TOP > セミナー開催情報

セミナー開催情報

開催日
セミナー情報
会場
講師
定員
2021年8月27日
(金)NEW
ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
《Part.1》
出向を命じるために必要なことは?
出向命令が濫用と評価される場合とは?
(内田 健一郎 弁護士)
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、事業の一時的な減少などを行う企業が、人手不足な企業との間で「在籍型出向」を活用して従業員の雇用維持を図る取り組みが注目されています。このような取り組みを踏まえ、出向についての理解を深められるよう、改めて出向の基本的事項と問題事例を分かりやすく解説します。
 

[項目]
・出向が命令できる根拠とは
・出向の命令が濫用と評価される具体例
・出向と労働者供給の関係について
 

《Part.2》
定年は70歳に引きあげないといけないの?
高年齢者を雇用するために事業主が講ずべき措置は何?
(石川 美和 特定社会保険労務士)
少子高齢化が急速に進行し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある誰もが年齢に関係なくその能力を十分に発揮できるよう、令和3年4月1日に改正高年齢者雇用安定法が施行されました。この改正により、70歳までの就業機会の確保について、多様な選択肢を法制度上整え、事業主としていずれかの措置を制度化する努力義務が新設されました。この講義では、高年齢者の労務管理のポイントを詳しく解説します。
 

[項目]
・高年齢者就業確保として事業主が講ずべき措置とは
・高年齢者雇用安定法改正に伴う就業規則の見直しポイント
 

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
内田 健一郎 弁護士
石川 美和 特定社会保険労務士
100

過去のセミナー

開催日
セミナー情報
会場
講師
定員
2021年7月20日
(火)
210616_A4_1_表裏-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
《Part.1》
いま改めて確認しておきたい「同一労働同一賃金」
(大嶽 達哉 弁護士)
近時、同一労働同一賃金が問題となった重要な判決が数多く出されました。同一労働同一賃金の法改正も施行されています。
こうした状況を背景として、労務管理において、実際の労働条件に同一労働同一賃金を当てはめていくとなると、悩ましい場面に多く出会うのではないでしょうか。このセミナーでは、同一労働同一賃金の実際の権利関係としてどういう点に注意すればよいかについて、わかりやすく解説します。
 

[項目]
・同一労働同一賃金が問題となった近時の判例外観
・労働契約法における労働条件の設定
・同一労働同一賃金であると判断するポイント
 

《Part.2》
同一労働同一賃金導入に向けた実務上のポイント
(山下 裕子 社会保険労務士)
パートタイム・有期雇用労働法の改正による同一労働同一賃金は、大企業は2020年4月1日から、中小企業は2021年4月1日から施行されました。企業としては、雇用形態の異なる従業員の待遇に不合理な差が無いよう、賃金をはじめとするあらゆる待遇について対応しなければなりません。本セミナーでは、同一労働同一賃金に向けてどのように取り組みを進めていくのか、実務上のポイントと留意点を分かりやすく説明します。
 

[項目]
・同一労働同一賃金の意味と企業の取組事例
・自社の現状の点検方法
・同一労働同一賃金に向けた取り組みの手順
・就業規則の変更等における注意点
 

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
大嶽 達哉 弁護士
山下 裕子 社会保険労務士
100
2021年6月17日
(木)
210519_A4_1_表裏-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
「懲戒処分」について専門家が解説します!

《Part.1》
懲戒処分の基本事項と気になるところ
(内田 健一郎 弁護士)

・懲戒処分が無効となる場合とは?
・懲戒処分の結果を社内で公表することに問題はない?
・懲戒処分の理由は後から追加してよいか?

[項目]
・懲戒処分の基本事項
・懲戒処分によくある疑問
・懲戒処分に関する裁判例


《Part.2》
懲戒について~実務上の留意点~
(鷲野 裕子 特定社会保険労務士)

・遅刻を繰り返す社員に対してどうすればよい?
・始末書とは?
・どんな規定例があるの?

[項目]
1.懲戒とは
2.対象事由
3.種類
4.手続きと就業規則例

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
内田 健一郎 弁護士
鷲野 裕子 特定社会保険労務士
100
2021年5月20日
(木)
210422_A4_2_表裏-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
「職業選択の自由と競業避止義務」、「競業避止義務の考え方と対応策」について専門家が解説します!

