10月1日(月)広島商工会議所
 ・香 川  12月4日(火)レグザムホール(香川県県民会館)
 ・福 岡   11月9日(金)福岡県消防会館
・熊 本   11月8日(木)熊本商工会議所
 
  ※セミナー時間は2時間を予定しています。

【申込方法など詳細はこちら】
 公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会(委託先)
 http://www.zenkiren.com/jutaku/senmonka
 電話:03(5283)1030

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス2】時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)のご案内
        ~助成金を活用して、所定外労働時間の削減などに取り組んでみ
        ませんか?(締切:10月1日)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、年次有給休暇の取得促進、所定外労働時間の削減などに取り組
む中小企業の事業主を対象に助成金を支給しています。申請期間は10月1日(月)
までと締切が近づいてきましたので、ご希望される方はお早めに申請ください。

■時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース) 
 ※「年次有給休暇の取得促進」と「所定外労働の削減」を成果目標とする場合

[支給対象となる事業主]
 以下の項目を満たす中小企業の事業主が対象となります。
 ・雇用する労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が13日以下
 ・月間平均所定外労働時間数が10時間以上
 ・労働時間などの設定の改善に積極的に取り組む意欲がある

[支給対象となる取組]
 「年次有給休暇の取得促進」、「所定外労働時間の削減」をするために、以下の
 取組を行うと支給対象となります。
 ・労働者に対する研修、周知・啓発
 ・就業規則や労使協定などの作成・変更
 ・労務管理用機器(タイムレコーダー、ICカードなど)の導入・更新
 ・労働能率の増進に役立つ設備・機器の導入・更新 など
  (例):小売業のPOS装置、運送業の自動洗車機、自動車修理業の自動車リ
      フトなど

[成果目標の設定]
 支給対象となる取組は、以下aとb両方の達成を目指して実施してください。
 a.年次有給休暇の取得促進
  労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数(年休取得日数)を4日以上増加す
  る
 b.所定外労働の削減
  労働者の月間平均所定外労働時間数(所定外労働時間数)を5時間以上削減す
  る

[支給額]
 対象経費(謝金、会議費、機械装置の購入費など)の合計額 × 補助率 ※1
  
 ※1 a、b共に達成し、年休取得日数を12日以上増加:3/4
  (上限額は1企業当たり150万円)、
  どちらか一方を達成:5/8(上限額は1企業当たり83万円)、
  どちらも未達成:1/2(上限額は1企業当たり67万円) など

【お申込みなど詳細はこちら】
 「時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)」
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html

【その他コースのご案内】
 時間外労働等改善助成金には、職場意識改善コースのほかに「時間外労働上限設
 定コース」、「勤務間インターバル導入コース」、「テレワークコース」もご用
 意しています。こちらもぜひご利用ください。

■「時間外労働上限設定コース」(申請締切:12月3日)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120692.html

■「勤務間インターバル導入コース」(申請締切:12月3日)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

■「テレワークコース」(申請締切:12月3日)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局 雇用環境・均等部(室)
 (事業場の所在地を管轄する労働局にご連絡ください)
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス3】「勤務間インターバル制度導入セミナー」を全国47都道府県で開
        催!~従業員の健康確保とワーク・ライフ・バランスの推進のた
        めに、「勤務間インターバル制度」を導入しませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 平成30年6月29日に成立した「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改
善法」が改正され、勤務間インターバル制度の導入が企業の努力義務となります。

 厚生労働省では、企業の人事労務管理担当者を対象に、勤務間インターバル制度
とは何か、制度導入のメリット、導入上の課題、助成金制度などについて解説する
セミナーを、全国47都道府県で開催します。【事前申込制・参加無料】

 9月から来年の3月まで順次開催しますので、従業員の健康確保や過重労働対策
について考える機会として、ぜひご利用ください。

【セミナー内容】
 ・働き方改革の概要、国の長時間労働対策について
 ・勤務間インターバル制度の意義や効果
 ・制度導入における実務上のポイント
 ・導入事例紹介、助成金制度について
  ※他のセミナーとの併催となる場合があります。

【開催概要】
 開催地 :全国47都道府県
 開催期間:2018年9月~2019年3月
 定員  :各回先着50~80人程度
 対象  :事業主や企業の人事労務管理担当者 など

【9月~10月の開催予定(11月以降も順次開催予定)】
 秋田      10月19日(金)   山形        10月15日(月)
 栃木      10月25日(木)   山梨        9月13日(木) 
 岐阜      10月30日(火)   愛知        10月31日(水)
 京都      9月27日(木)    鳥取        9月28日(金)
 香川      10月12日(金)
 
【申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/2018interval.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス4】中小事業主掛金納付制度の愛称が「iDeCo+」(イデコプラス)
        に決定しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、中小事業主掛金納付制度の愛称を「iDeCo+」に決定しました。

 中小事業主掛金納付制度は、企業年金を実施していない従業員数100人以下の中小
企業で、iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入している従業員の加入者掛金に事業主
が上乗せ(追加)して拠出することができる制度です。
 「iDeCo+」という愛称は、従業員が加入しているiDeCoに、事業主が掛金を「プ
ラス」することで、従業員の老後の安心も「プラス」できるという意味が込められ
ています。また、「+(プラス)」というワードは、誰にでも分かりやすいため、
制度の導入を検討する事業主も馴染みやすいだろうという思いから愛称としました。
 また、この愛称決定に伴い、「iDeCo+」ロゴマークを作成しました。

 iDeCo公式サイトでは、「iDeCo+」の制度を詳しく解説しているほか、ロゴマー
クのダウンロードを行うことができますので、ぜひご活用ください。

【「iDeCo+」のロゴマークのダウンロードはこちら】
 https://www.ideco-koushiki.jp/library/ideco_chan/

【詳しい「iDeCo+」の解説はこちら】
 https://www.ideco-koushiki.jp/owner/#Small_business_flow

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス5】iDeCoの加入者がもうすぐ100万人を突破します!
        ~突破を記念するロゴマークを作成しました~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者が、まもなく100万人を突破する見込みと
なったことから、国民年金基金連合会では、突破を記念するロゴマークを作成しま
した。

 iDeCoの加入者は、平成29年1月の加入者範囲の拡大をきっかけに急増し、拡大
前の平成28年12月末時点で30.6万人だった加入者数は、平成30年7月末時点で3.2
倍の97.7万人となっています。このペースで増加した場合、近々、加入者が100万
人を突破することが見込まれます。そのため、「100万人」突破という節目を契機
に、もっとiDeCoを知っていただき、一層の加入者増加を目指して、100万人突破記
念ロゴマークを作成しました。
 ロゴマークは、厚生労働省や国民年金基金連合会での活用はもちろんのこと、制
度の運営を担う金融機関や、関係団体とも連携し、「iDeCo加入者100万人突破キャ
ンペーン」として、以下の取り組みを実施していく予定です。

【主な取り組み予定】
 ・厚生労働省と国民年金基金連合会が作成するiDeCo関連パンフレットに、記念
  ロゴマークを掲載。
 ・各金融機関と連携し、金融機関のホームページやメールマガジン、出版物など
  に記念ロゴマークを掲載して、加入者数100万人を突破したiDeCoを紹介。
 ・全国社労士会連合会や日本FP協会といった職能団体と連携して、各団体が開
  催する各種イベントや、団体のホームページやSNS、メールマガジンなどに
  記念ロゴマークを掲載して、加入者数100万人を突破したiDeCoを紹介。

【記念ロゴマークのダウンロードはこちら】
 https://www.ideco-koushiki.jp/library/ideco_chan/

【iDeCoの詳細についてはこちら】
 iDeCo公式サイト
 https://www.ideco-koushiki.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス6】「地域の特性を活かしたワーク・ライフ・バランス推進セミナー
        の参加者募集中!(参加無料)~9月に東京と大阪で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地域のイベントなどに合わせた年次有給休暇の取得や所定外労働の削減など、地
域が一体となって、働き方・休み方の見直しに取り組むためのセミナーを、9月に
東京と大阪の2都市で開催します。【事前申込制・参加無料】
 
 このセミナーでは、学職経験者による基調講演、先進的な取組事例の発表や紹介
を通じて、地域の特性を活かしたワーク・ライフ・バランスを推進するための参考
情報を提供します。対象は、地方自治体のご担当者など、地域の特性を活かしたワ
ーク・ライフ・バランス推進にご関心のある方です。
 参加の申込みは、下記のホームページからお願いします。各会場とも定員は50人
で、満席となり次第締め切らせていただきますので、ご興味のある方はお早めにお
申し込みください。

【開催日程】
 ■東京(定員 50人)
  日時:9月11日(火)13:30~16:10
  場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター

 ■大阪(定員 50人)
  日時:9月21日(金)13:30~16:10
  場所:TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター

