TOP > Ⅵ 就業規則の変更

Ⅵ 就業規則の変更

Ⅵ 就業規則の変更

 就業規則の作成・変更の手続きについては、使用者に対して義務付けられています(Ⅱ就業規則の作成義務)。

 就業規則を変更する場合は、労基法第 89 条と第 90 条の規定するところにより、労働者(過半数労働組合又は過半数労働者の代表)の意見を聴いた上で、使用者がその責任で行うべきこととされています。

 就業規則の変更は、労働条件を変更した際に行うことが多く、特に労働者の不利益となる労働条件の変更を行う場合は、その変更の有効無効が問題となることがあります。

 この点については「第3章 労働契約」をご参照ください。

 pdf 【 就業規則(変更)届,意見書 】 

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

TEL:052-563-5261
受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら 愛知県内における新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、拡大防止のため、一時、来所をご遠慮いただき、お電話での相談とさせていただきます。