TOP > Q&A > 勤務時間・休暇・休日 > 残業代の計算方法って合っているかな?
メニュー

電話番号:0120-544-610

よくあるご質問Q&A

残業代の計算方法って合っているかな?

A

原則として、企業は法律上、労働者に時間外(休憩時間を除いて1日8時間、1週40時間を超える労働時間)、深夜(午後10時~午前5時)に労働をさせた場合は2割5分以上、法定休日に労働させた場合は、3割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。

例えば、所定労働時間が8時間で、10:00~23:00(休憩60分)まで勤務した場合、19:00~22:00までは、2割5分以上、22:00~23:00は5割以上の割増賃金を支払わなければいけない計算になります。
また、時間外労働が1か月について60時間を超えた場合は、5割以上の割増賃金を支払わなければなりません(中小企業については当分の間適用が猶予されています)。

給与規程や賃金規程で残業代の計算方法を確認し、その方法が法律上問題ないかをチェックしてみましょう。また、割増賃金の単価についても、計算方法が正しいか、センターへご相談いただくことも可能です。

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。

ご予約・お問合わせ

ご相談のご予約・お問合わせなど、お気軽にお問い合わせください。
※返信はお電話のみとさせていただきます。


プライバシーポリシーについて