《Part.1》
職業選択の自由と競業避止義務
(大嶽 達哉 弁護士)

・「競業」というのはそもそもなんだろう?
・職業選択の自由とは?
・競業避止義務の範囲はどこまで?

[項目]
・競業避止義務の意義
・労働者が競業避止義務を負う場合
・競業避止義務の範囲


《Part.2》
競業避止義務~考え方の指針と対応策~
(宮田 雅史 特定社会保険労務士)

・そもそも競業避止義務って何?
・競業避止義務特約の有効性とは?

[項目]
1.競業避止義務とは
2.雇用の流動化、柔軟な働き方
3.競業行為規制のための対応指針

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
大嶽 達哉 弁護士
宮田 雅史 特定社会保険労務士
100
2021年4月23日
(金)
210310_A4_1_表裏-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
「雇用ルールのエッセンス」と「労働契約のルール」について専門家が解説します!

《Part.1》
理解しておきたい雇用ルールのエッセンス~雇用指針を踏まえて~
(内田 健一郎 弁護士)

・雇用ルール全般の基本を理解したい。
・起業に備え最低限理解すべき雇用ルールを知っておきたい。

[項目]
・雇用指針を踏まえた雇用ルール全般の解説


《Part.2》
創業者として知っておくべき「労働契約」のルール
(武 譲二 特定社会保険労務士)

・労働契約って、どのような契約?
・契約するときに留意すべきことは?

[項目]
1,労働契約とは、どのような契約か
2,労働契約の成立要件
3,労働者を募集・採用する際のルール
4,労働契約締結時におけるルール
5,労働者雇い入れ後のルール

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
内田 健一郎 弁護士
武 譲二 特定社会保険労務士
100
2021年3月18日
(木)
210224_A4_1_表裏-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoomビデオウェビナー】|愛知県
「パワーハラスメント対策」と「職場の安全配慮義務」について専門家が解説します!

《Part.1》
パワーハラスメント対策についての留意点
(馬場 三紀子 特定社会保険労務士)

・そもそもパワハラに当たる言動って何?
・ハラスメント対策ってどうしたらいいの?
・テレワークでのパワハラとは?

[項目]
・事業主が講ずべき雇用管理上の措置等
・パワーハラスメントとメンタルヘルスの問題


《Part.2》
職場の安全配慮義務
(大嶽 達哉 弁護士)

・安全配慮義務はどんなときに問題になるの?
・パワハラと安全配慮義務は関係あるの?
・労災給付の手続をしても安全配慮義務が問題になるの?

[項目]
・安全配慮義務とは
・パワハラ、セクハラ事例における安全配慮義務
・労災給付と安全配慮義務の関係

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
馬場 三紀子 特定社会保険労務士
大嶽 達哉 弁護士
100
2021年2月26日
(金)
210108_A4_1-01ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【Zoom特別版】|愛知県
近時の最高裁判決を踏まえて非正規社員の賃金をどうするか
(宮澤 俊夫 弁護士)

・契約社員には退職金は支払わなくてもいいの?
・アルバイトには賞与の支払いはいらない?
・病気休暇はパートにも同じように与えなければいけないの?
・住宅手当はパートにも支払うの?

同一労働同一賃金に関する最高裁判決が2020年10月に相次いで出され、非正規労働者への退職金、賞与、各種手当等について司法判断がなされました。これら判決が実務に与える影響は少なくなく、今後正社員と非正規労働者との処遇格差が問題にされてくると思われます。そこで、本セミナーではパート・有期労働法と、これまでの最高裁判決等を解説するとともに、会社は今後非正規労働者の賃金等処遇についての同一労働同一賃金への対応として、どのような判断基準により、どのような処遇をしていかなければないかについて解説していきます。

[項目]
・パート・有期労働法及び労働者派遣法はパート・有期雇用労働者、派遣労働者の処遇をどうすべきとしているか
・最高裁判決は、非正規労働者の処遇をどうすべきとしているか
・非正規労働者の職務内容と比較対象すべき正社員とはどのような者たちか

 
《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。
Web会議システムZoomを用いたオンラインセミナー お申し込み頂いた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。
宮澤 俊夫 弁護士
100

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

TEL:052-563-5261
受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら 愛知県内における新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、拡大防止のため、一時、来所をご遠慮いただき、お電話での相談とさせていただきます。