【申込方法などの詳細はこちら】
 株式会社日本能率協会総合研究所(委託先)
https://www.jmar-form.jp/wlb.html

【参考】
 働き方・休み方改善ポータルサイト
http://work-holiday.mhlw.go.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス7】「企業におけるイクメン・イクボス養成セミナー」の参加者募集
        中!(参加無料)~9月は広島と宮城で開催~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、男性の育児休業や育児目的休暇の取得推進のため、育休取得の
メリットや企業の取組事例などを紹介するセミナーの参加者を募集しています【事
前申込制・参加無料】。

 このセミナーでは、企業の人事労務担当者が社内研修に使用できる資料を使い、
育休取得のポイントを分かりやすく解説します。後半のグループワークの時間には、
他社の実態や実例を聞くことで、自社の取組のヒントを得ることができます。
 今年9月の開催は、広島と宮城での開催となります。10月以降も全国各地で開催
しますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

【開催日程】
 ■広島(定員 90人程度)
  日時:9月7日(金) 15:00~16:30
  会場:広島市総合福祉センター(BIG FRONTひろしま5階)
  ※ファザーリング全国フォーラム分科会として開催
 
 ■宮城(定員 90人程度)
  日時:2018年9月11日(火) 10:00~12:00
  会場:宮城県庁1階 みやぎ広報室

【申込方法などの詳細はこちら】
 イクメンプロジェクト
 https://ikumen-project.mhlw.go.jp/event/#seminar

2018/12/06

【特集第151号】「過重労働解消のためのセミナー」の参加者募集中!(参加無料) ~全国47都道府県で、9月から順次開催します~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第151号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●「過重労働解消のためのセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
~全国47都道府県で、9月から順次開催します~
●「労働契約解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
~全国47都道府県で開催します~
●労働者派遣事業は「許可制」に一本化しています!
~9月30日以降、「(旧)特定労働者派遣事業」は行えなくなります~
●「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての「多様な正社員」
 制度の導入を、専門家が無料でサポートします
●起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみませんか?
 ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を無料で実施しています~
●事業主・人事労務担当の皆さま
 「職場情報総合サイト」の機能追加に関するアンケート調査にご協力ください
●事業主・人事労務担当の皆さま
 「職場情報総合サイト」独自情報入力機能の提供を開始します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「過重労働解消のためのセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
      ~全国47都道府県で、9月から順次開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、事業主、企業の人事労務担当者・管理者、総務の方などを対象に、
過重労働防止対策に必要な知識やノウハウを習得するためのセミナー参加者を募集
しています。【事前申込制・参加無料】
 このセミナーでは、「過重労働の現状と過重労働防止に向けた対策」、「取組事
例紹介」などについて具体的な事例を交えて、分かりやすく紹介します。セミナー
参加者には、すぐに使える取組カレンダー(B3判)を、無料でプレゼントします。
 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持
ちの方は、ぜひご参加ください。

■開催地域・回数、定員
 開催地域:全国47都道府県
 開催回数:64回(予定)
 定員:各回先着100人程度
 ※東京・名古屋・大阪では、グループワーク型セミナーも実施します。

【お申込みなど詳細はこちら】
 過重労働解消のためのセミナー
 http://partner.lec-jp.com/ti/overwork/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業 過重労働解消のためのセミナー事業事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
         ~全国47都道府県で開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、「安心して働く」
ための労使をつなぐルールである「労働契約」に関するセミナー参加者を募集して
います。【事前申込制・参加無料】
 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。
 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持
ちの方は、ぜひご参加ください。

■開催地域・回数、定員
 開催地域:全国47都道府県
 開催回数:141回
 定員:各回先着100人~250人程度

 ※その他、中小・小規模企業向け、労働者向けのセミナーへの講師派遣も受け付
  けています!(詳しい内容は、下記ウェブサイトよりご確認ください。)

【お申込みなど詳細はこちら】
 (株)東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      労働者派遣事業は「許可制」に一本化しています!
   ~9月30日以降、「(旧)特定労働者派遣事業」は行えなくなります~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労働者派遣事業は、改正前の「(旧)特定労働者派遣事業」を行っている場合、
「許可制」への一本化に伴う経過措置が終了する今年の9月29日までは、旧事業を
継続できます。
 経過措置期間終了後も労働者派遣事業を行う場合は、9月29日までに許可を受け
るか許可の申請を行う必要があります。なお、9月29日までに許可の申請を行った
場合、審査結果が出るまでの間は、引き続き「(旧)特定労働者派遣事業」を行うこ
とができます。

 許可を受けていない、または許可の申請を行わずに、9月30日以降、労働者派遣
事業を行った場合、「派遣元事業主」は、「無許可派遣」となり、労働局からの指
導の対象となるほか、事業主名を公表されることや罰則を受けることがあります。
一方、「派遣先事業主」は、無許可派遣を行う事業主から派遣労働者を受け入れた
として、労働局からの指導や事業主名の公表などの対象となることがあります。ま
た、「労働契約申込みみなし制度」の対象となる可能性もあります。

 労働者派遣事業を活用している事業主の皆さまは、今一度許可の取得状況や申請
状況のご確認をお願いします。

【詳細はこちら】
 ■平成30年9月30日以降は「(旧)特定労働者派遣事業」は行えなくなります!
  https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000178229.pdf
 ■派遣先の皆さまへ
  https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000196396.pdf

【お問い合わせ先】
 ご不明な点は、都道府県労働局までお気軽にお問い合わせください。

 労働者派遣事業・職業紹介事業に関する相談窓口一覧
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/haken-shoukai/haken-shoukai14/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「無期転換ルール」への対応や、無期転換後の受け皿としての
    「多様な正社員」制度の導入を専門家が無料でサポートします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「無期転換ルール」とは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、
有期契約労働者からの申込みによって、無期労働契約に転換するというルールです。
このルールを規定した改正労働契約法が平成25年に施行してから、今年の4月で5
年が経ち、多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生しています。

 「無期転換ルール」への対応を円滑に行うためには、無期転換後の労働条件など
の制度設計を行い、それに従って就業規則の整備などによる社内制度化を図る必要
があります。また、無期転換した労働者の多くは、働く場所・時間・担当する職務
について制約があるため、こうした労働者のさらなる有効活用を図るためには、
「多様な正社員」制度を併せて検討することが求められます。

 そこで、厚生労働省では、「無期転換ルール」への対応を検討している企業や、
無期転換後の受け皿として「多様な正社員」制度の導入を検討している企業に対し
て、社内制度化を検討するために必要な助言や支援を行う社会保険労務士などの無
期転換コンサルタントを全国に派遣し、企業を無料でサポートします。
 この機会に、ぜひ「無期転換ルール」に関する社内制度を整備してみませんか。
ご応募をお待ちしています。

【無期転換コンサルタントによる主な支援内容】
 ・雇用管理の現状を点検
 ・社内制度化に向けた課題把握のサポート
 ・制度導入に向けた助言・援助
 ・就業規則の整備などを助言

【応募締切】
 10月31日(水)
 ※定員に達し次第、募集を締め切る場合があります。

【募集定員】
 100社程度

【申込方法など詳細はこちら】
 「無期転換ルール」への対応を検討している企業をサポートします。
 コンサルティング希望企業 募集のご案内
 https://www.mukitenkan.jp/consulting

【お問い合わせ先】
 厚生労働省「無期転換ルールに関する取り組みに対する啓発支援事業」事務局
 PwCコンサルティング合同会社(委託先)
 電話:03(6869)5037 ※受付時間 平日10:00~17:00
 E-mail:consulting-jimukyoku@mukitenkan.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみませんか?
   ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を無料で実施しています~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、5年以内に起業、分社、異業種への進出、初めて人を雇用する
などした事業主を対象に、労務管理や安全衛生管理などのノウハウをお伝えするセ
ミナーを行っています。【事前申込制・参加無料】
 このセミナーでは、労務管理や安全衛生管理などの基本的な知識について、専門
家が分かりやすく解説します。そして、参加者には「やさしく分かりやすく」を基
本に編集し制作されたテキストなども無料で提供します。
 
 また、専門家が個別に事業場を訪問し、事業主の皆さまの相談を伺いながら、そ
れぞれの事情に応じた適正な就業環境整備のお手伝いを無料で行っています。申し
込みは随時受け付けていますので、ご希望の方は、ぜひお申し込みください。

【セミナー開催予定(東日本)】
 北海道 9月19日(水)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 秋田県 10月19日(金)秋田県社会福祉会館(秋田市旭北栄町)

【セミナー開催予定(西日本)】
 京都府 9月6日(木) ジョブ&ワーク京都校烏丸教室(2)(京都市中京区泉正
            寺)
 大阪府 9月19日(水) 大阪市立総合生涯学習センター第1研修室 (大阪市北区
梅田)
 香川県 9月3日(月) サンポートホール高松 51会議室(高松市サンポート)
 徳島県 9月13日(木) とくぎんトモニプラザ 会議室2(徳島県徳島市徳島町
城内)
 福岡県 9月20日(木) 福岡県教育会館 第3会議室(福岡県福岡市東区馬出)

 *東日本・西日本とも、上記以外の日程・会場での開催も予定しています。最新
  の日程・会場は、それぞれの委託先ウェブサイトに掲載されていますので、ご
  確認ください。

