TOP > セミナー開催情報 > 【満席御礼】 受付終了〔参加無料:12月21日(金)愛知開催予定〕さらなる成長を目指す労務・人事セミナー|愛知県
メニュー

電話番号:0120-544-610

セミナー案内

【満席御礼】 受付終了 さらなる成長を目指す労務・人事セミナー

A4_表ol-01 13.25.06 A4_裏ol-02 13.25.06

日時

2018年12月21日(金)
13:30~16:30(開場 13:15)

会場

ウインクあいち12階 1201会議室

定員

60名

受講料

無料

対象

起業している方、起業予定の方、会社経営・人事労務ご担当者の方、個人事業主の方

セミナー情報

《Part.1》
知っておきたい退職後の競業避止義務に関するポイント
~雇用指針を踏まえて~
(内田 健一郎 弁護士)

企業においては、あらかじめ従業員との間で退職後の競業避止義務契約を締結している場合がありますが、競業の制限が合理的な範囲を超え、職業選択の自由を不当に拘束する場合には、競業避止義務契約は公序良俗に反し無効となります。
企業からすれば、企業秘密や重要なノウハウの流出防止など企業の利益を守るために、従業員にとっては、不当な競業避止義務契約により転職・起業を妨げられないようにするために、退職後の競業避止義務の考え方を理解しておくことは重要です。
本セミナーでは、これらの考え方のポイントを雇用指針に基づき分かりやすく解説します。
[項目]
・退職後の競業避止義務に関する考え方
・退職後の競業避止義務に関する裁判例

《Part.2》
労働時間法制見直しの前に知っておきたいこと
(新美 和加子 社会保険労務士)

働き方改革関連法の成立により、従業員の健康維持・促進とワークライフバランス確保のため、時間外労働の上限規制が始まります。長時間労働削減と生産性向上との両立は、今後大きな課題となります。
今回は、労働時間の把握方法と、企業が法施行前に確認しておくべき事項を分かりやすく解説します。

[項目]
・労働時間とは
・週40時間労働制、労働時間の把握方法の復習
・36協定(時間外労働)の法律による上限とその例外
・人手不足対策としての兼業・副業者の労働時間等労務管理

《Part.3》無料個別相談会
労務・人事に関するお悩み・ご相談について労務・人事の専門家がお答えいたします。
(当日のテーマ以外のご相談もお受けしております)

講師

ph-con02

内田 健一郎 弁護士

愛知県雇用労働相談センター相談員・
宮澤俊夫法律事務所

ph-con32

新美 和加子 特定社会保険労務士

愛知県雇用労働相談センター相談員

申込み方法

満席につき、受付を終了しました。

多数のお申込み、お問合せをいただき、誠にありがとうございました。

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。