TOP > セミナー開催情報 > 〔参加無料:6月21日(金)愛知開催予定〕さらなる成長を目指す労務・人事セミナー|愛知県
メニュー

電話番号:0120-544-610

セミナー案内

さらなる成長を目指す労務・人事セミナー

190507_【6月21日定例】ol-01 190507_【6月21日定例】ol-02

日時

2019年6月21日(金)
13:30~16:30(開場13:15)

会場

名古屋ダイヤビルディング1号館123会議室

定員

60名

受講料

無料

対象

起業している方、起業予定の方、会社経営・人事労務ご担当者の方、個人事業主の方

セミナー情報

《Part.1》
正確に理解したい「労働時間」の基本
(内田 健一郎 弁護士)

使用者は労働者を、休憩時間を除いて1週間に40時間を超えて、また、1日に8時間を超えて労働させてはならないとされています(労働基準法第32条第1項及び第2項)。しかし、労働基準法第32条にいう最長労働時間のルールは知っていても、どこからどこまでが実際に労働者が業務に従事していた時間と評価されるのか理解に自信がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。本セミナーでは、労務管理の基本となる「労働時間」について正確に理解していただけるよう、「労働時間」の基本を丁寧に解説します。

[項目]
・労働時間の意義
・事例ごとの労働時間該当性

《Part.2》
同一労働同一賃金について
(宮田 雅史 特定社会保険労務士)
働き方改革推進法の一環として、パートタイム労働法が有期雇用労働者を適用対象とする立法として改正され、令和2年4月1日(中小事業主は令和3年4月1日)より、パート・有期雇用労働者の均等・均衡待遇の確保、正社員との待遇差の理由等の説明、正社員への転換措置等は、事業主に一定の負担を課すものです。一方、これら課題への真摯な取り組みは、非正規雇用労働者の納得感を高めるなどの事業の健全な発達にも資するものでもあります。
本セミナーでは、現行法及び改正法の内容を確認するとともに、抽象的な法ルールを如何に実務に導入できるかについて解説します。

[項目]
・均等・均衡待遇規定の内容と考え方
・正社員との待遇差の説明方法
・正社員転換制度における限定正社員の位置づけ

講師

ph-con02

内田 健一郎 弁護士

愛知県雇用労働相談センター相談員
宮澤俊夫法律事務所

ph-con27

宮田 雅史 特定社会保険労務士

愛知県雇用労働相談センター相談員
一宮労務管理センター

申込み方法

お電話(0120-544-610)、当センター申込フォームよりお申込みください。


セミナーお申し込みフォーム

本セミナー参加をご希望の方は、以下の項目をご入力のうえ、送信してください。


プライバシーポリシーについて

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら ※窓口の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございます。事前にご予約いただくとスムーズにご案内することができます。