【申込・詳細はこちら】
 ■東日本(委託先:公益社団法人全国労働基準関係団体連合会)
  https://www.zenkiren.com/jutaku/shinki.html
  住所 東京都千代田区内神田1-12-2 三秀舎ビル6F
  電話 03(5283)1030
 
 ■西日本(委託先:ランゲート株式会社)
  http://www.langate.co.jp/shinki-kigyou/
  住所 京都市中京区泉正寺町328西川ビル4F
  電話 075(741)7862

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           事業主・人事労務担当の皆さま
 「職場情報総合サイト」の機能追加に関するアンケート調査にご協力ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では企業の皆さまを対象に「職場情報総合サイト」の機能追加に関す
るアンケート調査を実施しています。
 「職場情報総合サイト」とは、月平均所定外労働時間や有給休暇取得実績などの
雇用管理に関する情報を横断的に検索・比較ができるサイトです。
 現在、求職者などのニーズを受け、職場情報の時系列比較機能の追加を検討して
います。その一環として、事業主や企業の人事労務ご担当の皆さまに、他社の職場
情報収集へのご関心や、求職者などに自社の情報が時系列比較されることに対する
ご意見を伺いたいと考えています。

より良いサイトのご提供に向けて、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

【アンケートへのご回答はこちら】
 「職場情報総合サイト」時系列比較調査 企業向けアンケート調査
  https://jp.surveymonkey.com/r/shokuba03
 (回答にかかる所要時間の目安:10分程度)
 ※既にご回答いただいている方は、今回ご回答は不要です。
【回答締切】2018年8月31日(金)まで
【ご参考】「職場情報総合サイト」告知サイト
      https://shokuba.mhlw.go.jp/published/index.htm
【お問い合わせ先】
 株式会社富士通総研(調査委託先)
 行政情報化グループ
 担当:坂倉、本告(もとおり)、長谷川、中村
 電話:03(5401)8404
 メールアドレス:fri-sousyoku@cs.jp.fujitsu.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            事業主・人事労務担当の皆さま
    「職場情報総合サイト」独自情報入力機能の提供を開始します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、ウェブサイト「職場情報総合サイト」の一般公開を2018年9月
28日に予定しています。
 このサイトでは、「若者雇用促進総合サイト」「女性の活躍推進企業データベー
ス」「両立支援のひろば」の3サイトに掲載されている職場情報を収集・転載しま
す。また、国の各種認定・表彰制度の取得情報も掲載します。
 各種情報を一括りにすることで、利用者が横断的に検索・比較できるようになる
ため、企業と働き手のよりよいマッチングの実現が期待できます。

 また、このサイトでは、2018年6月4日から独自情報入力機能の提供を開始しま
した。独自情報入力機能とは、既存サイトに提供していただいている情報に加えて、
独自情報項目を「職場情報総合サイト」へご入力いただく機能です。
 入力は任意で、いずれかの情報のみ入力することも可能です。なお、「若者雇用
促進総合サイト」、「女性の活躍推進企業データベース」、「両立支援のひろば」
のいずれのサイトにも「法人番号」が入力されていない場合、このサイトへの転載
ができないため、未入力の場合はご入力をお願いします。
 より詳しい情報を求職者などに提供することで、入社後のミスマッチの解消など
が期待できます。事業主・人事労務担当の皆さま、ぜひご活用ください。

【職場情報総合サイト】
 https://shokuba.mhlw.go.jp/

 ※独自情報の入力方法はこちらをご確認下さい。
 https://shokuba.mhlw.go.jp/published/pdf/dokuji_leaflet_01.pdf

【ご参考】「職場情報総合サイト」告知サイト
 https://shokuba.mhlw.go.jp/published/index.htm

【お問い合わせ先】
 株式会社富士通マーケティング(委託先)
 連絡先:servicedesk@m.shokuba.mhlw.go.jp

2018/11/21

【特集第150号】生産性向上と雇用管理改善の両立に取り組む企業を募集中! ~第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施します。応募締切は8月31日~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/特集第150号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●生産性向上と雇用管理改善の両立に取り組む企業を募集中!
~第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施します。応募締切
は8月31日~
●「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
~8月から、全国47都道府県で開催します~
●「労働条件(RJ)パトロール!」を無料提供中
~労働関係法令学習用スマートフォンアプリ~
●事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関する
セミナーに参加しませんか?~8月23日と24日に札幌で開催(参加無料)~
●事業主・人事労務担当の皆さま
 「職場情報総合サイト」の比較機能追加 に関するアンケート調査にご協力くだ
 さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    生産性向上と雇用管理改善の両立に取り組む企業を募集中!
 ~第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施します。
  応募締切は8月31日~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (公財)日本生産性本部では厚生労働省委託事業として、生産性向上と雇用管理
改善(魅力ある職場づくり)の両立に取り組む企業を、8月31日まで募集しています。

 表彰企業の選定・公表は、平成31年1月上旬(予定)に行い、厚生労働大臣や厚生
労働省職業安定局長が受賞企業を表彰します。応募は企業単位のほか、事業所単位
でも可能です。
 また、受賞企業の取り組みは、「働きやすく生産性の高い職場のためのポータル
サイト」や事例集など各種広報媒体で優れた事例として紹介します。

【応募詳細などはこちら】
 働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト
 http://koyoukanri.mhlw.go.jp/index.html

【昨年度の受賞企業の取り組み】
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000203092.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)  
        ~8月から、全国47都道府県で開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、「安心して働く」
ための労使をつなぐルールである「労働契約」に関するセミナー参加者を募集して
います。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。

 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持
ちの方は、ぜひご参加ください。

■開催地域・回数、定員
 開催地域:全国47都道府県
 開催回数:141回(予定)
 定員  :各回先着100人~250人程度

【お申込みなど詳細はこちら】
 東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      「労働条件(RJ)パトロール!」を無料提供中
       ~労働関係法令学習用スマートフォンアプリ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 学生や就労経験の浅い若者などが、労働条件に関する法律の知識について、クイ
ズを通して学習することができる、スマートフォンアプリ『労働条件(RJ)パトロ
ール!』を作成しました。App Store(iPhone)や Playストア(Android)で無料提
供中です。
 このアプリでは、個性豊かなキャラクターと一緒に架空の会社をパトロールして、
労働関係法令の知識を、クイズを通して楽しみながら身につけることができます。
さらに、労働関係法令に関する情報の閲覧や労働条件に関する相談窓口の連絡先を
確認するなどの機能が付いています。

【アプリのダウンロードはこちらから】
 ポータルサイト「確かめよう労働条件」にバナー掲載しています。
 http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関するセ
  ミナーに参加しませんか?~8月23日と24日に札幌で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、事業主や人事労務担当者を対象に、「中小企業のための育休復
帰支援セミナー~従業員の育休を応援し、人材の確保を~」と、「介護離職ゼロに
向けて~仕事と介護の両立支援セミナー~」を全国で開催しています。【事前申込
制・参加無料】
 セミナーでは、円滑な育児休業・介護休業の取得から職場復帰後までを支援する
方法について、事例を交えて紹介します。また、セミナー後には希望者を対象に無
料の個別相談会を実施します。
 8月は、23日(育休復帰支援セミナー)と24日(仕事と介護の両立支援セミナー)
に札幌のACU札幌 ACU-A大会議室1606で開催します。従業員の産休・育休取得や仕
事と介護の両立支援についてお考えの事業主や人事労務担当の皆さま、ぜひご参加
ください!

【申込方法など詳細はこちら】
 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業
 http://ikuji-kaigo.com/

 ☆育児・介護プランナーが「育休復帰支援プラン」「介護支援プラン」の作成・
  活用方法をアドバイスする訪問支援は、随時予約を受け付けています。【無料】
 ☆訪問支援の流れを動画でご覧になれます。
  育児プランナーによる支援はこちら ⇒
  http://ikuji-kaigo.com/lp/ikuji
  介護プランナーによる支援はこちら ⇒
  http://ikuji-kaigo.com/lp/kaigo 
  職場における、仕事と介護の両立支援に関する動画はこちら ⇒
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問い合わせ先】
 株式会社パソナ(委託先)
 育児・介護支援プロジェクト事務局
 電話      03(5542)1740(受付時間 平日9:00~17:30)
 メールアドレス iku-pla@pasona.co.jp
 ホームページ  http://ikuji-kaigo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           事業主・人事労務担当の皆さま
「職場情報総合サイト」の比較 機能追加に関するアンケート調査にご協力ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では企業の皆さまを対象に「職場情報総合サイト」の機能追加に関す
るアンケート調査を実施しています。
 「職場情報総合サイト」とは、月平均所定外労働時間や有給休暇取得実績などの
雇用管理に関する情報を横断的に検索・比較ができるサイトで、今年の9月末に一
般公開を予定しています。
 求職者などのニーズを受け、職場情報の時系列比較機能の追加を検討しています。
その一環として、人事労務ご担当の皆さまに、他社の職場情報収集へのご関心や、
求職者などに自社の情報が時系列比較されることに対するご意見を伺いたいと考え
ています。

