TOP > Q&A > 勤務時間・休暇・休日 > 36協定ってなんですか?
メニュー

電話番号:0120-544-610

よくあるご質問Q&A

36協定ってなんですか?

A

労働基準法第32条では、「1日8時間、1週40時間を超えて労働させてはならない」と、定められています。

この除外規定として労働基準法第36条があり、時間外・休日労働に関する労使協定を所轄労働基準監督署長への届出ることにより、労働時間の適用を除外することを定めています。
この労使協定は、条文名から通称36(サブロク)協定と呼ばれています。

この36協定を締結する当事者としては、使用者と労働者の過半数で組織される労働組合があるときはその労働組合、ない場合は労働者の過半数の代表者(過半数代表の決め方は挙手、選挙等。)となります。
この協定を事業所の所在地を管轄する労働基準監督署へ届けることなく、時間外・休日労働を行った場合、労働基準法違反となります。また、この協定は監督署に届け出て初めて効力が生じるため、時間外・休日労働を行わせる場合、時間外労働等を行わせる前(協定の有効期間が始まる前)に、必ず、届け出る必要があります。

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。

ご予約・お問合わせ

ご相談のご予約・お問合わせなど、お気軽にお問い合わせください。
※返信はお電話のみとさせていただきます。


プライバシーポリシーについて