TOP > ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【11月度】

セミナー案内

ベンチャー企業 グローバル企業 中小・小規模企業のさらなる成長を目指す労務・人事セミナー【11月度】

211022_A4_1_表裏-01 211022_A4_1_表裏-02

日時

2021年11月26日(金)
13:30~16:30(開場13:00) ※オンライン(Zoom)での配信開始は13:15予定

会場

会場:ウインクあいち 1001会議室(〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
オンライン(Zoom):お申し込みいただいた方にアクセス方法をメールにてお送りいたします。お時間になりましたらご参加ください。
※新型コロナウイルス感染症の状況に応じ、オンライン(Zoom)のみでのご参加とさせていただく場合がございます。

定員

会場30名、オンライン(Zoom)100名

受講料

無料

対象

起業している方、起業予定の方、会社経営・人事労務ご担当者の方、個人事業主の方

セミナー情報

「LGBTの基礎知識」と「パワハラ・セクハラ」について専門家が解説します!
 

《Part.1》
労務管理のために知っておくべきLGBTの基礎知識
(大嶽 達哉 弁護士)
 

・LGBTQ+ってLGBTとはちがうのかな?
 

LGBTという言葉が普通に使われるようになり、企業の労務管理の場面でも、性の多様性について、まったく配慮しないでは済まされない状況となってきました。
本セミナーでは、労務管理の現場で性の多様性についてどのように配慮すればよいのか、基礎的な知識から近時の事例の紹介まで、わかりやすく説明します。
 

[項目]
・LGBTとは
・労働法とLGBT
・LGBTに関連する労務事例
 

《Part.2》 
 パワハラ・セクハラの定義や対策
(濱田 朋矢 社会保険労務士)
 

・どういうことが、パワハラやセクハラなんだろう?どんな取り組みをするべき?
 

パワーハラスメントの雇用管理上の措置は、2020年6月1日から大企業で義務とされていますが、中小企業は2022年4月1日から義務となります。すでに対応している企業も多いかと思いますが、2022年4月1日に向けて、改めてパワハラとは何か、何をするべきかを考えるとともに、セクシャルハラスメントについても知識を深めることが雇用管理上重要です。労働者にとって働き易い職場環境を作ることで、従業員の定着が見込め、その結果、安定した事業を行うことで、企業の成長に繋がるのではないでしょうか。本セミナーではパワーハラスメント、セクシャルハラスメントとは何かを知っていただき、労使の負う責務、事業主の行うべき措置について説明いたします。
 

[項目]
・パワハラの定義、セクハラの内容
・労使の責務
・事業主が講ずべき措置
 

《📞電話による個別相談会》
雇用や労働関係について、お悩み・ご相談がある方は、無料で講師に個別相談することが可能です。また、当日のテーマ以外についても、専門家(弁護士・社労士)へ労務・人事に関する個別相談が可能です。
※個別相談について事前予約を頂ければスムーズにご案内できます。

講師

ph-con03

大嶽 達哉 弁護士

愛知県雇用労働相談センター相談員・大嶽達哉法律事務所

ph-con24

濱田 朋矢 社会保険労務士

愛知県雇用労働相談センター相談員・濱田社会保険労務士事務所

申込み方法

セミナーへのお申し込みは本ページ下部のセミナーお申し込みフォームで承ります。
必要事項をご入力の上、送信ください。
お申し込み頂いた方にセミナー開催日の前日にアクセス方法をメールにてお送りいたします。

※メールアドレスのお間違いがないようご確認ください。
お申し込みフォーム送信後、確認メール(自動返信)をお送りしております。確認メールが届かない場合はメールアドレスが誤っている可能性がございますので、ご確認のうえ、再度お申し込みをお願いいたします。

※複数名で受講される際は、受講される方ごとにお申し込みをお願いいたします。

※お申し込みは11月24日(水)までとさせて頂きます。

セミナーお申し込みフォーム

受付を終了しました。

当センターへのお問い合わせ

雇用・労働でお困りの際は、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-544-610

TEL:052-563-5261
受付時間 09:00-20:30〈月-金〉

※土・日・祝日および年末年始を除く

直接窓口へお越しになる方へ

アクセスはこちら