より良いサイトのご提供に向けて、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

【アンケートへのご回答はこちら】
 「職場情報総合サイト」時系列比較調査 企業向けアンケート調査
  https://jp.surveymonkey.com/r/shokuba03

 ※アンケート回答 所要時間の目安:10分程度
 ※ご参考「職場情報総合サイト」告知サイト
      https://shokuba.mhlw.go.jp/published/index.htm

【お問い合わせ先】
 株式会社富士通総研(調査委託先)
 行政情報化グループ
 担当:坂倉、本告(もとおり)、長谷川、中村
 電話:03(5401)8404
 メールアドレス:fri-sousyoku@cs.jp.fujitsu.com

2018/11/14

【定例第94号】セルフ・キャリアドック導入を支援する拠点を開設しました ~企業などの組織活性化の仕組み作りを無料で支援~ ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/第94号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1. セルフ・キャリアドック導入を支援する拠点を開設しました
~企業などの組織活性化の仕組み作りを無料で支援~
2.「仕事休もっ化計画」始動!会社の夏期休暇に年次有給休暇をプラスして連続
  休暇を取得しましょう!
3.「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の募集受付
  中!~締切:8月24日~
4.「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
  ~7月20日に大阪、7月26 日に東京で開催します~
5.「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
  ~8月から、全国47都道府県で開催します~
6. 起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみませんか?
  ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を行います(無料)~
7. 従業員の賃金アップと生産性の向上に取り組む事業主の皆さま、「人材確保等
  支援助成金(人事評価改善等助成コース)」の活用を検討してみませんか?

【厚生労働省からのお知らせ】
◆ 「グッドキャリア企業アワード2018」募集受付中です!~締切:7月31日~
◆ 7月は「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の重点取り組み期間です
  ~屋外作業などを行う際の熱中症対策を強化しましょう~
◆ 中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んでみませ
  んか?~優秀な人材の確保や職場定着につなげましょう~
◆ パワハラ対策取組支援セミナーを、全国47都道府県で開催します
◆ 広報誌『厚生労働』7月号発売中!
◆ 現在の雇用失業情勢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス1】セルフ・キャリアドック導入を支援する拠点を開設しました
        ~企業などの組織活性化の仕組み作りを無料で支援~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、6月20日(水)、企業の「セルフ・キャリアドック」の導入を無
料で支援する拠点を、東京と大阪の2か所に開設しました。

 「セルフ・キャリアドック」とは、企業がその人材育成ビジョンに基づき、キャ
リアコンサルティング面談とキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に
従業員の主体的なキャリア形成を支援する仕組みのことです。この仕組みを活用す
ることで、従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上などが図ら
れ、企業の生産性向上にも寄与することが期待出来ます。

 各拠点にいる、企業内の人材育成やキャリア形成に精通した導入キャリアコンサ
ルタントが、セルフ・キャリアドックの導入を検討する企業の状況や、ご要望に応
じたアドバイスなどを行います。このような具体的な支援が無料で受けられますの
で、お気軽にお申し込み・お問合せください。

【拠点の概要】
 開設日:平成30年6月20日(水)
 設置場所:
 [東京拠点]〒160-0008 東京都新宿区三栄町8 三栄ビル4階(四ッ谷駅徒歩5分)
 [大阪拠点]〒550-0005 大阪市西区西本町1-3-15 大阪建大ビルディング4階
                          (本町駅徒歩4分)

【詳細はこちら】
 セルフ・キャリアドック導入支援サイト
 http://selfcareerdock.mhlw.go.jp

【お問い合わせ先】
 電話:東京 03(5361)6405、大阪 06(6543)2271
    ※受付時間 9:00~17:00(月~金)、年末年始祝祭日のぞく
     メール:selfcareerdock@saintmedia.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス2】「仕事休もっ化計画」始動!会社の夏期休暇に年次有給休暇を
        プラスして連続休暇を取得しましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【年次有給休暇をプラスして連続休暇に!】
 今年のカレンダーでは、週休2日制の会社で、8月13日(月)~15日(水)が夏
季休暇(お盆休み)の場合、5連休となります。8月16日(木)と17日(金)に、
年次有給休暇をプラスすると9連休となります。
 この夏、海に山に、花火に夏祭りに、休暇を取って人生を充実させませんか。

【年次有給休暇とは】
  年次有給休暇は、労働基準法で定められた労働者に与えられた権利です。労働
 基準法第39条で、労働者は「6か月間継続して雇われていること」、「全労働日
 の8割以上出勤していること」の2点を満たしていれば、10日間の年次有給休暇
 が付与され、申し出ることで取得することができます(勤続年数、週所定労働日
 数等に応じて年次有給休暇の付与日数は異なります。)。

【年次有給休暇の取得率は】
  年次有給休暇の取得率は、近年微増傾向にありますが、平成28年で49.4%と5
 割を下回っています。年次有給休暇の取得が低調な理由は、「みんなに迷惑がか
 かると感じる」、「後で多忙になる」、「職場の雰囲気で取得しづらい」などが
 全体の約3分の2を占めています。

【「計画的付与制度」を活用しましょう!】
  「計画的付与制度」とは、年次有給休暇の付与日数のうち5日を除いた残りの
 日数について、労使協定を結べば、計画的に年次有給休暇取得日を割り振ること
 ができる制度です。

  導入方法は、全労働者に対して同一日に付与する「一斉付与方式」や、班・グ
 ループ別に交代で付与する「交代制付与方式」などがあります。「交代制付与方
 式」は、流通・サービス業など、定休日を増やすことが難しい企業や事業場など
 に適しているといえます。

【年次有給休暇取得に向けた職場づくりを!】
  年次有給休暇を取得することは、心身の疲労回復のために必要です。また、年
 次有給休暇を取得しやすい環境を整えると、仕事に対する意識やモチベーション
 を高め、仕事の生産性を向上させ、企業イメージの向上や優秀な人材の確保にも
 つながります。

  年次有給休暇の取得が進んでいる企業などでは、労働者の業務の進行状況を、
 所属長(課長など)だけでなく、同僚なども把握して、仕事を個人ではなくチー
 ムで行うことで、労働者が休みやすい職場環境を整えています。

  また、「計画的付与制度」を導入している企業では、導入していない企業より
 も年次有給休暇の平均取得率が8.5ポイントも高いという調査結果も出ています
 (平成29年就労条件総合調査)。この制度を導入することで、年次有給休暇が取
 りやすくなり、その結果、大型連休にすることも可能となります。

  このように、年次有給休暇を取得することは、企業と労働者双方にメリットが
 あるため、労働者が年次有給休暇の取得にためらいを感じないよう、業務のやり
 方を工夫したり、「計画的付与制度」を導入するなど、年次有給休暇を取得しや
 すい職場環境づくりに取り組みましよう。

【詳細はこちら】
 「仕事休もっ化計画」
 暑い夏、海に山に、花火に夏祭りに、休暇を取って人生の充実を
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/sokushin/index.html

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局雇用環境・均等部(室)または労働基準監督署
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス3】「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」
        募集受付中!~締切:8月24日~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、平成27年度から、「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰制
度(輝くテレワーク賞)」を毎年実施しています。表彰式では、テレワークを活用
して、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果を上げた企業や、団
体・個人の方を表彰しています。
 応募締切は8月24日(金)です。皆さまからのご応募をお待ちしています。

【表彰の対象と種類】
 (1)厚生労働大臣賞「優秀賞」
     テレワークの活用によって、ワーク・ライフ・バランスの実現を図って
    いる企業のうち、特にその取組が優秀と認められる企業・団体を表彰

 (2)厚生労働大臣賞「特別奨励賞」
     テレワークの導入に当たって、さまざまな工夫を凝らすなど、他の企業
    の模範となる取組を行う企業・団体を表彰

 (3)厚生労働大臣賞「個人賞」
    ① 他の模範となる「テレワークを積極的に活用した働き方」によって、
  ワーク・ライフ・バランスを実現している労働者を表彰
    ② 雇用型のテレワークの普及・推進に貢献した個人を表彰

【表彰スケジュール】
 8月24日(金)応募締切
9月~10月  審査
 10月末頃  審査結果発表
 11月29日(木)表彰式

【応募方法に関する詳細はこちら】
 厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞
 https://kagayakutelework.jp/award/

 ※今回新たに、テレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」(7月
  23日~27日)への参加に関する項目を、応募フォーム内「基本的な事項」の中
  に、設けました。このプロジェクトに参加登録をして、ご参加いただいた場合、
  加点対象となります。

 「テレワーク・デイズ」への参加登録は、下記特設サイトで受け付けています。
  <「テレワーク・デイズ」特設サイト>
   https://teleworkdays.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス4】「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
        ~7月20日に大阪、7月26 日に東京で開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレワークは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活
用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
 
