TOP > Q&A > 採用 > 人を採用する時に契約書って必要なの?to English page
メニュー

電話番号:0120-544-610

よくあるご質問Q&A

人を採用する時に契約書って必要なの?

A

労働契約は企業と労働者の合意があれば効力が発生するため、口頭の合意でも成立します。
しかし、契約内容を明確化し、事後のトラブルを防止するためにも、労使合意内容を契約書にしておくことが重要です。

また、労働条件については、労働基準法15条により、企業が労働者を採用するときは、賃金、労働時間その他の労働条件を書面などで明示する必要があります。具体的な明示方法としては、就業規則の交付でも足りますが、個別の労働条件を記載した労働条件通知書の交付が一般的です。

これは、正規従業員だけでなく、アルバイトやパートタイマーなど雇用形態の種類を問わず、全ての労働者に対して必要なものです。
厚生労働省のホームページから、常用・有期雇用型・日雇型のそれぞれの労働条件通知書様式をダウンロードすることができますので、ご活用ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken01/index.html

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。

ご予約・お問合わせ

ご相談のご予約・お問合わせなど、お気軽にお問い合わせください。
※返信はお電話のみとさせていただきます。


個人情報の取扱いについて
ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および、セミナー参加等の確認のためのみに利用します。また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。