 テレワークの活用によって、さまざまな生活スタイルに応じた働き方が可能とな
り、企業の生産性の向上にもつながります。しかし、テレワークには、労務管理や
セキュリティーの確保が難しいといった課題もあります。このため、厚生労働省で
は、労務管理上の留意点、テレワーク導入事例の紹介、導入企業の体験談など、テ
レワークに必要な情報に関するセミナーを、7月20日に大阪、7月26日に東京で開
催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナー終了後には、個別ブースを設けて、労務管理面や情報通信技術面で企業
が抱える個別具体的な課題などについて、セミナー講師が直接アドバイスする「個
別相談会」を実施します。

 テレワークの導入を検討している、または導入後に課題を抱えている事業経営者、
人事・労務管理などのご担当さまは、ぜひご参加ください。

 ■セミナー内容
  ・テレワーク導入事例の紹介
  ・テレワーク導入企業の体験談紹介
  ・テレワーク実施時の労務管理上の留意点 など

 ■開催予定
  <大阪会場>
   日時:7月20日(金)13:00~15:30 ※開場12:30 
   会場:エル・おおさか(大阪府立労働センター) 大会議室6階
      (大阪府大阪市中央区北浜東3-14)
   定員:140人
 
  <東京会場>
   日時:7月26日(木)13:00~15:30 ※開場12:30
   会場:東京テレワーク推進センターセミナールーム
      (東京都文京区後楽2-3-28 K.I.S飯田橋ビル6階)
   定員:50人

【申込方法など詳細はこちら】
 厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞(テレワークセミナーのご案内)
 https://kagayakutelework.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス5】「労働契約等解説セミナー2018」の参加者募集中!(参加無料)
        ~8月から、全国47都道府県で開催します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省は、労働者や事業主、人事労務担当者などを対象に、「安心して働く」
ための労使をつなぐルールである「労働契約」に関するセミナー参加者を募集して
います。【事前申込制・参加無料】

 このセミナーでは、「労働契約法をはじめとした労働関係法令上の基礎」、「無
期転換ルール」、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に関する基本的な事
項を分かりやすく解説します。セミナー終了後には、労働時間や労働契約、無期転
換ルールに関する個別相談会を開催します。

 なお、このセミナーは、どなたでも無料でご参加いただけるので、ご関心をお持
ちの方は、ぜひご参加ください。

 ■開催地域・回数、定員
  開催地域:全国47都道府県
  開催回数:141回開催(予定)
  定員:各回先着100人~250人程度

【お申込みなど詳細はこちら】
 東京リーガルマインド
 http://partner.lec-jp.com/ti/working-time/

【お問い合わせ先】
 厚生労働省委託事業「労働契約等解説セミナー」事務局
 株式会社 東京リーガルマインド(委託先)
 電話:03(5913)6085 ※受付時間 9:00~18:00(月~金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス6】起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみま
        せんか?
        ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を行います(無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、5年以内に起業、分社、異業種への進出、初めて人を雇用する
などした事業主を対象に、労務管理や安全衛生管理などのノウハウをお伝えするセ
ミナーや個別訪問・支援などを行います。【事前申込制・無料】

【セミナー概要】
  労務管理や安全衛生管理などの基本的な知識について、専門家が分かりやすく
 解説します。また、「やさしく分かりやすく」を基本に編集・制作したテキスト
 なども無料で提供します。

【対象】
 起業・分社・異業種へ進出・初めて雇用をしてから原則5年以内の事業主。

【開催予定日程・会場(東日本)】
 北海道 7月30日(月)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 北海道 8月3日(金)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 北海道 9月19日(水)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 新潟県 7月24日(火)新潟テルサ(新潟市中央区鐘木)

【開催予定日程・会場(西日本)】
 大阪府 7月24日(火)大阪府立中央図書館ホール(東大阪市荒本北)
 兵庫県 7月31日(火)姫路労働会館(姫路市北条)
 広島県 7月20日(金)福山市ものづくり交流館(福山市西町)
 高知県 6月26日(火)高知市立中央公民館(高知市九反田)
 佐賀県 6月27日(水)佐賀県労働会館(佐賀市神野東)
 熊本県 7月27日(金)熊本商工会議所(熊本市中央区)
 宮崎県 6月28日(木)宮日会館(宮崎市高千穂通)

 東日本・西日本とも、上記以外の日程・会場での開催も予定しています。
 最新の日程・会場は、それぞれの委託先ホームページに掲載していますので、ご
確認ください。

【個別訪問・支援】
 専門家が個別に事業場を訪問し、事業主の皆さまの相談を伺いながら、それぞれ
の事情に応じた適正な就業環境整備のお手伝いを無料で行います。申し込みは随時
受け付けています。ご希望の方は、ぜひお申し込みください。

【申込方法など詳細はこちら】
 ■東日本(委託先:公益社団法人全国労働基準関係団体連合会)
  https://www.zenkiren.com/jutaku/shinki.html
  住所:東京都千代田区内神田1-12-2 三秀舎ビル6F
  電話:03(5283)1030
 
 ■西日本(委託先:ランゲート株式会社)
  http://www.langate.co.jp/shinki-kigyou/
  住所:京都市中京区泉正寺町328 西川ビル4F
  電話:075(741)7862

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス7】従業員の賃金アップと生産性の向上に取り組む事業主の皆さま、
 「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」の活用
        を検討してみませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年の4月1日、「人事評価改善等助成金」は、「人材確保等支援助成金(人事
評価改善等助成コース)」に統合しました。

 この助成金は、生産性向上のための人事評価制度と賃金制度を同時に整備するこ
とを通じて、生産性の向上や賃金アップ、離職率の低下を図る事業主に対して助成
する制度です。人材不足の解消を目指す事業主の皆さま、助成金の活用についてご
検討ください。

【助成額】
 ■制度整備助成 50万円
  ・人事評価制度等整備計画(制度の整備と賃金アップなど)の作成・提出
   →認定
  ・人事評価制度等の整備・実施(認定を受けた計画に沿った、新たな人事評価
   制度等に基づいて賃金アップの実施)

 ■目標達成助成 80万円
  ・賃金の増加、離職率の低下、生産性の向上 ほか
 
  ※上記のほかにもいくつかの要件があります。 詳しくは、お近くの都道府県
   労働局やハローワークにお問い合わせください。

【要件などの詳細はこちら】
 厚生労働省ホームページ「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199313.html

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局職業安定部雇用対策課
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/madoguchi.html
 
 ※申請する事業所を管轄する労働局にご連絡ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【厚生労働省からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ▽▼ 「グッドキャリア企業アワード2018」募集受付中です!
                      ~締切:7月31日~ ▲△

 厚生労働省は、従業員の自律的なキャリア形成支援に取り組む企業を募集し、他
の模範となる取組を行っている企業を表彰する「グッドキャリア企業アワード」を
実施します。募集締切は7月31日(火)です。
 
 表彰は、「大賞」と「イノベーション賞」の2種類あります。受賞企業は、11月
に行う表彰式で表彰されるほか、厚生労働省ホームページや「グッドキャリア企業
応援サイト」、事例集、「日経ビジネスオンライン」などで、企業名や取組事例に
ついて紹介します。また、グッドキャリア企業アワードのシンボルマークは、企業
PRなどに活用することが出来ます。

【募集対象】
  従業員の自律的なキャリア形成(職業生活設計・働き方の実現)を支援する
 ための取組を行っている企業や法人

【募集締切】
 平成30年7月31日(火)必着

【応募方法など詳細はこちら】
 グッドキャリア企業応援サイト
 http://career-award.mhlw.go.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼ 7月は「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の重点取り組み
   期間です ~屋外作業などを行う際の熱中症対策を強化しましょう~ ▲△

 職場での熱中症による死傷者数は、毎年500人前後と高止まりの状態が続いていま
す。
 厚生労働省では、現在、労働災害防止団体などと連携して職場での熱中症予防対
策の徹底を図る「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施しています。

 暑さが厳しくなる7月は重点取り組み期間です。この期間に、特に屋外で作業す
る場合は、以下の対策に取り組んでください。

1 作業環境管理
  ・通風設備やミストシャワーの設置などによるWBGT値*(暑さ指数)の低減効
   果を確認し、必要に応じて追加対策を行いましょう。

2 作業管理
  ・期間中に梅雨明けを迎える地域が多く、急激なWBGT値の上昇が想定されます。
   その場合、労働者は、熱への順化が出来ていないため、WBGT値に応じた作業
   の中断などを徹底しましょう。
  ・水分と塩分の積極的な摂取や熱中症予防管理者による摂取の確認を、徹底し
   て図りましょう。

3 健康管理
  ・当日の朝食の未摂取、睡眠不足、体調不良、前日の多量の飲酒などについて、
   作業開始前に確認を行い、巡視の頻度を増やしましょう。

4 労働衛生教育
  ・7月は熱中症のリスクが高まっていることを含め、熱中症の予防や緊急時の
   対応について重点的な教育を行いましょう。

5 異常時の措置
  ・労働者の体調に異常が認められたときは、ためらわず救急隊を要請しましょう。

*WBGT値とは
 気温に加え、湿度、風速、輻射(放射)熱を考慮した暑熱環境によるストレス評価
 を行う暑さの指数。熱中症の危険性を評価するために有効とされています。

【詳細はこちら】
 STOP!熱中症 クールワークキャンペーン
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116133.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼ 中小企業の皆さま!人手不足対策のために女性の活躍推進に取り組んで
     みませんか?~優秀な人材の確保や職場定着につなげましょう~ ▲△

 厚生労働省では、中小企業の女性の活躍を推進する取組を支援しています。中小
企業の事業主、人事労務担当者の皆さま、人材確保や業績向上のために、女性社員
の活躍を後押ししてみませんか。

【説明会・シンポジウムの開催】
  従業員数300人以下の中小企業の事業主、人事労務担当者向けに、女性活躍推進
 法の概要、企業の課題分析や行動計画策定、「えるぼし」認定取得などのポイン
 トなどについて分かりやすく説明します。
 
  説明会、シンポジウムは、全国47都道府県で開催しています。今後の実施日程
 については、「中小企業のための女性活躍サポートサイト」をご確認ください。
【事前申込制・参加無料】

【7~8月開催の説明会・シンポジウム日程・会場】
 新潟県 8月8日(水)  新潟ユニゾンプラザ(新潟市中央区)
 埼玉県 7月26日(木)  大宮ソニックシティ(さいたま市大宮区)
 東京都 7月19日(木)  女性就業支援センター(東京都港区)
 神奈川県 8月9日(木) ビジョンセンター横浜(横浜市西区)
 愛知県 8月28日(火)  愛知県産業労働センター ※ウインクあいち
                          (名古屋市中村区)
 
 ※各会場とも14:00~16:00の開催

【メール相談、企業個別訪問支援】
  女性活躍推進分野での企業支援の専門家である「女性活躍推進アドバイザー」
 が、御社の女性活躍の状況(採用・就業継続・管理職割合など)の把握や、課題
 分析、達成すべき目標の設定などについて、メールや訪問などにより、個別にき
 め細かにアドバイスします。【無料】

  女性の活躍に向けた取組が進んでいない、取り組み方が分からない、「えるぼ
 し」認定取得を考えているなどの中小企業の事業主、人事労務担当者の皆さま、
 ぜひご相談ください。

 ■メール相談
  https://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/contact/mail.html

 ■企業個別訪問支援
  https://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/contact/regular.html

【詳細はこちら】
 中小企業のための女性活躍推進サポートサイト
 http://www.josei-suishin.mhlw.go.jp/index.html

【お問い合わせ先】
 一般財団法人女性労働協会(委託先)
 女性活躍推進センター 東京事務局
 電話:03(3456)4412 ※受付時間 9:00~17:30(月~金)
 Email: suishin@jaaww.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ▽▼ パワハラ対策取組支援セミナーを開催します ▲△

 厚生労働省では、今年度も企業などがパワーハラスメント(以下、パワハラ)予
防・解決の取組を進める上で役立つ「パワハラ対策取組支援セミナー」を、全国47
都道府県で開催します。

 このセミナーでは、パワハラ対策の必要性は分かるが、どう取り組めばいいのか
分からないといった事業主や企業のご担当者さまのために、厚生労働省が作成した
『パワーハラスメント対策導入マニュアル』を活用して、具体的なノウハウをお伝
えします。【事前申込制・参加無料】
 
【セミナー内容】
 ■講演
  『パワーハラスメント対策導入マニュアル』の活用方法、実際に対策に取り組
  んでいる企業の事例紹介に加え、パワハラ関係の裁判例なども解説します。

 ■グループワーク
  パワハラ対策の体制構築のためのワークシートに基づいて作業を行った上で、
  グループ討議を実施し、パワハラ対策の具体的な取組方法を理解していただき
  ます。

【今後の開催予定】
 青森 7月30日(月)青森県観光物産館アスパム(青森市安方)
 秋田 8月29日(水)秋田県JAビル(秋田市八橋)
 岩手 8月30日(木)いわて県民情報交流センター(盛岡市盛岡駅)
 富山 8月9日(木) 富山県総合福祉会館サンシップとやま(富山市 安住町)
 栃木 7月11日(水)栃木県総合文化センター(宇都宮市本町)
 長野 8月8日(水) 長野市生涯学習センター(長野市鶴賀問御所町)
 京都 8月31日(金)京都テルサ(京都市南区)
 香川 8月23日(木)高松商工会議所(高松市番町)
 愛媛 8月22日(水)愛媛県男女共同参画センター(松山市山越町)
 山口 7月17日(火)山口県国際総合センター・海峡メッセ下関(下関市豊前田町)

【申込方法や開催日程など詳細はこちら】
 https://pawahara-seminar.jiwe.or.jp/events/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▽▼ 広報誌『厚生労働』7月号発売中! ▲△

 毎月1日発行の広報誌『厚生労働』は、厚生労働省の施策などを分かりやすく解
説・紹介しています。7月号では「治療と仕事の両立」の特集を掲載しています。

■特集
 『3人に1人が病気を持ちながら働いています「治療と仕事の両立」を実現しよ
  う』
 
  現在、日本の労働人口の約3人に1人が、何らかの疾患を抱えながら働いてい
 ます。病気を抱えた方も、誰もが生きがいを持って、その能力を最大限に発揮で
 きる社会を実現するため、治療と仕事の両立をする上での国のさまざまな支援策
 や、企業・医療機関・支援機関ができることなどを紹介しています。
 
  このほか、「未来を拓く働き方」では、独自のファミリー転勤制度やジョブリ
 ターン制度を導入した大同生命保険株式会社の先進的な取組を紹介しています。
  
  また、「イクメン企業アワード・イクボスアワード」や「テレワーク・デイズ」
 の募集、各種統計調査のお知らせなど、人事労務をご担当されている方にご覧い
 ただきたい情報も掲載しています。

【詳細はこちら】
 http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/about.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ▽▼ 現在の雇用失業情勢 ▲△

 6月29日に公表された5月の完全失業率は、2.2%と前月に比べ0.3ポイントの低
下、有効求人倍率は、1.60倍と前月に比べ0.01ポイント上昇となりました。
 現在の雇用情勢は、着実に改善が進む中、求人が求職を大幅に上回って推移して
いる状況にあります。

【労働力調査(総務省)】
 http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201805.pdf
 (PDF:374KB)
【一般職業紹介状況】
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893.html

2018/11/06

【特集第149号】第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の事例集と受賞企業のインタビュー動画を紹介します ほか(厚労省人事労務マガジン)

==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第149号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の事例集と受賞企業のインタ
ビュー動画を紹介します
●「イクメン企業アワード2018」「イクボスアワード2018」応募受付中!
 ~対外的にイクメンを応援する「理解促進部門」を新設 締切:7月27日~
●中央労働委員会「労使関係セミナー」(関東地区)の参加者募集中!
 ~7月27日開催(参加無料)~
●起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみませんか?
 ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を行います(無料)~
●看護・介護者向け「腰痛予防講習会」を開催します
 ~7月から1月にかけて47都道府県で開催(参加無料)~
●「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」を開催します
 ~7月から12月にかけて47都道府県で開催(参加無料)~
●「人事労務担当者向け 職場のハラスメント対策セミナー」を7月から開催
 ~専門家を無料で派遣する社内研修/取組アドバイスも実施(無料)~
●「均等・両立推進企業表彰」の応募受付中! ~締切:7月31日~
●事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関する
 セミナーに参加しませんか?~7月17日と18日に大阪で開催(参加無料)~
●生産性向上と雇用管理改善に取り組む事業主の皆さま、「人材確保等支援助成金
 (設備改善等支援コース)」の活用を検討してみませんか?
●「両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)」の活用を検討してみませんか?
 ~育児や介護などが理由による離職者を再雇用する企業を支援します~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の事例集と受賞企業のインタビ
             ュー動画を紹介します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、労働生産性の向上と雇用確保・雇用環境の改善を両立する企業
や職場の優れた取組事例を収集し、広く啓発普及しています。
 
 平成29年度に実施した、第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の受
賞企業の雇用管理改善に向けた取り組み事例集と、受賞企業のうち3社のインタビ
ュー動画をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 また、「働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト」では、雇用管理
改善に取り組む企業が活用できるツール、各種助成金、表彰の案内などを行ってい
ますので、ぜひご活用ください。

【第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」事例集】
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000203092.pdf

【最優秀賞(厚生労働大臣賞)受賞企業インタビュー動画】
 https://youtu.be/4ThqXHDEtjw

【優秀賞(職業安定局長賞)受賞企業インタビュー動画】
 https://youtu.be/Aek-SYfmvAc

【キラリと光る取り組み賞(職業安定局長賞)受賞企業インタビュー動画】
 https://youtu.be/JAoXRbxq0Vs

【働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト】
 http://koyoukanri.mhlw.go.jp/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「イクメン企業アワード2018」「イクボスアワード2018」応募受付中!
  ~対外的にイクメンを応援する「理解促進部門」を新設 締切:7月27日~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、男性の育児と仕事の両立を推進する「イクメンプロジェクト」
の一環として、「イクメン企業アワード」と「イクボスアワード」を、今年度も実
施します。

 「イクメン企業アワード」では、男性の育児と仕事の両立を積極的に促進する企
業・団体を表彰します。「両立支援部門」では、昨年度と同様、男性従業員の育児
と仕事の両立を推進し、業務改善を図る企業を表彰します。今回新たに加わった
「理解促進部門」では、男性が家事や育児に積極的・日常的に参画することを促す
企業の対外的な活動を表彰します。

 「イクボスアワード」では、部下の育児と仕事の両立を支援する管理職=「イク
ボス」(男女不問)を、企業・団体からの推薦によって募集し、表彰します。

 受賞企業や受賞された方の取組は、ロールモデルとしてを厚生労働省のホームペ
ージや広報誌などで紹介します。この活動を広く普及させていくことで、厚生労働
省は、企業における育児と仕事の両立支援を推進し、男性労働者の育児休業の取得
促進などに役立てていきます。

 応募締切は7月27日(金)です。皆さまからのご応募をお待ちしています。全国
の中小企業の皆さまからのご応募も歓迎します。

【詳細はこちら】
 イクメンプロジェクト公式サイト
 ■募集チラシ、応募要件、応募方法、応募書類など
  https://ikumen-project.mhlw.go.jp/
  ※イクメン企業アワードの募集チラシには、過去受賞中小企業の声を掲載して
   います。

 ■これまでの受賞企業・受賞者の取組
  https://ikumen-project.mhlw.go.jp/company/case/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   中央労働委員会「労使関係セミナー」(関東地区)の参加者募集中!
            ~7月27日開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央労働委員会では、企業の人事労務担当者や労働組合の役職員などを対象に、
「労使関係セミナー」を開催しています。現在、7月27日に東京で開催するセミナ
ー受講者を募集しています。【事前申込制・参加無料】
 このセミナーは、労働紛争に関する制度と、紛争の解決をサポートする機関であ
る「労働委員会」について、労使関係者の認識を深めることを目的としています。
 
 プログラム第1部の基調講演では、「職場のパワーハラスメントの防止対策を考
える -厚労省・防止対策検討会報告書を中心に-」と題して、専門的な視点を交
えてお話しします。第2部では、公益・労働者・使用者委員の三者による「紛争解
決事例の検討」をテーマに、パネルディスカッションを行います。
 
 今後、各地で順次開催していきますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時】
 7月27日(金)13:30~16:30
【場所】
 ベルサール神保町アネックス(東京都千代田区神田神保町2-36-1 住友不動産
               千代田ファーストウィング1階)
【募集定員】
 300人

【申込方法など詳細はこちら】
 中央労働委員会ホームページ
 http://www.mhlw.go.jp/churoi/roushi/index.html

 
※参加希望の方は、「開催案内・受講申込書」に必要事項を記入の上、FAXでお申し
 込み下さい。

【お問い合わせ】
 関東地区:中央労働委員会事務局 調整第一課 大和久
      電話 03(5403)2125 FAX 03(5403)2262

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  起業などをした事業主の皆さま、職場の就業環境を見直してみませんか?
    ~専門家によるセミナーや個別訪問・支援を実施します(無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、5年以内に起業、分社、異業種への進出、初めて人を雇用する
などした事業主を対象に、労務管理や安全衛生管理などのノウハウをお伝えするセ
ミナーや個別訪問・支援などを行います。【事前申込制・無料】

【セミナー概要】
 労務管理や安全衛生管理などの基本的な知識について、専門家が分かりやすく解
 説します。また、「やさしく分かりやすく」を基本に編集・制作されたテキスト
 なども無料で提供します。

【対象】
 起業・分社・異業種へ進出・初めて雇用をしてから原則5年以内の事業主。

【開催予定日程・会場(東日本)】
 北海道 7月30日(月)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 北海道 8月3日(金)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 北海道 9月19日(水)札幌エルプラザ 4階 中研修室(札幌市北区)
 新潟県 7月24日(火)新潟テルサ(新潟市中央区鐘木)

【開催予定日程・会場(西日本)】
 大阪府 7月24日(火)大阪府立中央図書館ホール(東大阪市荒本北)
 兵庫県 7月31日(火)姫路労働会館     (姫路市北条)
 広島県 7月20日(金)福山市ものづくり交流館(福山市西町)
 高知県 6月26日(火)高知市立中央公民館  (高知市九反田)
 佐賀県 6月27日(水)佐賀県労働会館    (佐賀市神野東)
 熊本県 7月27日(金)熊本商工会議所    (熊本市中央区)
 宮崎県 6月28日(木)宮日会館       (宮崎市高千穂通)

東日本・西日本とも、上記以外の日程・会場での開催も予定しています。
最新の日程・会場は、それぞれの委託先ホームページに掲載していますので、ご確
認ください。

【個別訪問・支援】
  専門家が個別に事業場を訪問し、事業主の皆さまの相談を伺いながら、それぞ
れの事情に応じた適正な就業環境整備のお手伝いを無料で行います。
 申し込みは随時受け付けています。ご希望の方は、ぜひお申し込みください。

【申込方法など詳細はこちら】
 ■東日本(委託先:公益社団法人全国労働基準関係団体連合会)
  https://www.zenkiren.com/jutaku/shinki.html
  住所 東京都千代田区内神田1-12-2 三秀舎ビル6F
  電話 03(5283)1030
 
 ■西日本(委託先:ランゲート株式会社)
  http://www.langate.co.jp/shinki-kigyou/
  住所 京都市中京区泉正寺町328西川ビル4F
  電話 075(741)7862

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       看護・介護者向け「腰痛予防講習会」を開催します
      ~7月から1月にかけて47都道府県で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 看護・介護の現場では腰痛災害が多く発生しており、その予防対策が重要な課題
となっています。
 そこで、厚生労働省では、主に看護・介護など保健衛生業に携わる方向けの「腰
痛予防対策講習会」を、7月から1月にかけて全国47都道府県で開催します。【事
前申込制・参加無料】

 講習会では、腰痛予防対策指針をイラストなどにより分かりやすく解説したテキ
ストなどを用いて、「装着型ロボット」を用いた好事例の紹介や、「介護用福祉機
器」を用いた実技、腰痛予防体操の講習などを行います。

 また、これまで腰痛予防対策の取組を行っていなかった事業場でも対策に取り組
めるよう工夫した内容となっていますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

【お申し込み・日程・会場などの詳細はこちら】
 中央労働災害防止協会ホームページ(委託先)
 http://www.jisha.or.jp/seminar/health/h3700_youtsu.html

 ※定員60名程度。各会場とも先着順です
 ※定員になり次第締切とさせていただきます
 ※一施設より5名までのお申込みとさせていただきます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「管理職向け 職場のハラスメント対策セミナー」を開催します
      ~7月から12月にかけて47都道府県で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、妊娠・出産などに関するハラスメント(いわゆるマタハラ)や
セクシュアルハラスメントなどの防止対策について、現場の管理職向けのセミナー
を、7月から12月にかけて全国47都道府県で開催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナーでは、前半に講義、後半にグループワークを行って、職場のハラスメン
トに対して、理解をより深められる内容です。

【セミナー内容】
 ■講義
  セクシュアルハラスメントや妊娠・出産などに関するハラスメントとはどのよ
  うなものか、それらのハラスメントを起こさない職場作りのポイントや、部下
  などから相談を受けた場合の対応方法などについて解説します。また、パワー
ハラスメントについても紹介します。

 ■グループワーク
  講義内容を踏まえ、セクシュアルハラスメント・妊娠・出産などに関するハラ
  スメント事例によるグループワークを行うことで、セクシュアルハラスメント、
  妊娠・出産などに関するハラスメントとは何か、予防のポイント、相談対応に
  ついて理解を深めていただきます。

【開催予定】
北海道 10月10日(水)
青森 9月26日(水)
秋田 9月28日(金)   
岩手 9月27日(木)
山形 8月1日(水)
宮城 8月2日(木)
福島 7月31日(火)   
茨城 9月19日(水)
栃木 11月20日(火)   
群馬 9月12日(水)
埼玉 10月11日(木)   
千葉 10月26日(金)
東京1 7月18日(水)    
東京2 11月22日(木)
神奈川 7月20日(金)   
新潟 9月11日(火)
富山 10月4日(木)  
石川 10月3日(水)
福井 10月2日(火)   
山梨 9月20日(木)
長野 9月13日(木)   
岐阜 11月1日(木)
静岡 10月23日(火)   
愛知1 7月24日(火)
愛知2 10月24日(水)   
三重 10月25日(木)
滋賀 10月31日(水)   
京都 10月30日(火)
大阪1 7月25日(水)   
大阪2 10月16日(火)
兵庫 11月6日(火)   
奈良 10月17日(水)
和歌山 10月18日(木)  
鳥取 10月24日(水)
島根 10月23日(火)   
岡山 11月7日(水)
広島 12月13日(木)   
山口 12月12日(水)
徳島 11月27日(火)   
香川 11月28日(水)
愛媛 11月8日(木)   
高知 11月29日(木)
福岡 12月4日(火)   
佐賀 12月5日(水)
長崎 12月6日(木)   
熊本 11月15日(木)
大分 12月11日(火)   
宮崎 11月13日(火)
鹿児島 11月14日(水)   
沖縄 12月18日(火)

【申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/201806kanri.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「人事労務担当者向け 職場のハラスメント対策セミナー」を7月から開催
~専門家を派遣する社内研修/取組アドバイスも実施(無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、企業の人事労務担当者向けに、セクシュアルハラスメント(セ
クハラ)、職場における妊娠・出産などに関するハラスメント(いわゆるマタハラ)、
などの防止対策や相談対応について解説するセミナーを、7月から11月にかけて東
京と大阪で開催します。【事前申込制・参加無料】

 セミナーでは講義だけでなく、ケーススタディや、ハラスメントの取組に関する
専門家による簡易相談や助言も行うので、より理解しやすい内容となっています。

 セミナーの受講後、日を改めて、講師などが各受講者の企業を訪問し、社内向け
研修会または職場のハラスメント対策などに関するアドバイスを無料で行います。

1 人事労務担当者向け 職場のハラスメント対策セミナー
 【開催日】: [東京] ①7月12日(木)、②9月7日(金)、③9月21日(金)、
            ④10月12日(金)、⑤11月2日(金)
[大阪] ①7月26日(木)、②10月19日(金)

【会場】 : [東京] 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
 (千代田区大手町1-5-1)
        [大阪] ①新大阪丸ビル別館(大阪市東淀川区東中島1-18-22)
            ②アットビジネスセンター大阪梅田(大阪市北区曽根崎
             新地2-2-16)

【定員】 : 各回10~15名(1社1名まで。定員になり次第受付終了)

【内容】 : (1) 講義(妊娠・出産などに関するハラスメント・セクハラの基礎
知識と対策(ケーススタディを含む))
       (2) ハラスメントの取組に関する専門家による簡易相談・助言

2-1 講師派遣による社内研修
   上記1.のセミナー講師などが企業を個別に訪問し、社内向けのセクハラ、
  妊娠・出産などに関するハラスメント等防止研修を実施します。

 ■実施対象:原則として上記1.の人事労務担当者向けセミナーに参加した企業
 ■実施期間:2018年7月~2019年2月頃(個別に調整)
 ■受講対象:従業員向け/管理職向け/人事部門向け など

2-2 個別企業訪問による取組アドバイス
   上記1.のセミナー講師などが企業を訪問し、セクハラ、妊娠・出産などに
  関するハラスメント等の防止対策、相談対応に関するアドバイスを行います。

 ■実施対象:原則として上記1.の人事労務担当者向けセミナーに参加した企業
 ■実施期間:2018年7月~2019年2月頃(個別に調整)
 ■支援内容:
  ○上記1.のセミナーでの簡易相談・助言の続き
  (※1.のセミナーに参加された企業のみ)
  ○セクハラ、妊娠・出産などに関するハラスメントの防止対策や相談対応の手
   順などに関するアドバイス など

  注)実際に発生しているセクハラ事案、妊娠・出産などに関するハラスメント
    事案については、個別の対応は行いません。あらかじめご了承ください。

【申込方法など詳細はこちら】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/201806jinji.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        「均等・両立推進企業表彰」の応募受付中!
              ~締切:7月31日~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、職場での女性の能力発揮を促進するための積極的な取組(ポジ
ティブ・アクション)や、仕事と育児・介護との両立を支援するための取組を行い、
他の模範となるような企業を表彰しています。
 
 平成30年度「均等・両立推進企業表彰」では、厚生労働大臣最優良賞、厚生労働
大臣優良賞均等推進企業部門、厚生労働大臣優良賞ファミリー・フレンドリー企業
部門の候補企業を現在募集しています。応募締切は7月31日(火)です。
 日頃の取組をアピールするチャンスですので、ぜひご応募ください。

【応募資格、応募方法、表彰基準など詳細はこちら】
 女性の活躍・両立支援総合サイト 均等・両立推進企業表彰
http://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/award/

※郵送による応募の場合は当日消印有効

【お問い合わせ先】
 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(委託先)
 「均等・両立推進企業表彰」事務局
 担当  坪井・藤井
 電話  03(5288)6582(月~金曜日9:30~17:30 ※土・日・祝日は除く)
 E-mail environment@tokiorisk.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事業主・人事労務担当の皆さま、従業員の育休復帰支援や介護離職防止に関する
 セミナーに参加しませんか?~7月17日と18日に大阪で開催(参加無料)~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、事業主や人事労務担当者を対象に、「中小企業のための育休復
帰支援セミナー~従業員の育休を応援し、人材の確保を~」と、「介護離職ゼロに
向けて~仕事と介護の両立支援セミナー~」を、全国で開催しています。【事前申
込制・参加無料】

 セミナーでは、円滑な育児休業・介護休業の取得から職場復帰後までを支援する
方法について、事例を交えて紹介します。また、セミナー後には希望者を対象に個
別相談会を実施します。

 7月は、17日(仕事と介護の両立支援セミナー)と18日(育児復帰支援セミナー)
を、大阪のナレッジキャピタル カンファレンスルームB05で開催します。従業員の
産休・育休取得や仕事と介護の両立支援についてお考えの事業主、人事労務担当の
皆さま、ぜひご参加ください。!

【申込方法など詳細はこちら】
 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業
 http://ikuji-kaigo.com/

 ☆育児・介護プランナーによる、「育休復帰支援プラン」「介護支援プラン」を
  用いた訪問支援の予約は随時受け付けています。(無料)

 ☆訪問支援の流れを動画でご覧になれます。
  育児プランナーによる支援はこちら ⇒ 
  http://ikuji-kaigo.com/lp/ikuji
  介護プランナーによる支援はこちら ⇒
  http://ikuji-kaigo.com/lp/kaigo 
  職場における、仕事と介護の両立支援に関する動画はこちら ⇒
  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問い合わせ先】
 株式会社パソナ(委託先)
 育児・介護支援プロジェクト事務局
 電話      03(5542)1740(受付時間 平日9:00~17:30)
 メールアドレス iku-pla@pasona.co.jp
 ホームページ  http://ikuji-kaigo.com/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生産性向上と雇用管理改善に取り組む事業主の皆さま、「人材確保等支援助成金
    (設備改善等支援コース)」の活用を検討してみませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、平成30年4月1日に「人材確保等支援助成金(設備改善等支援
コース)」を創設しました。この助成金は、生産性向上に役立つ設備などへの投資
を通じて、生産性向上、雇用管理改善(賃金アップ等)を図る事業主の方へ助成し
ます。事業主の皆さま、助成金の活用についてご検討ください。

【助成を受けるためには】
  雇用管理改善計画(生産性向上に役立つ設備などを導入すること、雇用管理改
 善に取り組むことなど)を作成します。そして、都道府県労働局の認定を受けて、
 計画に基づく設備などの導入、賃金アップなどを行うことが必要です。

【助成額などの詳細はこちら】
 厚生労働省ホームページ「人材確保等支援助成金(設備改善等支援コース)」
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000212927.pdf

【お問い合わせ先】
 都道府県労働局職業安定部雇用対策課
 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/madoguchi.html
 
※申請する事業所を管轄する労働局にご連絡ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)」の活用を検討してみませんか?
    ~育児や介護などによる離職者を再雇用する企業を支援します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 子育てなどにより離職した方の復職を推進するため、再雇用制度を導入して、復
職希望者を再雇用した企業を支援する「両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コー
ス)」を支給しています。例えば、10年以上前に離職された方を再雇用した場合で
も対象となりますので、ぜひこの制度をご活用ください。

【支給の要件】
 次の①、②両方の要件を満たすことが必要です。
 ① 妊娠、出産、育児、介護を理由とした退職者について、退職前の勤務実績な
  どを評価し、処遇の決定に反映させることを明記した再雇用制度を導入するこ
  と。
 ② 上記制度に基づき、離職後1年以上経過している対象者を再雇用し、無期雇
  用者として6か月以上継続雇用すること。

【支給額】
 ・再雇用1人目:中小企業38万円<48万円>
  (中小企業以外:28.5万円<36万円>)
 ・再雇用2~5人目:中小企業28.5万円<36万円>
  (中小企業以外:19万円<24万円>)

  ※上記の額が、継続雇用6か月後・継続雇用1年後の2回に分けて半額ずつ支
   給されます。
  ※< >内の金額は、生産性要件を満たした場合の支給額です。詳しくは厚生
   労働省のホームページ「労働生産性を向上させた事業所は労働関係助成金が
   割増されます」を参照ください。
   http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137393.html

【助成額などの詳細はこちら】
 厚生労働省 事業主の方への給付金のご案内
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html

【問い合わせ先】
 厚生労働省 都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧
 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/

 ※最寄りの都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へお問い合わせください

12

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。